« 猫さんたち大合唱 | トップページ | 抗炎症・抗酸化作用を期待して »

2017年8月20日 (日)

心臓バイオマーカーの検査結果(2回目)

血液検査でラボに出していた分の結果が戻ってきました。

◆NT-proBNP (脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N型フラグメント)

正常値 900PG/ml以下
→peeコ 358(前回 669)
(→すーさん 1744 ※)

ちなみに、ウチのかかりつけは院内で出せるみたいですが・・・
◆ANP (心房性ナトリウム利尿ペプチド)
正常値 30PG/ml以下
→peeコ 30.9(前回 29.4)
(→すーさん 118 ※)

※すーさんは去年11月にお空へ旅立った我が家のチワワ。享年12歳(引き取りっ子で推定) 。すーさんの数値は4度目の肺水腫を起こした去年の8月のもの。薬がなかなか効かず難治性と言われました。ご参考まで


ANP、proBNPとも心不全の重症度を測るバイオマーカー。ANPは心不全の重症度ー特に左心房の状態を示し、僧房弁閉鎖不全(MR)などのときに上昇。100以上で肺水腫を起こす可能性があるそうです。BNPは心室から産生されます。


peeコの今回の結果は、ANPはわずかに上昇しましたが、BNPはうまくコントロールできています。薬がよく効いているようで一安心。


Img_1664

昨日・今日と続けて散歩も楽しそうです。この調子で行こう♪

|

« 猫さんたち大合唱 | トップページ | 抗炎症・抗酸化作用を期待して »