« 内視鏡検査のあと | トップページ | 退院してきました »

2017年10月13日 (金)

ペットショップから購入した子犬に次々と感染症

ある日、かかりつけの動物病院で。

小さな純血種を連れた元気なおばあさん。
大きな声で会話は待合室中筒抜け。

生後5ヶ月、購入してからこれまでの間マラセチアに回虫、耳ダニと典型的なパピーミル感染症のオンパレードらしい。


飼い主
「なんでこんなに病気だらけなの⁈」

先生、ちょっと黙ったのちに
「この子どこからきました?」

飼い主
「ペットショップで見かけて、そのまま…。やっぱりそーゆーことだよね!ペットショップが悪いんでしょ」

先生
「まぁそういうことかな」

飼い主
「いやーもう殴り込みに行きたいわ!!頭にくる」

云々・・・

珍しい光景ではありません^_^;

ペットショップで子犬を買うということは、その子犬や親犬がどこでどう飼育されてているのかわからない状況を容認するということ。


その流通経路は”ブラックボックス”とよばれ、
子犬を買った飼い主にとっても、
子犬はもちろん親犬たちにとっても、
不幸なことでしかありません。


(AEONが生体販売に参入しない理由がまさにこれ)
過去のブログ記事↓
2016.7.18
遺伝と、ペット業界の話②



でもなぜか、この仕組みがいつまでたっても変わらない。

朝日新聞AERAを筆頭にあらゆるメディアで、”ペット業界の闇”を暴く報道がされているのに、なぜ犬を飼おうと思う人がそれを目にしないのか、興味をもってくれないのかは本当に不思議です。

さらに言うと殴り込みに行くっていうのは、もっとよくわかりません。笑

正々堂々と、ペットショップはもちろん消費者センターなどしかるべきところに苦情を入れるべきだと思いますが、自分は知らなかったから被害者だといったおばあさんの態度には同意できません。



こうした何の考えもなしに、ただ目の前の動物が可愛いというだけで購入し続ける人が減らない限り、日本には可哀想な動物達がいなくなることはありません。


本当に犬猫が好きな人には、ペットショップで自分が支払ったお金が次の犠牲をうんでいることに気付いてほしいです。




何度か写真を載せていますが、2010年にワタシが実際に足を運んだ廃業した繁殖屋。保健所が介入したあとのため、これでもかなりキレイです。

Img_1820


この繁殖場に関する過去のブログ記事
2010.3.23
とある繁殖場の廃業

|

« 内視鏡検査のあと | トップページ | 退院してきました »