« 2020年9月 | トップページ

2020年12月22日 (火)

咳が止まっても痰は別

本日早朝5時。小さな咳が止まらなくなって鶏&スープ(もはやウマウマではなく、しぶしぶ)、オシッコをさせた後にブトルファノール(鎮咳薬)内服。→速攻寝落ち。高濃度酸素をあてながら8時半まで熟睡。

・・・までは良かったんだけど、咳が治まって寝続けている間も痰は生み出され続けているので、起きてからが大変。ヒーヒー高い笛みたいな音の呼吸と咳が止まらない。(このまま呼吸困難で死ぬんじゃないかと思った)

なんとか鶏肉スープを飲ませて痰を流し、好きなおやつをみせて気を逸らす&交感神経あげる狙いでひとまずおさめたところに、炎症を落ち着かせる目的で茹でたての鶏胸肉に麦門冬湯(錠剤)を挟んで回避。(ムコダイン(去痰剤)も持っているんだけど、粉で処方されていて臭いも強いのか今や完全拒否)

すっかり飽きてきた鶏肉だけど、茹でたてはまだまだ魅力的♪とのこと。お昼になってもなんとなく興奮気味のためご飯は食べられるだろうとふんで、ドライフードと茹でたて鶏胸肉を組み合わせてあげるとそれなりに食べてくださる模様。

f:id:sapporo_wan:20201222195329j:image

食後は庭でウンチまでして割と調子良い。鼻水たれてても可愛いってすごい。←飼い主バカ

 

本日夕方、かかりつけ病院受診予定。

 


|

2020年12月21日 (月)

食欲、大ピンチ

食欲、本格的に厳しくなってきてピンチ。

夜19時は六君子湯+夜ご飯のはずだったのに、現在唯一食べてくれるはずだった鶏肉すら微妙。(もう現在のpeeさんには"はず"なんてものは成立しないんだな)

なんとか六君子湯をあげきったところで力尽き、よろけて転ぶように伏せる→しばらくして立ち上がり「もういいですー」と言いながら定位置に戻り、あっというまに寝てしまったpeeさん。けっこう調子悪そう。

その後深夜0時過ぎ。いつものオシッコの時間。心臓の薬ほかを飲ませたくて咳き込んだタイミングで起こして、好きなおやつで盛り上げてみる→そこからちょっと目つきが変わって、興奮モードに突入。

しぶしぶながらも鶏肉を食べ始めたので、それに乗じてなんとかアピナック、ピモハート、コンセーブ、ウルソまで勢いでクリア。アムロジピンは困難を極めながらもなんとかあげられたよーな、あげられてないよーな(溶けやすく臭いも独特なのか、毎回恐ろしく難易度が高い)

 

ダメ元で開封してみたけど、意外なほどイケたのはこれ

f:id:sapporo_wan:20201222192320j:image

pochiの幸せ]

これがなかったらアムロジピンはゴミ箱行きだったー。

ちょっと前までレバーは苦手だったんだけど、最近はすっかり好みが変わってしまった。やっぱり匂いの強いのがいいんだなぁ。

 今日はなんとか食べてくれたけど、そろそろ嫌がるもの(薬)はやめて好きなことだけさせる時期なのかな。見極めるためには、このあたりで一度かかりつけに行くべきですね。

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

メトクロでほる

f:id:sapporo_wan:20201220200540j:image

久々の雪の上。動きが止まるんだけどマイナス8度では凍ってしまうので、飼い主後ろから押す

 

朝の食欲↓が続いて結局3日連続でメトクロプラミドを飲んでいる。今日はよーやくワタシの休みで一日中みていたのだけど、、、なんと昼過ぎに毛布をホリホリほっていた。やっぱりほったか。

11時に朝ご飯&メトクロ→14時過ぎに少しお散歩→お昼ご飯。

メトクロをあげた一昨日、昨日と見れていないので比較はできないけど、今日は咳も多めであまり落ち着いて寝ていられない感じ。18時過ぎたくらいからは、ようやくぐっすり寝はじめた。

ほりほりの他には、朝ご飯中の右前足挙上。これは今日が初めて。10秒くらいだったけどその後も右にはあまり体重を乗せないようにしている様子。これもメトクロのせいかもしれない。そろそろ一度やめたほうがいいかな。

