« 2020年8月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年9月24日 (木)

我が家の咳止め

今日も深夜2時半、4時半と2度大きな咳が止まらなくなって飼い主も起きる。咳を止めるためには

 

・痰を切るためにチキンスープ

・庭で排泄促す(出れば腹圧が下がる)

・漢方の鶏肉包み(ご褒美気分)

 

たいていはこれで落ち着いて再びおやすみなさい💤が可能。

 

ダメなときは身体に良くなさそうな薬(笑)も迷わず使う。(セレニアまたはブトルファノール)

 

元々は心臓の咳のはずだけど、たび重なる誤嚥のせいか悪いものかわからない肺のダメージがあるし、気管支の炎症もある。おまけに精査していない大脳または小脳の問題や神経症状、てんかん(真性or症候性不明)、要求吠え疑惑もある。

 

とにかく対処療法しかないので、その場その場で回避。咳が出続けるのは気管支にも肺にも頭にも、もちろん心臓にもよくないもんね。

 

その後

「昼はいつもと変わらないよー」と連絡あり。帰宅してからはむしろいつもより良い。

 

おやおや?調べると案の定

3b6b553930d74c52aca4d742d30d1562


やっぱり台風が原因だった模様。これで少し安心。

(4年前お空に帰ったすーさんも台風のたびに肺水腫おこしてたなぁ。泣)

 

最近の主訴とも言えるシモ問題は朝はセーフ。しかし、神経大丈夫!なんて喜んだのも束の間、帰宅すると犬ベッドに黒豆発見。。。ただ肛門むひむひは少し良い。こっちはやっぱりテネスムス(渋り腹)ってことかな。

13ada650c3a14f9fb52d44cdb30465dc

寄る年波にはかないません。

|

2020年9月23日 (水)

雨降ってウン固まる

8a1ba4c601354eaf93ff61942a054494

↑雨なんてへっちゃら。

昨日は寝る前にセレニア(マレピタント)。本来は吐き止めだけど、咳止めもかねてもらっている。完全に止まるわけではないんだけど控えめな咳になるので少しでも寝られるのはありがたいし、これ以上気管支に負担もかけたくないのでひどいときは迷わず使うことにしてます。

 本日ますます目は充血、ふらつきもあり。東洋医学なら肝陽上亢というところかな。

 でもウンチの自動排泄および軟便はなんとか快方に向かっている。寝ていた布団にウンが転がってないってことは陰部神経はまだ大丈夫!

 とはいえかなり硬いのと柔らかめが混じっているので、大腸がイマイチなことには違いない。まだまだ警戒が必要。

 対処としては毎日お灸のほか毎散歩後に腰&足をドライヤーで温めて(北海道朝晩かなり寒し)、ご飯は葛を混ぜてヒルズのw/d増し増し、乳酸菌も少し追加。

 しかしこの咳、もう少しなんとかならないものかねー。できたらしてますね。日々自問自答。

|

2020年9月22日 (火)

お腹はぐじゅぐじゅ

f:id:sapporo_wan:20200922212842j:image


最近は毎日お灸

ちっこもよく漏れるので膀胱兪のイメージ

 

昨日は夜ご飯食欲もりもり。全部あげたあともっとくださいーと要求されたけどやんわりお断り。しかしその後もpeeさんうろうろ。

 

ようやく定位置で寝るのかと思いきや、あっちで寝て起きて、こっちで寝て起きてを繰り返す。

 

これは痛いか気持ち悪いかのときの行動。ここ1週間くらい見るんだけどたいてい5分くらい。今日はちょっと長くて10分。おまけに咳もしつこい。(食後は食事の刺激で分泌された痰が切れたら普段はおさまる)

 

その後少し落ち着いて伏臥から側臥に。一安心。

 

21時の時点で呼吸は15回/分。ときどきグジュグジュっと腹鳴(おや?またしても小腸?) ときどきお口ペロペロ。やっぱり気持ち悪いのかも。

 

おそらくこの影響もあるよね。

f:id:sapporo_wan:20200922224739j:image

 

北海道にいるpeeさんの気象病は毎回、台風がはるか南にいる時点から始まる。

 

吐いてしまってはもともこもないので、いつもの麦門冬湯に替えてセレニア(16mg)。

 

お食事中も軟便さんがコンニチワ。昨日の夜と同じくらいのやわらかさかな。引き続きときどきしっぽ上がってお尻むひむひ。

 

 

 

|

2020年9月21日 (月)

むひむひ

De2654846cd54308af6bc795032c23d1

本日、朝の愛犬。

昨日のウンチがあまりにも軟便だったので警戒していたんだけど、明け方も朝も食欲は順調。

明け方ウンチはお昼の吸着剤の分がでてきてるのでやや硬め。

昨日今日とも朝の咳はけっこう酷かったけど、うまうまで回避。安静時呼吸は午前も夜も13〜14回/分。

 

先月中くらいから、ご飯の最中や食後にむくむくっと尻尾が上がってきて肛門さんがむひむひするようになった。その後軟便が続き、とうとう小指の爪くらいのウンチが送り出されるように。。(おかげで毎日洗濯の嵐。でも洗濯くらいですむならhappy♪)

昨日はもう形を保てないものが出てきてしまい、カラダをブルブルするとベタベタウンチが飛んでくるという恐ろしい事態に発展。吐き気?とおもわせるような舌舐めずりもあったりして血液検査かなーと迷ってたんだけど、今日の様子ならもう少し様子を見ますか。

 

腰も股関節も膝もかなり変形が進んできたこともあり、はじめは馬尾症候群とか陰部神経の問題かなと思っていたけど、8月12日の抗生剤注(コンベニア)の影響で軟便なのか今月に入るとずっとじゃないけどテネスムス状態。よくわからなくなってきた。(おそらく両方)

ただ小腸のときみたいに腹鳴ないし便の量も少ないし、何より便失禁なので今回は大腸でしょう。ポリープやら出来物の可能性も考えるべきなんだろうけど(2年前には胃のポリープ切除してるし)、麻酔がかけられないのでカメラもCTも無理。

 

主治医H先生からはかなり前に「おむつだねー」と言われてるけど、かぶれや感染症も困るし。もうしばらくはこのまま頑張る所存でございます。


|

« 2020年8月 | トップページ | 2020年12月 »