« 朝日新聞shippo太田記者の記事より | トップページ | 犬の漢方 »

2016年6月 6日 (月)

子宮蓄膿症?

すーさん、来週の予定を1週間早めて受診。
(単純にワタシの都合で)

心臓は特に変化なし。咳も出たり出なかったりなので、引き続き朝のみラシックス、朝晩にアピナック、ピモベハート、ニトロール、スピロノラクトン、ネオフィリン。相変わらずフルラインナップですが、ひとまず順調です。

しかし、子宮は残念ながらやっぱり怪しい。。。

犬の子宮はYの字状になっていて、左右に分かれた部位(子宮角)にそれぞれ子犬を宿せるようになっています。そこに膿が溜まるのが子宮蓄膿症。本来なら超音波でほとんど見えないはずなのに、左側の子宮が見えていました。

年齢的にはもちろん先月までの体調を考えても、免疫能は相当下がっていたと思います。そこにきて偽妊娠ですからね、、、参りました。

薬漬けですしできることは限られていますけど、とにかく免疫能をあげて、身体のなかの流れを良くするしかありません。食事を気をつけつつ、全身マッサージと鍼灸かな。本当なら漢方も試したいところですけど、心臓でこんなに西洋薬を使っていてはいろんな意味で難しいです。肝臓に万が一のことがあっては困ります。

|

« 朝日新聞shippo太田記者の記事より | トップページ | 犬の漢方 »