代謝が落ちると薬の効きは悪くなるのに副作用は出やすくなるからやっかい。神経伝達物質が枯渇しかかっているのかもともとパーキンソニズムっぽいのに、本当にパーキンソンになったら困ります。


|

2020年12月18日 (金)

こんなときこそメトクロ

今日も早朝からずっと小さい咳が出ていてちゃんと眠れていないpeeさん。

ブトルファノール(鎮咳薬)を飲ませようか迷っていたけど様子をみているうちに6時を過ぎてしまったので、朝ご飯(まずは漢方)作戦に変更。

普段は西洋薬の30分前に

・柴苓湯

・六味丸

六君子湯

・大建中湯

あたりをあげているんだけど、今日の状態なら六君子湯がせきの山。食欲のないときは六君子湯に限るし、何よりこれだけ錠剤でもっているのが大きい。(顆粒のほうが匂いが出やすいこともあり手強い)  できれば胃腸を動かしてくれる大建中湯も飲んでほしいけど、顆粒なので恐らく無理・・・と思っていたらなんとか半量は飲んだ。

 

昨日までのお気に入りアイテムはなーんとほぼ却下され、受け入れられたのは鶏肉と豚のこころ(豚ハツの粉状のもの:さかい企画)のみ。万が一のとき用に、ぬこ様大人気の犬版「いなばワンチュール」をあげてみたけど、よかったのは最初だけ。あとは見向きもしません。まぁ具合悪いんだから仕方ない。

鶏胸肉は食べてくれたので、なんとか西洋薬も完了。しかし、これ以上ご飯らしいご飯を食べない状況が続けば、体力がますます落ちるのも目に見えているので、そろそろお薬に頼ることに決定。ちょうどメトクロプラミドのストックがあったので投薬。これが結果、午後からいい仕事をしてくれた。

お昼は昨日の3倍くらいドライフードを食べ、夜もウェットの総合栄養食を少しとドライフードをそれなりに。

でもメトクロが残っているのには理由があって、飲むとやや興奮気味になり投薬を中止したんだなぁ。(ナゼかほる。あちこちほる) でも今回はなんともなさそう。なんだったんだろ?内分泌異常かなぁ。夜、ますます寝られなくならないかが心配だけど、どのみち寒気のおかげで今晩から咳が悪化するだろうことも織り込み済み。今日こそブトルファノールのお世話になるでしょう。

 

f:id:sapporo_wan:20201219111535j:image

一年前のお写真。20分くらいは平気で歩いてました。一年でずいぶんお年をめしました。 


|

2020年12月17日 (木)

やっぱりフロセミドは合わない

ますます食欲不振。フロセミドのせいか、夜中の咳がひどいせいか、はたまた低温続きのせいかは不明だけど、とにかく食欲がわかない。寝ている時間がますます増えているのでやっぱり咳のダメージかなぁ。咳が悪化=心肥大が進んでますます気管支を圧迫ということなら、もうお手上げ。

セカンドオピニオン兼ねてお世話になっているお注射先生からは「できること※は全てやっていると思う。あとはフロセミドあげたら心臓小さくなるのに」と言われるんだけど、飲ませると途端にこうなる。

原因は心臓だけどフロセミドが食欲不振を惹起している可能性はこれまでの経過をみても濃厚で、やっぱりよほどのとき以外はあげられない。というか、よほどだと思ってあげてみたけど咳も期待したより改善しなかったので、やっぱり肺水腫の予防的にはあげられないなぁ。ダメージが大きすぎる。かかりつけの先生はその辺をよく理解していてくれるのでありがたい限り。

それにしても、明日夜からの低気圧と寒波が怖すぎる。

 

※できること=いま飲んでいる心臓のお薬

・アピナック

・ピモハート

・アムロジピン 

・セララ (一般的にはスピロノラクトンが使われます。利尿というよりはリモデリング抑制に期待)

 

フロセミドの代わり(利水)&てんかん発作予防に

・柴苓湯

(心臓の咳止めの定番「木防已湯」(ラッセラ サトウ製薬)は以前使っていたけどもう飲めません)

 


357da3b59dfb42a6ac0dd88b851abd23

若かりし日のpeeさん。この頃はこんなに長生きできるとは夢にも思わなかった。かかりつけの先生からもアカラスが全然治らなかったことから、この子は免疫が弱いからあまり長生きしないかもねーなんて言われていた。しかし現在まさかの14歳7ヵ月。目指せ年越し。

