« 2軒の動物病院に通うのは | トップページ | のんびりした休日は・・・ »

2016年11月 2日 (水)

近所の小さな動物病院

昨日は、以前住んでいた近所の病院で受診を断られた話を書きましたが、今回も別な意味で断られた話。

すーさんが最初にチアノーゼを起こし倒れてしまったのは、ちょうど15時半過ぎ。動物病院の電話が繋がらない時間帯でした。

当時のかかりつけまで、どんなに急いでも所用時間は50分。おまけに電話してみると繋がらないどころか、なぜかお休みのアナウンス。

迷っているひまはないので、とにかく家から一番近い小さな動物病院に駆け込みました。

状況を説明すると、すーさんの胸の音を聞いたあとで、その先生は
「ウチには心臓の検査に必要な設備がなく適切な処置ができないから、大きな病院に行ったほうがいい」と言いました。

聴診して緊急性の有無を確認してくれたことだけでも、ワタシの不安はかなり緩和されました。
他院へまわすのも冷静で適切な助言、と感じられますし。
(できないことや不得意なことをやる気だけでなんとかしようとする獣医さんもいますが、緊急時以外はちょっと勘弁してほしいものです (^_^;)

処置してはもらえなかったけど、結果的にはとても好印象でした。

近所に病院があるのは間違いなく便利。今度peeコに何かあったときに、もう一度行ってみようかなと思っています、

|

« 2軒の動物病院に通うのは | トップページ | のんびりした休日は・・・ »