« 子犬・子猫の8週間の規制、国が検討 社会化などに問題 sippo | トップページ | 嘔吐が続いて受診 »

2017年11月30日 (木)

低脂肪食の脂肪量比較データ

慢性膵炎の場合、もっとも重要なのは日々の食事管理。

消化器疾患対応の療法食について、比較データをみつけました。

神奈川の動物病院さんの資料ですが、本当にありがたいですね^_^ 膵炎治療についても勉強になります。

データ引用元
http://www.sagami-central-amc.com/clinicnote/pdf/clinicnote06_01.pdf

「犬の膵炎」 竹内 和義
たけうち動物病院(神奈川県開業)
日本臨床獣医学フォーラム


【脂肪/100kcalにおける各社の脂肪含有量の比較】

◆ロイヤルカナン 消化器サポート
ドライ 1.77g

◆ヒルズ
r/d 2.5g
w/d 2.7g

◆アイムス
腸管アシスト 2.8g

◆スペシフィック
CIW 3.2g



以下は個人的な感想〜

アイムスとスペシフィックは一度も購入したことがなく、ヒルズr/dもこの数年使ったことがないので、ヒルズw/dとの比較ですけど。

脂肪だけみると圧倒的にカナン。療法食だから何でも同じ、と考えるのは間違いですね。

ただ、この病院のHPにはカナンのバナーが貼られているので、若干贔屓目なのかなという気もしますが、それにしても1.77という数字は群を抜いています。


・脂臭さ
カナンは脂肪が少ないせいか、開封時の脂臭さがあまり気になりません。一方w/dはけっこう脂臭いです。


・サイズ、ふやかしやすさ
ヒルズは小粒サイズがあるのに対し、カナンは大きい粒のみのようです。

膵炎含め消化器症状の場合、ドライフードはふやかすことが多くなるので粒の大きさはさほど問題にならないかとも思いますが、カナンはその点でもいまひとつ。

w/dは白湯(40度以下)に10分も入れておけばフニャフニャになるけど、カナンは大分芯が残ります。かなり前から準備しておかないと固いまま与えることになります。(ドライで食べたとき本当に消化しやすいのかなぁと疑問に思うくらい。笑)

いずれにせよ、胃や膵臓の負担を減らすためにも一回の給与量を減らし、その分回数を増やすことが必要ですね。


で、最後の最後に、ワタシが気になる一番の問題。

カナンに使われている酸化防止剤はBHAと没食子酸プロピル。過去に発がん性を指摘されたことがあります。(その後の研究では問題ないことになりましたが)

メーカーのホームページにはわざわざ安全性について説明の記述がありますが、やはり長くは続けたくありませんよね。

今回は脂肪を抑えるために一時的にカナンを加えてみました。同時にいろんなことを試しましたし、恒常性というのもあるので何が功を奏したかは言及できませんが、現在リパーゼの数値は正常値を上回っているものの安定しています。

また数値が悪くなったときにはお世話になるかもしれません。




0b48b1feea10459181d3a338fb952d18

毎日キッチンで待ち伏せするほど回復しました

|

« 子犬・子猫の8週間の規制、国が検討 社会化などに問題 sippo | トップページ | 嘔吐が続いて受診 »