« 心臓バイオマーカーの検査結果(2回目) | トップページ | 最悪なモーニングコールでしたね »

2017年8月22日 (火)

抗炎症・抗酸化作用を期待して

アメリカでは抗酸化作用や心臓病などで、日本では子宮内膜症、月経困難症で特許を得ているらしいパンフェノン。(ただし、特許はパンフェノン自体ではなくピクノジェノール(フランス海岸松樹皮)という説もあり)

主な成分はフランス海岸松の抽出成分や発酵ゴマ抽出成分。


すーさん(僧帽弁閉鎖不全による心不全→肺水腫)の具合が悪かったときにもあげてみたこのバンフェノンを、peeコにも購入してみました。

抗炎症作用や抗酸化作用を期待して、ですが、まずは何より気管支からの咳を止めたい。

ちなみに、すーさんのときは全く効果を実感できませんでした。笑

じゃあなぜ買ってみたかと言うと、個体差はもちろん犬種の差っていうのは結構あると思っているので。



現在、ステロイドのおかげで咳はかなり抑えられています。じょじよにステロイドの量と回数を減らしながらパンフェノンを併用し始め、ステロイドを0にしても咳が振り返さないかをみてみようと思います。

30包試してダメなら、、、次は膝、腰のためにアンチノールでも試してみようかな。何れにせよ、抗酸化作用をもつサプリメントは継続したいので。

peeさん、現在7キロなので1日1.5包くらいを目安にあげています。


Img_1673


今回は顆粒を購入。
↑画像は、スケアクロウから拝借しました

|

« 心臓バイオマーカーの検査結果(2回目) | トップページ | 最悪なモーニングコールでしたね »