2016年10月31日 (月)

目薬が苦手な犬への点眼

我が家のすーさん、今日は朝からちょっと元気がありません。

呼吸は30回/分

最近はずっと20台だったので、やっぱり今日は少し苦しいのかな。

でも幸い食欲あり。

おかげでなんとか目薬がさせます(^_^;)

普通、目薬は頭の後ろから手を回してさしますよね。我が家で育ったpeeコは問題ありませんけど、すーさんは無理。

手入れを全くされていなかったのか、頭を押さえるとそれだけでまるで野良さんみたいに死にものぐるいで抵抗します(なので、歯磨き、耳掃除も未だ得意ではありません。(^_^;)

心臓の悪い犬を、無理に押さえつけるわけにはいきません。そこで我が家では・・・


・片手で好物(例えば鶏ササミ)を持ち、すーさんの口元に持っていく

・食べようとするすーさんに、指ごとカプカプされながらもササミは離さない

・その隙に、もう片方の手で頭の後ろから目薬を点眼

・終わったあとは再びご褒美でほめる


食欲さえあれば、だいたい成功します。笑
正攻法ではないかもしれないけど、こうしてじょじよに慣らしていけばいつか普通にさせるようになりますね。

Img_0828

きかんぼうチワワ。

|

2016年4月14日 (木)

犬のあいさつ

peeさん、ごあいさつはお尻からですよf^_^;)

Image_2

pee子はすーさんの匂い(特に顔や頭)が大好き。ことあるごとに鼻をうずめてしつこく匂いを嗅ぐので、すーさんの頭はpee子の鼻水でしょっちゅう濡れています。笑

でもこれ、犬同士のマナーからするとアウトですよね。明らかにすーさんが我慢してくれています。(でも目がさほど嫌そうではない感じですが)

これだけ見るとpee子の立場が上に見えなくもないですけど、たびたびオヤツの野菜を奪われているのもpee子。我が家では、後からやってきた小さなすーさんのほうが強いようです。

でも2匹は相性がいいみたいで、いつも仲良くしています。
ケンカも怒ったことも、一度もありません。

|

2015年7月 8日 (水)

スースーさんのしつけ

昨年、旭川のあにまーるから我が家にやってきたスースーさん。

高齢者の飼育放棄だと聞いていたので、しつけは期待していなかったんだけど、、、

トイレは完璧。

オスワリ、マテ、オテはもちろん、どんなに興奮しているときも『ハウス』と一言いえばサークルまっしぐら。

そーいえば、bebeちゃんも我が家に来たばかりのときに「バーン」と言ってみたら、ちゃんとお腹をだして倒れこんで、びっくりさせられました^_^;

放棄された犬だからと、しつけを入れるつもりでいるんですが、我が家の場合は毎回いい意味で裏切られ続けています。笑

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

子犬を買うならペットショップ?

昨日の記事で

【マナーは人間が決めたことだから、犬には教えないとわかりません。】

なんて書きましたけど、実はそうでもないんだなぁーと
思っていたりもします。

“ペットショップ”という日本の良くない慣習が
飼い主はもちろん、犬自身のマナーを低下させることにも
つながっているというのがワタシの実感です。

ライソゾーム病とたまねぎ中毒の研究で有名な
鹿児島大学 教授 大和先生の講義で二度ほど聞いた
旧チェコスロバキアのSHIBA CLUB(柴犬クラブ)の話。

ライソゾーム病の調査をするということで
何十匹もの柴犬が集まったそうですが
ノーリードでもケンカすることなく大人しく座っていたそうです。
画像もみましたが、確かにみんな落ち着いた様子でした。

日本だったら・・・ありえないと思いませんか?
柴ですよ、柴。(あ、柴が悪いといっているのではありません。もちろん)

これも、子犬の大事な社会化の時期を
母犬や兄弟の元で過ごせるかどうかの違いによるものだろうということを
大和先生はおっしゃっていました。

 詳しくはコチラのブログ↓を読んでみてください。
 (Gracious Garden 遺伝病講演会を終えて 今さら再びリンクですけど。笑)

もちろん例外はあるでしょうけど
でもやっぱり
親元で兄弟とともに犬社会のマナーをたたきこまれた子犬と
生後1ヵ月にもならないうちに親兄弟から引き離された子犬は
違って当然
ですよね。

