2017年2月 3日 (金)

節分に納豆

ずっと犬がいた我が家では、子どもの頃も節分に大豆をまいた記憶がありません。丸呑みされて芽が出たら困ります。笑
せいぜい落花生か、テーブルの上で小さくまくか。とにかく犬に食べられないように、まいた先から拾い集めたものです。

そして気つけば、歳の数のマメを食べるのも大変なお年頃^_^;

そこで今年の節分はpeeコと納豆。

豆はもちろん納豆も犬にとっては消化しにくいので、ちょっと面倒ですけどよく混ぜて潰してペースト状に。

スプーンを縦にして、舐めとりやすい角度でちょっとずつ上げるとpeeコは上手に食べてくれます。最初はスプーンに歯をあててしまったすーさんも、一度教えただけで、すぐに上手になりました。


去年は、納豆に含まれる抗菌ペプチドががん細胞を死滅させる、なんてニュースもありました。やっぱり納豆は頻繁に食べたい食品ですね。


ニュースイッチ 日刊工業新聞社2016年3月31日

以下引用

納豆に抗がん作用。抗菌ペプチドで24時間内に細胞死滅

秋田大が確認。まずは抗菌スプレーやマスクなどの開発につなげる
 
秋田大学大学院理工学研究科の伊藤英晃教授らは、納豆に含まれる成分から抗がん作用がある物質を発見した。納豆をすりつぶして取り出した成分から抗菌作用のあるアミノ酸の塊(抗菌ペプチド)を抽出。ヒトやマウス由来のがん細胞に抗菌ペプチドを投与したところ、24時間以内にがん細胞が死滅することを確認した。

 同抗菌ペプチドはがん細胞だけでなく、ヘルペスウイルスや肺炎球菌などにも効果があることを確認できた。今後、同大学医学部と共同で動物実験を行い、安全性を評価する。伊藤教授は「抗がん剤の開発が最終的な目標だが、ハードルが高い。まずは抗菌スプレーやマスクなどの開発につなげたい」としている。

 納豆をすりつぶして遠心分離機にかけた後、生化学的手法で分子量5000の成分を抽出。その成分が抗菌ペプチドであることを確認した。さらに賞味期限切れに伴って廃棄処分した納豆からも抗菌ペプチドを抽出できた。これらを利用した抽出法を実用化できれば、製造コストの低減も見込める。

 抗菌ペプチドは正電荷、細胞膜は負電荷を持つ。そのため抗菌ペプチドは細菌の細胞膜に結合し、細胞膜をえぐるようにして穴をあけて内容物を流出させることで細胞死を引き起こす。

 また、がん細胞は正常細胞と比べ、負の電荷を持つ分子を多く発現しやすい。このため抗菌ペプチドはがん細胞を破壊しやすいとみられる。

以上引用


|

2017年1月26日 (木)

今日のご飯(半手作り食)

今日はマグロのお刺身が安かったので、人はお刺身、犬はちょっとだけボイルして食べました。

ドライフードはマグロをボイルしたあとのスープを少し冷ましたものでふやかし、辛くない大根おろしをまぶしてできあがり。

ヨダレだらだらで待ってました。笑

pee子は若い頃から生食に慣らしてきたんですけど、最近は消化機能が衰えてきたことを考慮して、酵素を壊さない程度にちょっと火を通したものをあげるようにしています。

歯が丈夫だったころは噛ませるためにスープとドライフードは分けてあげていましたが、今は歯が痛いせいかドライ丸呑み^_^; これでは消化器にも負担がかかるので専らふやかしご飯です。

薬が混ざっていても全部食べてくれるのでラクちんです。



Img_1058

↑寒い日が続くと散歩に行きたがらなくて困ります^_^;

|

2016年11月 6日 (日)

