« わんにゃん家族プロジェクト 感想② | トップページ | 歯周病治療は延期 »

2017年1月17日 (火)

peeさんの心臓のお薬

我が家のキャバリアpeeさん(パピーミル生まれ、ペットショップ出身)、現在10歳8ヶ月。多分にもれず、先週、僧帽弁閉鎖不全と診断されてしまいました。

心雑音の状態はLevine分類でⅡ度。心エコーをみると弁の逸脱があり、収縮力もやや低下。治療を始める段階だと言われました。

我が家の僧帽弁閉鎖不全症は

・3年前にお空組入りしたキャバリア風beeさん
(札幌動物管理センター出身、享年11歳)
・去年11月にお空組入りしたチワワすーさん
(旭川動物愛護センター出身、享年12歳)

に続いて3匹目。いや、昔実家にいたマルチーズも入れたら4匹目かな。良くも悪くも、弁膜症についてはずいぶん詳しくなってしまった気がします。苦

先生からは、ACE阻害剤と強心剤を始めると言われましたが、我が家にはまだまだすーさんの遺産(心臓のお薬)があることを伝え、それを使わせてもらうことにしました。


今回の歯科の先生の処方は
エースワーカー1㎎
ピモベハート1.25㎎
いずれも 1回1錠、一日2回

どっちもまだまだ1ヶ月分以上あります^_^;


当時すーさんが飲んでいた何種類もの薬、1回分ずつをまとめて入れていました。よーく見ると、ピモベハートにスピロノラクトンの黄色が色移りしていますが、これは薬の着色料のため特に問題ありません。(と、薬剤師さんが言っていました)

Img_1036



歯科認定医の先生、優しそうだし臨床経験も豊富そうで良さそうですが、歯科治療が終わったらすーさんがお世話になった病院に戻ろうと思います。

心臓の病院は専門性はもちろんですが、家から近いこと、病院の診療時間は長く、お休みが少なく、万が一のときにも対応してくれることが何より重要だと痛感しているので。

できれば、もう夜中に走りたくはないですけどね^_^;

|

« わんにゃん家族プロジェクト 感想② | トップページ | 歯周病治療は延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わんにゃん家族プロジェクト 感想② | トップページ | 歯周病治療は延期 »