だからペットショップから子犬を買ってはいけないのです。



最近、ワタシの大好きな某ペットショップ(毒)あたりも
やたらと「子犬の社会化」なんて言葉をつかっていたりしますけど
本当に「社会化」を考えているのなら
生後2ヵ月過ぎた子犬を仕入れるべき
だと思うんですが(笑)


ホームページにも“ちゃんとしている感”を醸成しようと
「信頼できるブリーダー」とか「動物愛護管理法に基づき」とかありますが
書けばかくほど後ろめたさを感じさせますよね。


行政のほうからは、またしても
 「次回の動物愛護法の改正に
 2ヵ月齢未満の生体販売の禁止をもりこむことについては
 業界団体が強く反対している」
と聞こえてきています。


ペットショップが大事なのは自分たちの利益。犬ではありません。
犬を大事にしているように装うことも全ては売り上げのためです。


上辺にだまされてはいけませんね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

2010年4月16日 (金)

犬の講習会

11日、アズールさん主催の講習会に参加してきました。
講師はおなじみ、菊地三恵先生。

詳しい内容は、お店のブログにアップされていますので
行けなかった方もぜひご覧になってください。

ワタシ自身、菊地先生のこうした初心者向けの講習会には
何度か参加しているんですけど
毎回、周囲の人の反応をみるのも楽しみの一つだったりします(笑)

今回参加された方の年齢はさまざまで、小学生から60代くらい(かな?)。
みなさん相槌をうちながら熱心に聞いてるようでした。
犬のことなら、勉強も楽しいですよね^^

菊地先生いわく

犬は学習できる能力をもっている

人間社会のルールを知らないだけ

人間だって教育されないと何もわからないんです。
犬ならなおさらですよね。
(人間より素直な分だけ、犬のほうがトレーニングは楽だと思いますけど^^;)

これって当たり前のことだと思いますけど
気づいていない人は意外と多いなぁと。。。

小型犬の場合、大型犬と比べると
問題行動がそれほど大きな問題にならないことから
「可愛いから許せる」と言って終わってしまう飼い主さんも
少なくないですよね。

でも、問題行動は犬にとってもストレス。

特に、“噛む犬”の場合、飼い主さんにとっては可愛い犬でも
他人を噛んでしまった場合や、
飼い主さんに万が一のことがあって人に預けなければならない場合など
必ず困ることがあるはず。

問題から目をそむけずに、早めに対処してほしいですね。

「ウチは大丈夫」と思い込まずに、
柔軟に、いろんな話を聞くことが大事です。

この内容で、犬オヤツのお土産もたくさんもらって、
参加費900円(会員だともっと安い)はすごくお得でした。
もっともっと参加してもいいと思うんですけどね…

第2回、3回と続くことを期待しています^^





*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

犬について勉強しませんか?

犬と暮らしていると、大小に関わらず
どーしてこーなんだろ?と思うことってありますよね。

でも、人間には人間の都合や理由があるように、
犬の行動には犬なりの理由があるわけです。

だから、犬の性質を理解して、これまでとは少しやり方を変えてみると
案外簡単にできちゃったりするんですよね。

知恵比べみたいなもんです^^


ただ、残念なのは、
“そんなことは全く考えたこともない”という飼い主さんも
意外と多いってこと。

動物病院で、やたらと犬を叱り飛ばしている
お父さん・お母さん※を見ると犬が気の毒になります(汗)

※妙に、ウチの親くらいの世代が多い。具体的には60代以上かな・・・。
 もちろんそうじゃない方もたくさんいますよ←フォロー


また、その世代の方が飼っている犬に
ややワガママそうなコや、吠えるコが多いことも気になります。
犬がボスになっちゃってるんでしょう。


専門家の判断が必要な問題行動もありますけど、
飼い主さんが勉強して意識を変えるだけで
劇的に改善できることもたくさんあるんですけどね。

せっかく犬と暮らしているんだから、
もう少し勉強して、より良い関係を気づいてほしいです。



ということで、再び
犬ともっと仲良くなるための講習会のお知らせです。
↑クリックしてくださいね^^

講師は動物先進国・イギリスでお勉強され実績をつまれた
ペットの行動カウンセラー・菊地三恵先生。


みなさん、思い込みで凝り固まった頭を軟らかくしに行きましょう。
ぜひお父さん・お母さんもご一緒に!(笑)

