« 偽妊娠、その後 | トップページ | 緑内障対策 »

2016年7月 9日 (土)

今度は緑内障?

相変わらず大人気のかかりつけ動物病院。毎度のことですが軽く1時間半は待ちます。笑

ようやく順番になり、まず子宮をチェック。前回左右ともに見えてしまっていた子宮が、今回のエコーでは全く見えなくなっていました。ちょっと安心していいのかな?と期待したけど、偽妊娠していることもあり、ヒートの出血が止まってから2~3ヶ月の間油断ができないのは変わりないため、引き続き経過観察となりました。

心臓は変わりなし。収縮率が50から52パーセントとやや上がったものの誤差の範囲。安定しているので、2日に1回だったラシックスを中止してみることに。こちらもちよっと前進です。

しかし、一難去って(まだ完全に去ってくれてはいないけど)、また一難。

次は目。実は気になり始めてから受診までの間に、左目の充血は治まっていました。でも先生からは「全然問題ない。むしろ右目が問題」と。以前、前眼房の炎症とのことで様子見だったんですが現在の状態はそうではなさそうで、眼圧を測ると高いところで26mmHg。

「犬の正常値は25、ちなみに短吻種で30。チワワだからちよっと高いねー」とのこと。

ただ、人間の場合も正常値の上限21を超えたからと言って必ずしも緑内障というわけではないように(むしろ正常眼圧緑内障が多いくらいですから)、犬も個人差が大きいようです。

角膜炎の可能性もあるので(にしては長いけど)、できることとしてはステロイドを点眼することかなぁ、と先生。でも未だ目薬で大暴れのすーさん。それで心臓の調子が悪くなっては困るので、無理せずに、とのことf^_^;)


緑内障は西洋医学では遺伝または原因不明。東洋医学では水毒、身体の中の水ハケがよくない状態。長期のステロイドは身体を冷やす上むしろ水毒を助長するので、やっぱり目薬はやめておこうと思います。

水毒に良い、犬にも問題ない食材、といえば・・・。ちょうど抜け毛もすごいし、薬も長くなってるしで、肝臓のためにも「しじみ汁」を準備しようかなぁ。

しかし疑り深いチワワは飲むだろうか。ちなみにpeeさんは大好きです。


|

« 偽妊娠、その後 | トップページ | 緑内障対策 »