2018年8月26日 (日)

血尿から2週間 ※閲覧注意

血尿から2週間(抗生剤をやめて6日)。

途中、オシッコが少し生臭いかも?と思ったことがあったけど、いまのところ順調。
(最近は毎回オシッコの臭いを確認することが習慣になってしまった。笑)

そうそう、膀胱炎のオシッコは独特の生臭さがありますよね。比喩表現にもある"血生臭い"って、こーゆー臭いなのかなぁなんて思ったりもして。

ちなみに出したてほやほやの、比重の低い(色のうすいやつ)オシッコは、炊きたてのご飯の匂いに似ている気がします^_^; ワタシの鼻がおかしいのかもしれないけど。笑


peeコの場合は、膀胱にたまった菌を排出させるためにスープなどで水分多めに給餌。結果的にオシッコの比重が低くなったけど、飼い主がそうしなくても普段から、異常に水をがぶ飲みしてたくさんオシッコをする場合(多飲多尿)は、腎機能の問題やクッシング症候群、糖尿病などが潜んでいる場合もありますね。



ご参考までに、2週間前に出た血餅入りのオシッコ

531f607ec5bb47e8a702e750e8885e9e


この血の塊のことを血餅と言います。血餅が尿管に詰まってしまうと、オシッコが出なくなり(尿閉)、最悪の場合は命に関わることもあります。こんなオシッコが出たら様子を見たりはせずに、早めに受診です。

|

2018年8月19日 (日)

血尿から1週間

血尿から1週間後。
事前にもらっていたスピッツ管に、出かける直前に採ったオシッコをいれて受診。
(ちなみに、この日も同じタイミングで、何時間も前のオシッコを持ってきてる飼い主さんがいましたけど、正しい検査をするためには1時間くらいが目安。または冷蔵保存して4〜5時間と言われます)

peeコのオシッコからは菌は検出されず、全く問題なし。比重がやや低かったけど、水分多めにとらせてるので、これは想定内。

問題は。。。
またしても食欲不振。


あくまでうちの場合はですけど、食欲がなくなるのは決まって具合の悪いとき。

熱なし、パンティングなし。
お腹が痛いポーズなし。
吐きそうな気配もなし。
朝出たウンチは普通。

変わったことといえば
やたらとオナラが多いこと。

となると、今回の原因はお腹が張っているか、最近たびたび起こるALPを高くしているものによるのか。

peeコの場合、十二指腸の動きが悪くてうっ滞があるのはわかっているので、ALPが高くなる原因は細かく精査していません。

1週間前に血液検査をしたばかりなので、今回は内服で様子を見ることにしました。

最低量のステロイドと、胃を荒らさないためにファモチジン。

一度飲ませただけで食欲も元気も復活♪

さすがステロイド。いたずらに続けなければ、本当に便利な薬です。

γ-GTPが高くなりやすくなっているので、3日あげて中止。様子を見ています。

|

2018年8月13日 (月)

膀胱炎疑い2日目

昨日は朝から20回以上トイレをウロウロ、血尿を繰り返したpeeさん。かなり血餅(血の塊)が出ていたので、"尿閉したら大変!"と気が小さい飼い主は自分は朝ごはんも食べず(peeさんはしっかり完食。笑)急いで病院へ。

帰宅早々薬をあげると、1時間後には清んだオシッコに。独特の生臭さが消えてごく普通。こんなにすぐ効く?抗生剤。すごいわー。笑

一般的に、犬の膀胱炎で処方されるのはバイトリル(ニューキノロン系)が多いですが、peeさんは以前バイトリルを注射した際に頻脈とパンティングが出たことがあるので、念のためセフェム系のセファレキシンに。

いずれにしてもお腹が弱いので、ウンチは要注意。あーでもお口の細菌が減るのは悪くない。

週末あたり、採尿して再診予定。念のため、膀胱のエコーもお願いしようかな。

2676fd8eb1d84835a5bbaa049273039d

食欲モリモリでちょっと安心。

|

2018年8月12日 (日)