ジウィピーク缶


食欲が落ちてきたとき用に、いろんな缶詰を買ってストックしてあります。

でも、買ったはいいけど肝心なときに食べてくれないと困るし、慣らしておくためにときどき試食会を開催。(我が家のチワワは疑り深いので、初めての食べ物はすぐに口にはいれてくれません)

今日は初めての「ZIWI PEAK」ラム。

Img_0853

すーさんは生肉が苦手なのでどうかなと思いましたが、結果は大好評。

パテだけど、ムースにも近いくらいかなり柔らかい感じです。ラムハート(心臓)・キドニー(腎臓)・ラング(肺)、ニュージーランド緑イ貝などあげたいものが満載。


Img_0855

初回は様子を見るためほんの少量。残りはラップで小分けにして保存。

その後ウンチも大丈夫そう。

極力塩分と脂質を避けたいので療法食をメインに少しずつしかあげられないけど、食欲があるうちに栄養つけておかないと。

・・・という気持ちが裏目に出て下痢をさせてしまうことが多いので、気をつけなければ(^_^;)

|

2016年10月13日 (木)

無料トライアル⁉︎

かかりつけ院の受け付けにある”ヒルズw/d無料トライアル”の告知。

すーさんリパーゼが高かったので、ちょっと混ぜてあげるにはちょうどいいかなーなんて思い、いただけないか聞いてみたら・・


手渡されたのはなんとサンプルではなく


1㎏でしたf^_^;)

Image


そっか、トライアルってそーいう意味ですよね。
でもすーさんの体重3㎏なんですけど。笑

オマケに元々ウンチが硬くなりやすくwdだけを食べると便秘になるので、他のフードと手作りご飯と混ぜてあげます。

当然なかなか減りません。

無駄に酸化させないために2/3はいくつかの小袋に分けて、空気を抜いて野菜室で保管しました。出し入れはスピーディに。

湿気るかなぁf^_^;)

|

2016年6月22日 (水)

フォルツァ10デイリーベト

心臓の症状の落ち着いてきた僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全のチワワすーさん。(とはいえ薬は引き続き6種類)

すっかり長くなってしまった薬によるカラダへの負担や、子宮蓄膿症、乳腺炎予防を考慮し、免疫能アップのためドライフードと心臓用にサプリメントを追加しました。

Image_2

↑フォルツァ10デイリーベト
(免疫維持療法食)


これまではナトリウム含有量の低いフォルツァ10のリナールアクティブをメインにあげていましたが、リナールアクティブは腎臓療法食。ナトリウムが抑えられているのはいいんですが心臓ケアとしては物足りないので、これまでも心臓に良いとされる栄養素を多く含んだフードと混ぜていました。

リナールアクティブの説明に、回復期にはデイリーベトと切り替えることが可能といったことが書いてあり、ウチもそろそろかなぁと思ったのがきっかけです。

フードは混ぜないほうがいいという考え方もありますが、すーさん幸いお腹は丈夫なため、様子を見ながら混ぜていきます。

また、こちらも心臓のために再び購入。

Image_3

↑パンフェノンs


アメリカでは抗酸化作用や心臓病などで、日本では子宮内膜症、月経困難症で特許を得ているピクノジェノール。さて、効果はどうでしょう。

早く薬を減らせるといいなぁ。

|

2016年5月16日 (月)

心臓の療法食

心臓の療法食、といえば、やはりロイヤルカナンかヒルズでしょうか。

でも、できれば使いたくないんですよね。大きな声では言えませんが、ワタシ個人的には信用できなくて。

病状次第では与えざるを得ないときがくるんだろうなーと思いながらも、やっぱり継続的にはあげたくなかったので、タウリン、Lカルニチンなど心臓に欠かせない栄養素を含んだドライフードと手作り食を混ぜ、サプリメントを足して心臓対策をしてきました。

