« 2017年6月 | トップページ

2017年7月23日 (日)

僧帽弁閉鎖不全で気をつけたいこと

我が家のキャバリアpeeコさん、最近再び軟便気味です。

思い当たる原因。。。最近食事は変えていないので
・膵炎予備軍
・ここのところの札幌の蒸し暑さ
のいずれか。いや、両方ですかね^_^;

以前は北海道の夏は湿度が低く、カラッとして気持ちのいい暑さだなんて言われてましたけど、最近はジトジト蒸し暑いことが多くなりましたよね。


東洋医学では、過度な暑さや湿気はそれぞれ”暑邪”、”湿邪”とよばれ、さまざまな体調不良をもたらす原因になります。

で、その湿邪と暑邪に圧倒的に弱いのが、
・心(精神と心臓の両方の意味あり)
・脾(消化に関わる)
の働き。

犬に限らず人間もですけど、身体のなかの湿(カラダをちゃんと巡らない水分)が増えると、軟便をしやすくなります。

また、心の働きが弱くなると、しだいに脾の働きが弱くなるとされています。



西洋医学でもこの辺りの見解は一致していて。

以前すーさんの急な肺水腫で一度だけ駆け込んだ動物病院の先生も

「心臓が悪いコは温度だけじゃなく湿度が高くてもダメージを受けるから、蒸し暑い日や台風などの悪天候は特に安静にしていないとダメ。飼い主さんはしっかり着込んで、エアコンで室温は22度以下。湿度もしっかり下げて」

と言っていました。
(当たり前過ぎるからか、他院では言われたことがないんですよねー。大事なことだと思うんですけど)


また、西洋医学的に心臓と消化器の関係を見ても

僧帽弁閉鎖不全になると、心臓の弁がうまく機能しなくなることで心臓から血液を送り出しにくくなり、身体のすみずみまで血液が行き渡りにくくなります。(末梢の循環不全というやつです)

よって起こりやすくなるのが、腸炎や膵炎。

炎症を起こさないように、できるだけ糖質と脂質を避けて消化の良いものをあげないといけませんね。

また、膵臓への負担を減らすには一回の食事量を減らして、回数を増やすのも手。ウチもなるべく一日3食を心がけています。


Img_1582

購入したばかりの冷え冷えマットでお昼寝。

|

2017年7月14日 (金)

真夏日の続く札幌

連続真夏日の続く札幌。

バテてるのは人や動物だけではないようで、たまたま行った近所の大型スーパーではエレベーターが故障。次の日行った衣料品店では自動ドアのセンサーが反応せずに開かなくなり、知人の店ではエアコンが壊れたとか。

こんな感じであちこち電気系統のトラブルが多発すると、我が家の小さなエアコンは大丈夫か毎日ドキドキします。


さてさて。
我が家の僧帽弁閉鎖不全のキャバリアpeeコさん、先月は咳もかなり落ち着き、心臓の調子は良さそうだったのに(別の発作はあったけど)、さすがに最近はバテ気味。

咳は再び多くなってるし、こういうときは無理できません。気温がなかなか下がらないので夜の散歩は中止して、早朝散歩に切り替えました。

心臓と消化器は暑さと湿気が大敵ですから、動物の健康管理はこの季節、特に気をつけないといけませんよね。



健康管理といえば、先週からセンターに収容されていた飼い主放棄の猫。ストレスから食事を受け付けずやせ細りぐったりしていたようですが、なぜ脱水を起こしたまま適切な処置がなされずにいたんでしょうね。

札幌市動物管理センター



Img_1562

↑定山渓温泉にて

|

2017年7月 9日 (日)

犬連れ温泉

お世話になったのは、札幌定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川

施設は新しくはありませんが、いたるところにおもてなしの心を感じる定山渓では評判の良いホテルです。


犬連れルームは他のホテルと比べるとかなりリーズナブル。それだけに多少の匂いとあちこち傷みはありますけど、夕朝食ともに部屋食というのが嬉しいです。

我が家からも1時間くらいだし、万が一のときにも病院に駆け込めるし、ここならまた来れると思ったんですけど、なんと年内の週末の予約はもう全て満室。

仲居さんに話を聞くと「この部屋は稼働率がほぼ100%」とのことでした^_^;

また来年一緒に来れるかなぁ。

Img_1546

|

2017年7月 3日 (月)

左後脚のナゾの膨らみ

かかりつけ受診してきました。

その後、発作は繰り返すことなく経過は順調。
今回は聴診だけですけど、心雑音も悪くはなっていない様子。

左後脚の膨らみは組織を取ることも検討したんですけど、触診してもやはり”液体っぽい”と先生。 腫瘍などの場合は硬くて動かないことが多い。見つけてから1週間くらい経つけどその間急速に大きくなった様子もなく、悪いものではなさそうなので組織を取るのも見合わせ、経過観察となりました。

ワタシ的には、粘液質の液体っぽい感じがします。ちょうど滑液包に水が溜まったのと感触がよく似ているような。人間ならちょうどその位置に「踵骨下滑液包」というのがあるんだけど、犬はどうなのかなぁ。

以下、ご参考までにですが。

犬に限らず、皮膚の下にある膨らみで、早期に受診したほうがいい場合の目安。

・硬い
・指で動かそうとしても動かない
・丸くない(ギザギザ、ガタガタしている)
・大きくなり続けている

というところでしょうか。

あと、これは人間の場合しかわかりませんけど、シコリに限らずなんでも、痛みが日増しに強くなっているような場合は早めに受診したほうがいいと思います。




暑いのでカーペットを剥いでみました。

Img_1522


何を見てるんでしょうね^_^;

|

« 2017年6月 | トップページ