« 大学病院受診(術後12日→抜糸) | トップページ | 短吻種?短頭種? »

2017年11月 3日 (金)

大学病院受診ー術後22日目

前回の診察から1週間ちょっとで大学病院再診。

嘔吐は、この1週間で2回。
一度は未消化物、直近は朝の胆汁っぽい黄色。

胆汁を吐くのは膵炎が進んでいる場合もありますが、便は正常なのでその可能性は低いです。

血液検査の結果をみると

リパーゼ 300IU/l

先週は410なので、わずかだけど着々と減少。

となると、嘔吐はやはり胃です。



エコーでみると胃はちゃんと動いているので、嘔吐は手術による狭窄が原因ですねーと先生。

まだ当面はふやかしたフードで、回数を分けてご飯をあげたほうが良さそうです。

胃を切った後の狭窄は浮腫など一時的なものもあれば、手術のやり方によってはずっと続くものもあるし、傷の治る過程の中で悪化するものもあります。

いずれにしても今後どうなるかは誰にもわからないし、今はなるようにしかなりません。余計な胃酸が出過ぎないようコントロールする以外は、傷が正しく修復されるように祈るのみ。

ちなみに狭窄が進めば、再手術(幽門造創術)が必要になります^_^;


引き続き嘔吐には注意が必要です。



0142ffde969145d5bd6df889391b967b

大学病院受診はこれで一旦終了。

|

« 大学病院受診(術後12日→抜糸) | トップページ | 短吻種?短頭種? »