« 人とペットの暮らしひろば2017 | トップページ | ボーダーコリーヘルスネットワークがDNA検査再開 »

2017年9月 1日 (金)

東洋医学的には脾胃が弱っている様子

「舌に歯の痕がついていて、たびたび軟便気味。一日に数回、「ウプっ」と吐きそうな音をだす。」

東洋医学的にみると脾胃が正しく働けなくなっている状態ですが、これがもっと悪くなる(東洋医学的に言うと化火する)と怖い。

西洋医学的に言うと「膵炎」という状況ですね。膵臓が自己消化を始めてしまいます。急性膵炎なら命の危険にさらされますし、慢性膵炎でも糖尿病のリスクが高くなります。


僧帽弁閉鎖不全を発症すると、腸炎や膵炎を起こしやすくなると言われています。peeコもリパーゼが上がりやすく、食べるものには気をつけているんですけど、これでもまだダメってことですね。

食事管理は難しいですねー。

今は半量をヒルズのw/dにしてナトリウムと脂質を抑えた上で他のフードと手作りを加えているんですが、もっと膵炎予防の方向にシフトすることにしました。

半量もあげておきながらなんですけど、個人的にヒルズは信用していないので、できるだけ他のフードにしたい。

というわけで、現在新たなフードを取り寄せ中。美味しく食べてくれるかなぁ。



Img_1696

やや気味の悪い写真ですみません。笑
舌下静脈の怒張こそありませんが、やや瘀血を感じさせる色です。

|

« 人とペットの暮らしひろば2017 | トップページ | ボーダーコリーヘルスネットワークがDNA検査再開 »