« 仮装じゃないけど | トップページ | 近所の小さな動物病院 »

2016年11月 1日 (火)

2軒の動物病院に通うのは

先週末のしっぽの会の公開講座。

西山先生の講演の最後、ご自身の著書に関する話で

「動物病院は、ワクチンやちょっとした気になることは徒歩で行ける近所の病院、高度な知識が必要なときはちょっと遠い専門病院の2つを探しておくといい」

と言っていました。

全く同感なんですけど、、、北海道はまだ難しいかなぁと思ったりもしました。

以前住んでいた家の近くの病院で、他院にもかかり続けることを嫌がられ、受診を断られた経験があります(^_^;)


そこは先生のたくさんいる、立派な動物病院。

感じのいい先生やスタッフもいましたが、問題は院長。

基本健康体のpeeさん中心に半年くらいはお世話になったけど、飼い主の都合は一切おかまいなしだし、beeコは他院にもかかり続けていることを伝えると、「それは犬のためによくない」と持論を展開。他院にもかかり続けるなら診られないと言われました(^_^;)

徒歩圏内だったので残念でしたが、誤診もあったし、良い関係を築けるとは思えず諦めました。

しかし、そういう院長のもとでは勤務医もなかなか居着かないようで。当時5人はいた先生が、3年かからずに総入れ替えしていたのにはびっくり。

近いというだけでもダメだし、病状次第では遠いと行けなくなってしまうし。
また2軒の病院を通い分ける場合、大学病院などの高度医療機関とならともかく、個人病院同士で連携してもらうのは難しいでしょうから、飼い主による薬や治療内容の管理は不可欠ですし。

病院選びはそう簡単でもないなぁと思いました。

|

« 仮装じゃないけど | トップページ | 近所の小さな動物病院 »