初めての血尿

12歳と2ヶ月を過ぎた我が家の愛犬peeさん。

数ヶ月前から食後の腹鳴が酷くなり、先月上旬にはALPは2000U/l超え。またいつ急変、入院になってもおかしくないなーと覚悟していましたが、、、

7月後半あたりに腹鳴が消失。食後のゲップもしなくなってきたので、"一生の友達"と思われていたメトクロを中止。嘔吐はもちろん、嘔気すらなさそう。

おや?10ヶ月かかったけど、まさか回復⁈

淡い期待を胸に、先日かかりつけを受診。
血液検査の結果、先月まで2000以上あったALP は878U/l 。正常範囲外はこれだけ。

調子取り戻したねーなんて、先生と話して帰ってきましたが、シニアの体調はそんなに甘くない。苦

帰宅後、22時半にオシッコとウンチ。
オシッコは血餅入り。ウンチは何ヶ所か赤い血混じり。
数分後に、再び茶褐色のオシッコ。

その後1時間おきに、血餅入り。
膀胱炎にしてはオシッコの回数が少ないかなぁなんて思ったけど、朝からは何度も何度もトイレ。これは完全に頻尿。

最近ちょっとオシッコが臭いかなぁと思って、水分増やして気をつけてたんですけどね。ダメだったみたいorz

振り返ると、昨日の採血のときの震えが、いつも以上だったんですよね。。。

完全にストレスが起因してると思われるので、犬は自宅で静養。診察なしで、抗生剤だけ処方してもらってきました。


今までは我慢できたことがカラダにこたえるほどのストレスになったり、なったこともない膀胱炎になったり。

っていうか、膀胱炎ならまだいいんです。膀胱に腫瘍というのが最悪のパターン。

ハイシニアはいつ何が起こるかわかりません^_^;

一日一日を大事に。


9e1b2cbf9e4a4550a90898ee75b6df62

セファレキシン250㎎
1/2を一日2回あげます

|

2018年7月19日 (木)

近況報告

久々の更新。笑

愛犬peeさんはこの1〜2ヵ月、体調不良を繰り返しながらも、ときどきお世話になる魔法のお薬(ステロイド)のおかげで今日も元気。食欲モリモリです。苦笑

体調不良は具体的には
お腹がギュルギュル、グチュグチュなって、元気消失。ときに軟便で、ときに便秘。ここ最近はALPが4桁から下がりません。

去年、幽門(胃の出口)を塞いでいた良性ポリープを切除してからも続いていた嘔吐や膵炎は落ちついていますが、やっぱり十二指腸がダメみたいです。水っぽい腹鳴は小腸なので。

心不全になると末梢はもちろん臓器への血液循環が不十分になります。そのせいで起こる腸炎や膵炎は根本的解決のしようがないですよねー^_^; 膵炎対応の療法食を続けながら、いろんなサプリメントを過剰にならないように日替わりであげています。

あとは適度な運動、できる限りストレスフリーな環境作り、嫌がらない程度のマッサージ(でもマッサージは基本的に嫌いなのでストレスかも。笑)

去年は二度ももうダメかーと諦めただけに、病院の先生には「12歳になれただけでも、儲けもんです」と言ったんですけど、こうなればこうなったで欲がでてくるもの。

何とか夏を乗り越えて、年を越すのが目標です。


9fb6a9cddf784e3cbb34f6fe708af3aa

peeさん今年は年女。戌年の犬。

|

2018年1月27日 (土)

今日の愛犬

先日オレンジ色の下痢をしたpeeさん。

しかし翌日には、多少粘膜はついていたもののカタチのあるウンチになり、今日はなかなかの硬さに。

元気もあるし、これなら大丈夫。今日は散歩もしっかり行けました。

0023857335fe411383fca6d7f0e699c1

peeさん、鼻水が・・・



十二指腸にはコルゲートサイン、オレンジ色の下痢。

要は小腸に炎症があるってことですよね。


試しに、久々にパンフェノンを飲ませてみました。

パンフェノン 公式サイト


現在お空にいるすーさんの心不全のために買って飲ませていたんですけど、、、美味しくないからヤダと言われ、しまいこんでいました。笑

心臓に効果が期待できると言われるサプリメントですが、抗炎症作用もあったなぁと下痢のあとから使ってみたんですけど、今回はけっこういいかも。

7df48d6b20c049cd8f3807422c71dede

個包装された顆粒タイプはPOCHIにて購入。

|

2018年1月26日 (金)

通院記録ー消化器症状(嘔吐・下痢)

我が家のキャバリアpeeさん、
胃幽門部ポリープ切除後も消化器の機能がなかなか正常に戻らず、オマケにちょくちょく膵炎を起こすため、嘔吐と下痢には要注意の日々が続いております。


で、一昨日。

夕方に食糞^_^;