ただ最近のすーさん、途中で食べ疲れてしまうのもあるんですが、従来のドライフードの魅力が薄れてきたみたいで。そこで新たに購入したのが、昨日書いたフォルツァ10のリナールアクティブ。

green dogやpochiでは心臓の療法食としても紹介されていますが、基本的には腎不全用の療法食。塩分がしっかり抑えられているのはいいのですが、当然、蛋白質を始めさまざまな栄養素も抑えられているため、これだけを与えるのは心臓ケアとしては物足りないと思うんですよね。

というわけで、すーさんの食事は現在、従来のドライフード+フォルツァ10+手作り+サプリメント となりました。

・まずは塩分を抑える
・心筋に必要なタウリン、Lカルニチン、ビタミンEを欠かさない
・水分も一緒に摂取する(鶏ササミスープは製氷皿で冷凍しておくと便利です)
・カリウムの取りすぎに気をつける(すーさん生野菜好きなものでf^_^;)

※カリウムは取らないのもダメだけど、取り過ぎも怖いです。チワワは身体が小さいのでより注意が必要です


サプリメントは、これまでは心臓を助ける成分がバランスよく入った「アミノコンプレックス ハートサポート」をあげていたんですが、最近はこれも口にしなくなってしまったので、単品のタウリンパウダーを購入。

その他には「ヒルトンハーブ ヘパフィトK9ピュリファイ」をあげています。薬が多いので、肝臓と腎臓の健康維持がとても重要です。

|

2016年4月24日 (日)

ペットフードにおかしなものが混じっていたら

まずは
購入したお店、製造メーカーに連絡する
購入日、製造年月日や賞味期限などと合わせて、混入していたものなど詳細を伝える
のは、普通ですよね。

残念ですけど人間用の食品とは違い、ペットフードの場合、いい加減な対応をとられることも少なくありません(ワタシもそうでした)。念のため、可能であれば異物を部分的に手元に残しておく、少なくとも異物が入っていた状況を写真に撮っておくことをオススメします。

動物の体調に異変がおこるなど、必要なときは動物病院の受診。診断書をもらう、メーカーに連絡してもらうなど、獣医師に協力してもらえるとその後のやり取りがスムーズになることが多いです。(人間の場合と同じですね。ペットフードに異物にコメントをくれた方の体験談もぜひ読んでください)


そしてもう一つ、お願いしたいのが行政への連絡です。


「ペットフード安全法」という法律、ご存知でしょうか?

愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、平成21年6月1日から、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行されました。

(環境省 ペットフード安全法より)

アメリカで相次いだ、中国産ドッグフードを食べた犬の死亡事件は衝撃的でしたが、日本でもペットフードの安全性が求められ制定された法律です。


詳細は環境省 ペットフード安全法の概要をご確認ください。


以下、一部抜粋
******************

5 有害な物質などが混入したペットフードが流通するなどした場合には、農林水産大臣及び環境大臣は、製造業者、輸入業者又は販売業者に対し、廃棄、回収などの必要な措置をとるよう命ずることができます。

6 農林水産大臣又は環境大臣は、問題が起きた場合などにペットフードの製造業者等から必要な報告の徴収又は立入検査等を行うことができます。また、(独)農林水産消費安全技術センターに立入検査等を行わせることができます。

******************

ここで述べられる有害物質というのは、添加物、農薬、汚染物質など「基準規格」に記載されているものを指しています。しかし、これ以外が全く無害ということはありませんね。

今回の我が家のような、誤って混入した異物について特に記載はありませんが、関連しているとしたらこのあたりかなぁということで


Q1 記載されている以外のもので、有害であると判断される場合の基準

Q2 回収や行政指導の措置をとる場合の判断基準

Q3 今回のワタシの、クプレラ異物混入について


上記を担当の関東地方環境事務所へ連絡してみました。(昨年6月のことです)


