« 今日の札幌、曇りのち雨 | トップページ | 食欲の秋 »

2016年9月29日 (木)

ステロイドがやめられない

すーさん(チワワ12歳 慢性心不全)を最後に洗ってから、なんともうすぐ10ヶ月経ちます。

高齢犬のシャンプーは負担が大きいし、心臓も良くないし、次は春になったら洗おうと思っていたら3月に発作。

その後は体調を崩すのが怖くて、洗えていませんf^_^;)

臭いは気にならないんですが、困っているのはひどいフケと痒み。

シャンプーをしていないからということではなく、長引く体調不良と、大量の薬の影響なのでしょう。フケも細かいのだけでなく、皮膚が剥がれたような大きいものが目立ちます。

保湿をしようとしても、最近はブラッシングもマッサージもイマイチの気分らしく、なかなかじっとしていてくれません。

痒い→掻く→咳が誘発される

という困った流れができてしまい、結局ステロイドを使っています。

一昨日は朝のステロイドをやめてみたんですが、やはり咳混むほど掻いてしまったので夕方には内服させました。

クッシングを起こすような量ではないですし、何より心臓優先なので仕方ないんですけど。でも、ステロイドはカラダを冷やすから長期ではあまり使いたくないんですよね。

パンフェノンは心臓だけでなく皮膚にも効果があるとされていて期待していたんですが、すーさんには今のところ効果はないみたいです。サプリメントは時間がかかりますよね。ほかの対策も考えないとー。

|

« 今日の札幌、曇りのち雨 | トップページ | 食欲の秋 »