その後ゲップが多くなり、

夜中、ひさびさに未消化のご飯を嘔吐。

昨日、猛吹雪のなか朝から病院へ連れて行き、血液検査とエコー。

血液検査はALPが649U/lと再び上昇してたけど、他は異常なし。

エコーは、さほど酷くはないけどコルゲートサインあり。

いちおう吐きどめなど皮下点滴。



元気も食欲もあるし、様子見でいいねーと言われ一安心、、、したのもつかの間。


帰宅してまもなく異変。
(我が家は毎回このパターンなんだなぁ^_^;)

しっぽを丸めたと思ったら、その後匍匐前進でハウスに向かっていき、頭だけハウスにイン。

下半身は震えだし、明らかにどこかに強い痛みを感じている様子。

数分後には、ほぼオレンジジュースのような下痢。


うーん。。。腸炎ですよね。

CRPは炎症が起きてから血中濃度が上がるまでタイムラグがあるから、血液検査では出なかったんでしょう。多分、今日はかったら高いんだろうな。


その後先生に電話で相談。今は元気も食欲もあるのでやっぱり様子見。

手元にステロイドやビオハイムバスターもあるんですけど、ひとまずは薬は使わないことに。



ご飯は同じだし、特に変わったこともなく、原因は全く心当たりなし。

循環障害があると消化器トラブルが起こりやすいのはわかるけど、何かが起こるサイクルが人と比べて早すぎる。

犬の寿命って短いんだなぁと、こんなところでも痛感。

悪化すれば、明日また病院です。

8b12417009734adf963be81c62e3d2c3

マイナス7度。暴風雪。
寒すぎー!

|

2018年1月21日 (日)

大量で軟便

久々に、家の中でウンチ踏んでしまいました。
peeさん最近失敗が多いんですよねー。笑

トイレでは1回分くらいの、まぁまぁの量・硬さのウンチをするんですが、全部ではないらしく。その後少し歩くと続きがしたくなるみたい。

今回はドアを開けてすぐのところにあって、すっかり見落としました。

ちょっと温かい、独特のぶにゅっとした踏み心地。。。見なくても、「あ、踏んだ」とわかっちゃう^_^; あぁ、がっかりです。

んで、肝心の大量軟便の原因ですが。

当初は膵炎によるものだと思っていたんですが、リパーゼが正常値になっても続いてるんですよねー。


薬の影響のような気もしますが、今は胃を整えることが先決なので、まずはフードで固めることに。

先生と相談して、またしてもヒルズw/dを使うことにしました。残念だけど、これがよく固まるんだなぁ。

4ae1980cdf304f50bb159932286d7a2e


|

2018年1月 5日 (金)

可哀想な犬⁈

再診。
経過も順調で、薬が一つ減りました。
(まぁウルソですけど。笑)

エコーでみると、まだまだ
幽門から十二指腸にかけての動きが悪い。
相変わらず胆汁が鬱滞しているため
ALPは403U/l
前回よりは気持ち減っている^_^;

先生の見解だと
オペの傷と膵炎の影響で繊維化した幽門部周囲の動きが悪くなっている、とのこと。

この繊維化した組織が今後正常化するかどうかは難しいところ。
ずっと胃腸の働きを促す薬が必要になるかも。

次は2週間後。エコー検査の予定です。



今日は以前から気になっていたパン屋さんへ立ち寄り。



こんな顔だけど・・・

753db50bcfae4af292bea1431df0ce57


犬、らしい。笑 (戌年コーナーにあった)

いろんな顔があるなかでも、一番可哀想なコを買ってしまった。

性ですな。


|

2017年12月30日 (土)

元気ですけど軟便。そして吐く^_^;

昨日今日と我が家のpeeさん絶好調。
散歩でも他の犬の後ろ姿を見つけて走ろうとしたりと、すこぶる元気。

しかし、残念なのは軟便^_^;
プリンペランを飲み始めてからだから、今日で1週間。柔らかさと、ウンチのカサが増してきてもう下痢一歩手前。


仕方なく、動物病院に電話。

かかりつけはありがたいことに年末年始も対応してくれるんですけど、"勝手に薬をやめてみたら吐き出して止まらなくなったから診てください"なんてシャレになりません。


で、先生からokをもらって、早速朝から抜いてみた。


ら、案の定昼過ぎには吐いた。汗

ビオハイムバスターを包んでふやかしたフード3粒あげただけなんですけど、10分で未消化ででてきました。まだダメか〜。


結局セレニア飲ませて様子見です。



31a4d622510c43b390441aede4e39707

今日の最高気温は久々にマイナス1度。←これでもかなり暖かい。笑
ご機嫌に歩いて、行きつけの公園まで辿り着けました。

|

より以前の記事一覧