« マイナス7度の散歩 | トップページ | 膵炎予防 »

2016年11月24日 (木)

イヌネコの自立する力

先日Eテレでオンエアされていた
「地球ドラマチック」イヌVS.ネコ ペット徹底対決!②

うっかり途中から観たんですが、イヌは飼い主の表情を読み取っているか、感情を理解しているかなど、興味深いテストがいろいろありました。

なかでも、個人的に気になったのは”自立する力”を試すテスト。
「食べ物と飼い主、どちらが大事?」

用意されたのはエサのたくさん入った皿と、一粒しか入っていない皿。飼い主は一粒しか入ってないほうの皿に触れ、大げさに騒ぎます。

そこにそれぞれ、イヌとネコを離すとどうなるか?というもの。

イヌは迷うことなくエサの多いほうより、飼い主が注目する皿のほうに行きます。
ナレーションでも
「自分の利益より飼い主を優先する。これがイヌの特性です」と解説。種を選択して繁殖されてきたためにイヌはこうした特徴を持つ、とも。


一方のネコ。
飼い主がどんなに反応しようとも、エサのたっぷり入ったほうの皿に向かいます。自分の判断を優先する、独立した精神をもつのがネコ。自分で考えて行動するんだそうです。

自立という意味では完全にネコに群杯が上がりました。

そこで、我が家でもテスト。

だいたい結果はわかっていましたが、やっぱり。

peeコはネコでした(^_^;)

まだ子犬の頃、ドッグトレーナーに見てもらったときも「飼い主よりもご飯のほうが好きみたい」と言われたことがあります。これは大変ーと、いろいろ遊びを取り入れながらやってきましたが、あまり変化ないまま今に至ります。

子どもの頃からずっと家には犬がいたし、友達の犬やボラ時代もそれなりの数の犬を見てきましたが、やっぱりpeeコはちょっと変わったコだと思います。

|

« マイナス7度の散歩 | トップページ | 膵炎予防 »