« 慢性膵炎 血液検査& 薬メモ | トップページ | 犬の吐きどめ »

2017年12月18日 (月)

ハリネズミカフェ→愛護について

へんな話だと思うんですけど、違和感もたない人のほうが多いのかなぁ。


先日もテレビで見かけてしまった「ハリネズミカフェ」。


B644bc4400594a20ac47abbeb7cb4398

※画像は著作権フリー素材から

そこに多くの外国人観光客が集って大盛況という話題なんですが、フクロウカフェも同様、見るたびに"なんだかなー"と思ってしまいます。

今回はアメリカ人にオーストリア人、前に見たときは確かドイツ人も。意外と欧米人が多い。

テレビで
「自分の国ではありえない」とコメントする外国人観光客。


そう、ありえないですよね。



番組出演者のコメントにもありましたが、動物愛護先進国では野生動物は保護されているため、日本のように、動物を安易に見世物にすることはできません。そうした国々から日本は動物愛護後進国だと揶揄されています。

でも。その愛護先進国の人たちが、日本にきて愛護に反する店にお金を落としていく。

これって変ですよね。苦笑


当然全ての国民が同じ考えではないし、意識の違いも当たり前。

でもせっかくの施策も肝心の国民が意味を理解せず、国外で好き勝手していては話になりませんし、むしろ恥ずかしいことのように思えてならないんだなぁ。


こうした現実を見ると動物愛護に関しては、欧州は国民の意識以上の法整備がなされている印象ですが、日本は国民が押さなければ国はちっとも動きませんね。事なかれ主義というか。笑


さて、あれから10年。再びやってきました、バーライズプラン。
北海道のホームページ

「第2次北海道動物愛護管理推進計画(バーライズプラン)」に対する道民意見の募集について

〜「第2次北海道動物愛護管理推進計画(バーライズプラン)」の策定にあたり、道民の皆様の意見を計画に反映させるため、計画(素案)について、次のとおり意見の募集を行います。
〜北海道のホームページより抜粋


札幌市が飛躍的な条例を可決させましたからね。振興局毎にずいぶんと意識の差がある道行政にも、そろそろ本気で頑張っていただかないと。

しっかり押して行きましょう。笑

|

« 慢性膵炎 血液検査& 薬メモ | トップページ | 犬の吐きどめ »