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2010年2月26日 (金)

賢い犬 補足

1月24日 賢い犬の補足です。


(ワタシは実際にはみていなかった)
テレビ番組で紹介されてた「賢い犬ランキング」のデータは
ワタシの愛読書の1冊、
『犬も平気でうそをつく?』(著者:スタンレー・コレン)
一段落、「訓練しやすい犬、しにくい犬」に掲載されていたものと同じようでした。


本によると
訓練のしやすさ”とも言い換えられる、犬の作業・服従能力を調べた。
私のアンケートにたいし、190名の服従訓練審査員が回答を寄せてくれた。

とあり、その結果がこれ。

1 ボーダーコリー
2 プードル
3 ジャーマンシェパード
4 ゴールデン・レトリーバー
5 ドーベルマン・ピンシャー
6 シェットランド・シープドッグ
7 ラブラドール・レトリーバー
8 パピヨン
9 ロットワイラー
10 オーストラリアン・キャトル・ドッグ


(以下、続く)

テレビでどこまで紹介していたかはわかりませんが、
本ではこのデータのほかにも調査が行われています。

例えばアメリカン・ケンネルクラブに登録されている頭数がほぼ同じである
ゴールデン・レトリーバーとビーグル。

この2犬種が服従訓練審査で入賞した数を調べてみると、
・ゴールデンが29頭
・ビーグルが3頭 
という結果。

また近年全米で最高得点を獲得した25頭のうち
11頭はゴールデン、ビーグルは15年以上前までさかのぼっても1頭もいなかった。


と書かれており、その理由についてはこう記されています。


ビーグルやその他学習能力で順位が低くなった犬たちに共通する問題は、
知能より性格にあるのではないか。
訓練のしにくい犬の多くは気が散りやすく、
ある種の行動を優先させるよう遺伝子に組み込まれているため、
それが学習のさまたげになる。



ただしそれは、賢くない、学習できない、ということではありません。

人間がそれぞれの犬を目的にあわせて選択育種をした結果、
犬種による得意・不得意ができただけ。
人間が望んでこうしただけです。

だから、犬の性格・性質を理解した上で的確な訓練をつめば、
犬は必ず変化します。
犬は“みんな賢い”上(苦笑)、すごい適応力をもっているんですから。

そして、そのためには飼い主の愛情が欠かせません。

だからこそ、飼う前に、どの犬種が自分に合っているのかを
よく調べる必要がある
んですね^^



誤解のないように、その段落の結びを原文ママ、下に載せておきます。
興味をもった方は、ぜひ本を読んでみてください。

どうして生体展示販売(いわゆる日本のペットショップ)が
子犬にとって悪影響を与えるのか
もこの本を読めばよーくわかります。
犬好きなら必読です。




以下、「訓練しやすい犬、しにくい犬」(の後半部分)


学習能力に犬種によって差があるのは事実だが、どんな犬でも訓練はできる。認識力や性格のせいで時間がかかる場合はあっても、努力を傾けて適切な訓練をおこなえば、たいていの犬が自分の環境に適応し、人間と犬の世界に上手に溶け込めるようになる。

ただし、遺伝的なものが犬の学習能力に影響し、得意不得意の分野があることも事実だ。ビーグルの肩をもって言えば、彼らは人間の信号に素早く反応することは苦手でも、追跡についてはゴールデン・レトリーバーより早く学び取るだろう。犬種によって素質や能力にちがいはあっても、学習の基礎となる基本原則は、どんな犬でもおなじなのだ。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年8月15日 (金)

東京【問題行動の専門家】

先日ノラさんからいただいたコメントについて。

東京周辺で、問題行動について相談できる専門家の方を、
ペットビヘイビアリストの菊地先生から教えていただきました。

もし同じ様な悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご参考にしてください。

以下、菊地先生からいただいたコメントです。

ご友人のM.ダックスのワンちゃんは もともと繊細で、子犬の時の社会化があまりできていないことが一つの原因かもしれませんね。

問題行動に困った場合はトレーナーさんよりも、行動学を熟知して 行動治療をしている専門家(行動カウンセラー)にお願いした方がいいと思います。

問題行動を治療するには原因に適したアドバイスが必要になるため、 その原因を明確にできる学問的知識がないと、改善はおろか 問題を悪化させてしまうこともあります。

東京周辺ですと、水越美奈さんをお勧めします。 日本のペットの行動治療では第一線をいっている方です。

現在は日本獣医生命科学大学獣医学部 助教/ 付属動物医療センター行動治療科で非常勤をされていますので、 そちらで行動治療が受けられると思います。

ご友人のワンちゃんは深刻な様子ですので、それ以上悪化させないためにも 早めにご相談されたほうがいいと思います。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2008年8月 9日 (土)

