« 犬猫の流通、1年で10万匹増 途中で2万5千匹死ぬ | トップページ | 同居犬をなくしたストレス »

2017年1月28日 (土)

ACE阻害薬ーアピナックに変更→咳が出なくなりました

我が家のキャバリアpeeさん、10才。
富良野のパピーミル→ペットショップテ○テ○出身。1才までの間に、難治性アカラス、膝蓋骨脱臼を発症しましたが、10才の誕生日にも心臓は無事。

ひょっとして弁膜症にならなかったりして・・・
そんな微かな期待を抱いたりもしましたが、今年1月、LEVINE分類 Ⅲ度の心雑音あり、僧帽弁閉鎖不全症の診断がつきました。やっぱりですか^_^;


それで肝心の投薬ですが・・・

◆1月7日から20日
ACEWORKERとピモベハートを使用開始
この間、咳はむしろやや悪化した印象

◆1月21日から現在
ACEWORKERをアピナックに変更
(ピモベハートは継続)
3日過ぎた頃からほとんど咳は出なくなりました。

この変化、薬を3週間継続し安定したからと考えることもできますけど、ACEWORKERを飲み始めた頃にはむしろ咳が増えてますから、やはりアピナックの効果と考えるのが自然な気がします。

SH基による活性酸素の除去効果、というのですかね?

2016.4.28 ACE阻害薬はどれがいい?


人間の場合だと、ACE阻害薬を服用すると副作用で咳が出る言われます。

むしろ患者が高齢の場合、咳が出ることで誤嚥による肺炎を予防できることから、ARBよりもACE阻害薬の使用を推奨するケースもあると聞いています。

犬の場合も高齢なら同じことが考えられるので、無理に咳を抑える必要はないのか?と考えたりもしました。でも、我が家のすーさん(昨年慢性心不全により他界)は咳き込むことで肺水腫が誘発されていた可能性もあり、だとすると心臓に負荷をかける可能性のある咳はpee子の場合でもやっぱり避けたい。

ということで、やはりpee子もアピナックがいいみたいです。




Img_1073

今日の散歩は珍しくウキウキ♪
初売りで買ったボア付きのコートは寸足らず。でも暖かいみたいです。笑

|

« 犬猫の流通、1年で10万匹増 途中で2万5千匹死ぬ | トップページ | 同居犬をなくしたストレス »