« 低脂肪食の脂肪量比較データ | トップページ | 嘔吐が続いて、再び受診 »

2017年12月 6日 (水)

嘔吐が続いて受診

我が家のキャバリアpeeコさん。
10月に、胃幽門部にできたポリープ切除の手術を受けその後経過は順調だったのですが、ここのところ少量の嘔吐など気になる症状が続いたので、予定を早めてかかりつけを受診してきました。


リパーゼは 214IU/l
1ヶ月前は300だったので緩やかながら減少

今までのことを考えても、吐くような数値じゃありません。


念のためエコー検査。
でも、朝薬を飲ませるために一口分ご飯をあげてしまっていたため不明瞭。リパーゼ のチェックさえできれば推測がつくだろう、と思ったのが甘かった。やっぱり絶食で来るべきでした^_^;

「膵炎のせいかどうかはなんとも言えないけれど、気になるのは手術部位。硬くなっていてエコーでみても水がたまっている」と先生。

手術から1ヶ月ちょっと。
残念なことに、縫合糸反応性肉芽種疑いで1週間後再診。今度こそ絶食でエコーです。

【処方】
プレドニゾロン
オメプラゾン(プロトンポンプ阻害剤)
ビオハイムバスター



B4968452edc247df98a095f3646d6018

peeコの場合、普段はフカフカが好きなのに、調子が悪くなると床でまっすぐ伏せます。

|

« 低脂肪食の脂肪量比較データ | トップページ | 嘔吐が続いて、再び受診 »