« すーさん、3度目の肺水腫③ | トップページ | すーさん、4度目の肺水腫 »

2016年8月28日 (日)

すーさん、3度目の肺水腫④

X線と腹部超音波の検査をしました。

X線の画像を見ると、まだ前回撮影してから5日程度しか経っていないのに、さらに心肥大が進んでいました。

先日のアムロジピンに加えて血管拡張作用のあるヒドララジンを追加。血圧が下がるのを待ちます。

そしてもう一つ問題なのがALP。1700もの高値を示しているだけになんとかしてあげたいのですが、この酵素は肝臓、骨、小腸、胎盤など身体のあちこちの細胞膜にあると言われているからやっかいです。


超音波で見る限り、子宮も腸も膵臓も胆嚢も胆管も見える範囲では問題なし。
※胆管は総胆管までしか見えないそうです
心臓への負担を配慮して検査をしているので、すみずみしっかり見れているわけではないと先生は言っていましたが、唯一ひっかかったのは肝臓。

通常はツルっとしているはずの表面に一部まだらなところがあり、これが肝臓自体の問題か、心臓の不具合による影響かは生検をしなければわかりません。当然この状態で肝生検は不可能(というか、多分状態が良くても生検は選択しませんけど)なので、利胆剤(ウルソ)で様子見です。

調べたけれどよくわからない、予想通りの結果でした。


そして、悪い予感ほど当たるもので、、、。


検査の後から体調が悪化。その後再び肺水腫となりました。

|

« すーさん、3度目の肺水腫③ | トップページ | すーさん、4度目の肺水腫 »