« BPPV(頭位良性発作性めまい) | トップページ | 偽妊娠、その後 »

2016年7月 2日 (土)

2年目の真実

我が家にやってきて、もうじき丸2年になるチワワのすーさん。

以前の飼い主はあまり手入れをしていなかったのか、初めのうちは歯磨き、ブラッシングで大暴れ。ブラッシング用のスプレーをかけるとびっくり顔で「いったい何すんのよっ⁈」と言わんばかりに、怒って逃げていく姿が印象的でした。笑

未だ爪切りと耳掃除は暴れるので病院でしていますが、他はもうすっかり平気。ブラッシングに関しては、最近はpeeさんがブラッシングされているのを順番待ちするほど好きみたいだし。

心臓が悪いので、優しく後ろ右足から始めます。ブラッシングというよりは、マッサージに近い感じでところどころ押圧しながらさすっていくと気持ち良くなり、すぐにコロッと寝てしまいます。

今日もあっと言う間にくつろぎモード。ちょうどヘソ天してくれたので、この隙にとお腹の毛をカットしていくと、おやおや?中心線上に術痕らしきものが?

ヒートがあるってことは、、、避妊手術ではなく帝王切開。

すーさん、出産していたんですねf^_^;)


オスと一緒に捨てられていたので、引き取り当初も疑ってはいたんですが、乳首は小さいし、術痕も見つからなかったので産んでいないんだと思い込んでいました。(暴れん坊すぎて、じっくり見られなかったんですが。笑)

それにしてもこんな心臓も膝も悪いチワワで自家繁殖とは。さすが簡単に犬を2匹まとめて保健所に持ち込む元飼い主。ワタシにはあり得ないことばかりで理解不能です。

2年目にして、いまさらな新たな発見。なんだか複雑な心境です。笑

|

« BPPV(頭位良性発作性めまい) | トップページ | 偽妊娠、その後 »