« テレメンタリー2017「殺処分ゼロの裏側で ~イヌ・ネコ8万頭の命~」 | トップページ | ご飯増量中 »

2017年3月 5日 (日)

犬の霰粒腫と目にいいツボ

年をとると、ちょっとした不調も増えるものですね。

peeコさん、今度は霰粒腫(さんりゅうしゅ)ができてしまいましたり


おや?何かでき始めたかな?と気づいたのが一週間くらい前。少し大きくなってきた気がして、瞼をめくると、表面からみるよりもしっかり腫れていて、慌ててかかりつけで抗生剤(軟膏)をもらってきました。


霰粒腫はマイボーム腺がつまって腫れてしまう病気ですが、ひどくなると切開する必要があります。人間なら局所麻酔で大した処置ではありませんが、犬はそうはいきません。意外と侮れません^_^;


peeコは元々マイボーム腺が詰まりやすいと言われていて、以前はよく眼瞼のマッサージをしていたんですが、すーさんの心不全が悪化してからはすっかりサボり気味でしたorz 飼い主失敗。

炎症が起きている箇所にマッサージはできないので、一日2回の抗生剤と、目のサプリメント、肝臓のデトックスサプリメントの回数をこれまでより増やして様子をみることにします。
(東洋医学では、目の症状は肝の働きに関連していると考えます)

あとは、目にいいツボをマッサージ。

目の周辺にもいいツボはたくさんありますが、今回は遠位で。
合谷(ごうこく)
太衝(たいしょう)

合谷は手の、太衝は足の、それぞれ親指と人差し指の中手骨の近位(身体側)にあります。


Img_1115

↑合谷


Img_1114

↑太衝

人間だと、押さえるとジーンとすることが多いですが、犬はどうなんでしょうね。

前脚の合谷はわかりやすいですが、後脚は?笑
内側から、それらしき位置で人差し指側に向かって押せば多分正解でしょう。東洋医学は物質(あるかないか)ではなく働きですから、ここがツボだと思うことも大事だと思います。笑

|

« テレメンタリー2017「殺処分ゼロの裏側で ~イヌ・ネコ8万頭の命~」 | トップページ | ご飯増量中 »