A1 有害かどうかは被害の程度による。具体的には死亡例。獣医師を通して数件情報があれば。

A2 同様事例が複数件あるかどうか。具体的な数字は言えない。農林水産省と情報を共有して問題のある業者の把握に努めている。

A3 個人と企業の仲裁はできない。異物が混入していたが、説明責任を果たさないなど誠意ある対応を取らなかったとして業者名を登録し、農林水産省と情報を共有する。

当時のメモと記憶を呼び起こすとこんな感じです。

読んでいただくとわかりますが、被害を受けた飼い主・動物救済のための連絡ではありません。あくまで、悪質な業者を放置しないため被害を拡大させないための情報提供を目的とした連絡です。

ですから、電話しても消費者センターの優しいお姉さんのように被害者側に立って親身になって(フリ含め)聞いてくれるとかはありません。笑
その辺りは期待せず、冷静に。より良い未来のために、です。


とにかく泣き寝入りはいけません。必ずその後の被害につながります。ただし、感情的にならないように注意しましょう。クレーマーだと誤解されれば、ますますこちらがダメージを受けます。

電話する前には言うことを整理してから、メールなど文章は作成したあとに時間をおいて読み直してから。簡単なことですが、これが大事です。

【追記】
環境省と農水省は情報を共有しているとのことなので、購入者が連絡すべきは環境省でいいと解釈していましたが、その後情報提供いただいた方から、メーカー所在地の農政事務所が、既に環境省に通報した情報を把握していなかったとお知らせいただきました。
それぞれご連絡されるようお願いします。

農林水産省 ペットフード安全法に関するお問い合わせ先

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

ドッグフード(クプレラ)に異物 再び

Image

↑プラスチック様の異物が突き出たクプレラ
(昨年5月に撮影したものです)


LINNA商会が製造・販売している無添加ペットフード「クプレラ」。

無添加でヒューマングレード、しかも食いつきがいいという評判を信じて購入しましたが、フード粒から突き出ていたのはどこからどう見ても異物。去年の春のことでした。

すぐに販売店・メーカーに連絡をしましたが、返事も遅い上、説明も全く納得できる内容ではなく、さらに質問を返すと返信なし。

↓メールの記録
2015年7月28日
異物混入に関するメールのやり取り


幸いpee子が急に体調を崩すこともなかったので、こんな会社への連絡はストレスが増すだけ、時間の無駄と判断し断念しました。

でも、たまたまウチにだけ異物が混じっていたとは考えにくいし、何かの役に立つときがくるかもとメーカーとのやり取りをブログに残しておいたんですけど、一年経って不安的中。

クプレラのキャットフードに異物が混入していたというコメントを昨年の記事にいただきましたので、ぜひご一読を。

2015年5月31日
ペットフードに異物 2


人の食品にだって、おかしなものが入っていることは珍しくありません。でも、ペットフードとなるとあまりに対応がお粗末でびっくり。異物の成分分析もせずに自社見解のみで「ご安心ください」だなんて、いい加減にも程があります。

何より口のきけない犬猫用です。メーカーを信じたからこそ、安くないフードを選んで購入しただけにいっそう腹がたちますよ。

せめて、同日製造の商品購入者へ注意くらいは呼びかけてくれないものかと思いましたけど、LINNA商会はそんな誠実な企業ではなかったみたいです。


クプレラに限ったことではなく、もしフードに異物が混入しているのを見つけたら、決して泣き寝入りしないでください。犬猫は、フードが多少おかしな味でも、妙なものが入っていても食べてしまうことがあります。

被害を拡大させないためにも、声をあげること、しかるべきところに一報を入れることをお願いしたいです。2015年6月時点では、こちらで悪質なペットフードの情報を取りまとめていました。

環境省 関東地方環境事務所 野生生物課


ちなみにワタシ、去年、ここにたどり着くまで3軒電話しました。(最初に電話して、教えてもらった部署にかけたらまた違うと言われー)
何で野生生物課なんだろう、と思いません?わかりにくいってば。笑


|

2015年7月28日 (火)

