« 今度は後脚に | トップページ | 犬連れ温泉 »

2017年7月 3日 (月)

左後脚のナゾの膨らみ

かかりつけ受診してきました。

その後、発作は繰り返すことなく経過は順調。
今回は聴診だけですけど、心雑音も悪くはなっていない様子。

左後脚の膨らみは組織を取ることも検討したんですけど、触診してもやはり”液体っぽい”と先生。 腫瘍などの場合は硬くて動かないことが多い。見つけてから1週間くらい経つけどその間急速に大きくなった様子もなく、悪いものではなさそうなので組織を取るのも見合わせ、経過観察となりました。

ワタシ的には、粘液質の液体っぽい感じがします。ちょうど滑液包に水が溜まったのと感触がよく似ているような。人間ならちょうどその位置に「踵骨下滑液包」というのがあるんだけど、犬はどうなのかなぁ。

以下、ご参考までにですが。

犬に限らず、皮膚の下にある膨らみで、早期に受診したほうがいい場合の目安。

・硬い
・指で動かそうとしても動かない
・丸くない(ギザギザ、ガタガタしている)
・大きくなり続けている

というところでしょうか。

あと、これは人間の場合しかわかりませんけど、シコリに限らずなんでも、痛みが日増しに強くなっているような場合は早めに受診したほうがいいと思います。




暑いのでカーペットを剥いでみました。

Img_1522


何を見てるんでしょうね^_^;

|

« 今度は後脚に | トップページ | 犬連れ温泉 »