犬の問題行動としつけ

「問題行動」「犬」と検索(google)をかけると897,000件もヒットしました。

上位表示されている多くは、しつけ教室のサイトのようですが
ブログや掲示板も目に付きますし、
mixiあたりではよく「ウチの犬が噛んで困る」とか、
「トイレをなかなか覚えてくれない」というトピがたっているのもみかけます。

問題行動に限った話ではありませんが、
そのトピをたてている人の本気度合いにもよりますけど
素人にアドバイスを求めてそれを間に受けるのはとても危険ですね。

同じ犬でも、その行動の原因は1種類ではなくて
いろんな要因が考えられるわけですから。

札幌にも最近はたくさんのしつけ教室がありますね。

ワタシが問題行動の専門家として認識している先生は3人。

アニマル・ベストフレンズ
Pet Behaviourist 菊地三恵先生
札幌市白石区菊水2-1-2-11 高橋動物病院4F
TEL:011-573-3317

札幌問題行動クリニック
獣医師 小田健郎先生
札幌市西区西野4条9丁目1-1
TEL :011-665-6840

Aki&Ash犬の保育園プライマリースクール
Pet Behaviourist 米澤亜樹先生
札幌市東区北7条東9丁目2-20
TEL:011-752-1455

アニマルベストフレンズの菊地さんとAki&Ashの米澤さんは
問題行動に限らず、パピートレーニングも行っています。
(だいたい3,000円くらいからのようです)

問題行動で頭を悩ませる、なんてことにならないためにも
子犬のうちからトレーニングを受けることは大事。

でもそれ以上に、こうしたトレーニングは
飼い主と愛犬の最高の遊び。コミュニケーションをとる楽しい時間ですよね。

正しい方法を教えてもらって、遊ぶことが「しつけ」になるなんて
一石二鳥ですね。

JKC派と好みが分かれるところでもあると思いますが(笑)
どうぞそれぞれの飼い主さんとワンコに合う先生を探してください。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2007年11月 6日 (火)

人間の問題行動

* * *情報求ム【石狩市新港花畔付近で迷子】* * *

昨日は、市民講座で勉強した犬の問題行動についての内容をアップしましたが、今日は「人間の問題行動(?)」についてです(笑)

ある日のこと。

peepeeちゃんのお散歩ついでに、人が通っても大人しくしているための練習をしていました。(要するに、人通りのあるところで、お座りをさせてご褒美をあげていたんです)

できるだけ人に近づいてほしくなかったので、伏し目がちにしていた怪しいワタシを気にすることなく、そこへ近づいてくるのは犬好きらしき年配の女性。

「あー!」とうれしそうな声を出しながらこちらへ来てしまったので、案の定、peepeeちゃんは立ち上がってオバサマへ突進。ひょえー、もう台無し(笑)

そしてその様子にいたく喜んだオバサマは、peepeeちゃんの両前脚をおもむろに掴んだまましゃがみこみ、「可愛いわねー」と(汗)

犬が嫌がるまで前脚を掴んだままでいて、「立つと掴まれる」をおぼえさせる、というしつけ方も本で読んだことはあります。

でも、やっぱりやめていただこうと思い、やんわりと「すみませんけど、脚が悪いので、立たせたくないんですよ」と告げると・・・オバサマは、ワタシとは目を合わせることなく、そそくさと立ち去ってしまいました。

可愛がってくれるのはうれしいですけど、やっぱり何も言わずに近づいて、見知らぬ人の犬に手を出してはいけません。アイコンタクトでもいいから、何らかの確認は必要だと思うんです。


「脚、どこが悪いの?」なんて聞いてくれたら、膝蓋骨脱臼に関するお話もできたんですけどね。残念です。一つの行為を否定されると、すべてがNOだと思ってしまう人は多いですよね。

オバサマ、たぶん犬を飼っていると思うんですが・・・(全くためらうことなく触ってきたので)、ぜひしつけ教室にいってほしい、と強く思いました。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