異物混入に関するメールのやり取り

記録用として、異物が混入していた「クプレラ」の製造メーカーであるLINNA商会とのやり取りを残しておきます。

6月17日にこちらから送信して以来、返事はありません。

*********************************************

■2015年6月15日 LINNA商会からのメール

お世話になっております。

大変お待たせしてしまいましたが、
工場から結果連絡がございましたので、ご報告させて頂きます。

赤い異物ですが、ラム肉に付いていたタグの一部で、混入経路につきましては、製造中にタグの一部が欠落し混入してしまった可能性が高いとのことでした。
再発防止の為、肉の取扱い時に混入のないよう、注意し、現地工場での検品、及び日本国内での再検品をより強化するよう指示致しました。

製造元のオーストラリアの工場は、オーガニック認定を受けている為、抗生物質や、合成保存料、化学物質などは一切不使用の原材料のみの製造となりますので、ご安心頂ければと思います。
しかしながら、このような異物が混入してしまったことにより、︎︎様には多大なご心配をお掛けしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

この度は誠に申し訳ございませんでした。
何卒宜しくお願い申し上げます。

*******************************************

■2015年6月15日 ワタシが送信したメール

メール拝見しました。

>ご安心頂ければと思います。

安心とは程遠い心境です。いくらオーガニック認定を受けていても、タグの一部が入り込み、それが見つからないまま出荷されてしまうような製造工程で、何がどう安心できるのか意味がわかりません。

同日に生産された商品の購入者に対して連絡はされないのですか?

少なくとも、今回返送したフードは先端が突き出しており、口腔内や咽喉に刺さる危険性もあるとかかりつけの獣医師も言っていましたが。

********************************************

■2015年6月16日 LINNA商会からのメール

 

今回の混入物は、畜産において生体に使用されている生体攻撃性のない物質です。製造工程において一度に複数混入する性格のものではございません。

この度はご心配をお掛けいたしました。工場に再度報告いたします。

********************************************

■2015年6月17日 ワタシが送信したメール

お返事ありがとうございます。しかしながら全く疑問が解消されません。

>今回の混入物は、畜産において生体に使用されている生体攻撃性のない物質です。

ではまず、その生体攻撃性のない物質の成分を教えてください。

併せて、今回、私が非常に恐怖に感じたのは異物の毒性の有無はもちろんですが、それ以上にあの『突き出た形状と、硬さ』です。それについても安全だと主張されるのでしたら、根拠をお示しください。

>製造工程において一度に複数混入する性格のものではございません。

これは意味がわかりません。具体的にお願いできますか?

そもそも、15日のメールでは

>製造中にタグの一部が欠落し混入してしまった可能性が高い

ということでした。

『一部』ならば必ず『残り』があるはずです。調査の結果『可能性』の回答しかない、ということはタグの残りは既にそちらには存在しないことを示唆していますから、他商品にも残りの一部が混入していないという根拠はないことになります。

そちらの主観的なニュアンスだけの説明は求めていません。工場の現状のわからないこちらにも理解可能な回答をお願いします。

|

2015年7月22日 (水)

クプレラに異物。その後

クプレラに異物が入っていた、という話のその後、ですが・・・

メーカーのLINNA商会と何度かメールにてやり取りしましたが、こちらからやや具体的な質問をしたところ、すっかり返信が途絶えました。苦

ワタシからは、「同時期に販売した他のフードが絶対に安全だと言える根拠がないなら、購入者へ連絡するべきでは?」とメールしたんですが、そのつもりはないということなのでしょう。

電話してみようかとも思いましたが、相手が答えたくない以上、メールでも、電話でも結果は変わらないですね。


その代わり、ここにはもちろん電話。
→関東地方環境事務所 野生生物課
http://kanto.env.go.jp/about_2.html#wildlife

環境省と農林水産省で情報を共有しているそうですので、クプレラ、SGJに限らず、フードに異物が入っていたら必ず連絡してください。


これが入っていて安全だなんて、ありません。

Image


| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