« ジクアス点眼中 | トップページ | しっぽの会で迷子情報 »

2017年4月11日 (火)

犬も温罨法

昨日のブログには、ドライアイにはムチンを増やす目薬がいいーと書きましたけど、そう簡単にはいかないのが現実みたいですね。

人間の場合、まばたきが ちゃんとできていないこと(瞬目不全)により目の乾燥が進み、それが結果としてドライアイと診断され、その改善には目薬ではなく眼輪筋のトレーニングと温罨法が必要、という説明も見かけます。

我が家でも温罨法は毎日実施。小さいタオルを濡らしレンジで温めたものを目の上に3分ほど置いて、そのあと目の周りのツボを押さえたり、瞼を閉じさせるマッサージ。眼輪筋のトレーニングはpeeさんは自力ではしてくれないので、他動で行うよりないですね。笑

特に下瞼を使えていないケースが多いらしいので、下瞼を持ち上げるように動かしています。

いずれにしてもすぐに改善してくれるものではないので、気長に付き合っていくしかありません。

ただpeeさんの場合、起きてる間の瞬目不全以前に、寝ている間の兎眼が問題な気がしなくもないですが、これは改善可能なんだろうか・・・^_^;

Img_1152


大きな目は確かに可愛いけれど、キャバリアやシーズー、フレブルなど大きな目ゆえの疾患の多さは犬にとっても飼い主にとっても負担です。

|

« ジクアス点眼中 | トップページ | しっぽの会で迷子情報 »