« すーさん、初めての入院 | トップページ | 僧帽弁の修復術 »

2016年9月 5日 (月)

peeさん、久々の単独生活

すーさんの体調が優れないこともあって、最近すっかりブログでの存在感が薄れてしまっていたpeeさん。

すーさん不在に特に違和感もないようで、変わらず元気です。


peeさん、生後3ヶ月からずっとワタシと一緒にいる割には、”どっちが引き取ったほう?”と疑問に思うくらい、飼い主にべったりすることなく、むしろある程度距離を保ちたいタイプ。(すーさんはチワワらしく飼い主べったり派)

自ら近寄ってくるのはカミナリや花火で不安になったときとご飯のとき、あとは寝る前くらい。とにかく手のかからない犬で、ついつい後回しにされがちです。笑

キャバリアは温厚な性格の飼いやすい犬ですが、最近はあまり見かけなくなりました。peeさんのお友達の大半は心臓が原因でお空に逝ってしまいましたけど、その後再びキャバリアを選んだ人はいないかな。。。いくらいい犬でも、ここまで僧帽弁閉鎖不全の発症率が高いのでは仕方ないですよね。

幸い我が家のpeeさん、現在10歳ですが心臓は問題なしです。ほかのSHIMAYAのキャバはどうなんだろう?

Image

手のかからない、いいコです。笑

|

« すーさん、初めての入院 | トップページ | 僧帽弁の修復術 »