 

 

|

2020年12月16日 (水)

フロセミドで案の定、食欲不振

一昨日から昨日の明け方にかけて過去最大級のひどい咳。日中も小さくて細い甲高い咳が続いたので昨日は午後からフロセミド20㎎を1/2飲ませてみた。

食後にオシッコ2回してから寝たんだけど夕方は案の定オネショさん。それだけグッスリ寝れたってことなら万々歳です。

夜ご飯もまぁまぁ食べて、この調子ならフロセミド飲んでても食欲大丈夫じゃない?なんて淡い期待を抱く。(が、そんか期待は朝には木っ端微塵。苦)

食後に大きなゲップ、やや落ち着かない感じあり。

0時過ぎた頃からまた咳→抱っこで対応。

2時過ぎにはまた強い咳が出てきて麦門冬湯とセレニア内服。

4時過ぎにまた小さい咳が続き高濃度酸素をセッティングしてスイッチオン。その後もやや落ち着かない感じ。

 起きてみると案の定、食べるのも飲むのもイヤイヤだものー。去年ならもう諦めて受診→輸液で水分・栄養補給してもらってるところだけど、ここはこんくらべ。薬飲む分だけでも頑張ってもらう。

投入したアイテム

鶏胸肉に加えて

・ドレミファソーセージ(プライムケイズ)

・豚のこころパウダー(プライムケイズ)

・ムーラムーラ(バックトゥベーシックス)

&鶏肉スープで水分補給

 

これらアイテムたちのおかげでお昼前によーやく朝の投薬完了。お薬分だけでけっこう食べているのでこれ以上無理せずお昼ご飯に持ち越し。

しかしナゼか、ワタシの出勤前恒例のオヤツは強めに要求される。お腹空いてるんかい?

2888584e40da42f882f69ddd54690aaa

まだまだ頑張っている14歳7ヵ月。えらい。



| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

寒波と新月でひどーい咳

563b5a4a56b14804886def07d9a0ba59

厚着してお散歩。帰宅後は足の指の間と委中(膝裏のツボ)、ヒトで言うふくらはぎ(犬はなんていうの?笑)マッサージを欠かしません。お注射先生からは「14歳にしては筋肉がしっかりしてる」とお褒めの言葉をいただきました←自慢

 

peeさん昨日の夜から朝までひどい咳。特に3時前は気管支に負担のかかった強い咳が止まらなくなった。うまうまにコッソリ麦門冬湯を潜ませて、これでダメなら次はブトルファノールだなーと思っていたんだけど、なんとか落ち着く。でもその後も朝まで3回くらい小さい咳で起き上がっていた。気の毒に。

いつもなら朝には咳は治まりなかなか起きないくらい寝てるのに、今日はあっさり起床。咳も続いていてまだ寝れない模様→漢方を飲ませてマッサージ→1時間以上ぐっすりzzz。


最近心配なことの一つが呼吸数。この間も数えると9回/分。18回/分が通常なんだけど、毎分10回くらいのことがたびたびあって、これって徐呼吸!?とドキドキさせられる。心臓の薬をあげる前なので低血圧とも昏睡とも思えないし低体温でもないんだなぁ。朝起きると鼻水垂れてるし、むしろ肺炎や肺水腫を心配しているんだけどチアノーゼもなし。呼吸数少ないのは老犬だから?省エネモードみたいな??(次回病院で質問案件)

10時過ぎてからようやく起きて心臓ほかの薬&遅い朝ご飯。その後もやっぱり咳が多い。試しに、14時過ぎにラシックス内服。食欲が落ちるのを理由に敬遠しているんだけど、最近少し体重も増えたし心臓の負担を少しでも軽くしてくれたらと期待してチャレンジ。結果、少しいいかもー。現在ぐっすりお休み中。


で、今回の咳の悪化について。頭痛ーるをみても気圧は問題なさそう。寒波による気温の低下×「新月」による、が濃厚。でも続くようなら肺炎心配なので受診。高齢犬の肺炎、わかりにくそうだから。抗生剤はてきめんに食欲なくなるからイヤだなぁ。

 


|

« 2020年9月 | トップページ