« peeさん、原因不明だけど一安心? | トップページ | 心臓の療法食 »

2016年5月15日 (日)

療法食

警戒心の強い犬ほど、具合が悪いときには好きなものや食べ慣れたものしか食べなくなりますよね。

すーさんは多分、元の飼い主がドライフード派だったと思われ、具合が悪くなってからふやかしたフードはすっかり食べなくなりました。

さらに最近では、ドライフードでさえ朝は完食できず。でも薬を包んだササミ肉は食べきります。笑 午後からは次第に食欲も戻るし、まだまだ大丈夫です。

ただ、こうして食欲は低下し、睡眠の質も下がっているところに、心臓はなんとか全身に血液を送り出そうと必死に筋肉を動かしエネルギーを消費するため、必然的に少し痩せてきました。

最近では、ちょっとくらい太り気味のほうが健康だというデータもあるほどですからね。具合が悪くなったときこそ体力勝負と考えると、太りすぎはダメですけど、身体には多少の蓄えがあるほうが有利です。

朝の食いつきを良くするために、新たにフードを購入してみました。

フォルツァ10
リナールアクティブ
腎臓ケア療法食

Image

腎臓の療法食ですが、心臓にも負担をかけないということで試しに購入。

すーさん、ウマイ♡と言っています。
粒も小さいし、チワワにはちょうどいいです。

|

« peeさん、原因不明だけど一安心? | トップページ | 心臓の療法食 »