« 人とペットの暮らしひろば2017に行ってきました③ | トップページ | 毎日吐いています »

2017年9月28日 (木)

腫瘍らしきもの

すーさんをなくして11ヶ月が経とうとしている我が家。

peeコも今では11歳。

今年1月に僧帽弁閉鎖不全、6月には脳梗塞様の発作、消化器の不調と体調を崩すことが増えてきました。

9月に入る前あたりからウプっと吐きそうになることがたびたび。9月に入りときどき嘔吐。療法食を与え、吐き気が強そうなときや吐いたときには吐きどめを飲ませ、1週間様子を見ましたが改善せず。

これはおかしいとかかりつけを受診したところ、エコーの結果、十二指腸に腫瘍らしきものがみつかりました。

嘔吐は腫瘍による通過障害が原因。
どうりで、プロナミドが効かないわけです。


十二指腸には膵管と胆管が合流した開口部があります。この開口部に少しでも腫瘍がくい込んでいれば手術は不適合。

手術できず腫瘍が大きくなり開口部が塞がれてしまえば、膵臓の酵素は自己消化を始め、胆汁も出てこられないことで閉塞性黄疸が出始めます。

手術できるかどうかで、今後残される時間がずいぶん変わります。


大学病院での検査は来週。

検査を待つ間も嘔吐を繰り返しているので、毎日吐きどめの皮下点滴に通院中です。

Img_1775


|

« 人とペットの暮らしひろば2017に行ってきました③ | トップページ | 毎日吐いています »