« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

ある日の

病院の待合室。

ばーばA「いやぁ、待った待った。朝7時に家出てきて、ようやく診察終わったわ」

ばーばB「あ?6時に出たのかい」

ばーばA「いや、7時さ」

ばーばB「あゝ、10時かい」

ばーばA「・・・。みんな先に死んだけど、真面目に通ってるから私だけ長生きだ」


危うく吹き出すとこだった。

コミュニケーション力も柔軟性も抜群。
見習いたい。

|

2016年5月28日 (土)

犬の想像妊娠ー偽妊娠

チワワすーさん、なんと偽妊娠でした囧rz 人間でいうと想像妊娠ですが、犬の場合は意思とは無関係なので偽妊娠といいますね。

プロラクチンは、特に夜間に多く分泌されると聞いたことがあります。(人間の話ですけど) 主に夜中にウロウロしたり、何かと様子がおかしかったのは、この偽妊娠によるものだったかもしれません。

偽妊娠は妊娠と同様にエストロゲン、プロゲステロン、そして乳汁分泌ホルモンと言われるプロラクチンの値が特に高くなります。

出産に備えてエストロゲンは子宮内膜を肥厚させる作用が、プロラクチンは乳腺を発達させる作用がそれぞれありますが、偽妊娠だとせっかく作用してもそれが使われることはないわけです。乱暴な言い方ですが、使われないものは、そのままにしておくと古くなり悪いものになる可能性が高くなります。よって偽妊娠を繰り返すと婦人科系疾患ー子宮蓄膿症や乳腺腫瘍になりやすいわけですね。

犬の偽妊娠は多いですね。心疾患のあるすーさんの場合、卵巣子宮の摘出ができませんから、万が一子宮蓄膿症を発症してしまうと内科的処置しか手段がありません。子宮を収縮させ、子宮頚管を緩ませることで膿を排出させる方法ですが、心臓への負担も少なくない上に完治する例が多くなく予後が悪いのです。早期発見、処置が重要となるため、2週間後に再診になりました。

だから健康な若いうちの不妊手術が特に重要なのにと、10歳にもなる犬をオスメスセットで2匹も保健所に持ち込むような無責任なお婆さん(すーさんを捨てた元飼い主)に怒り再燃しても意味がありませんが、せめて売る方には規制を設けてもらいたい。

相手がどうであっても売れればいい、後のことは知らないという現在の生体展示販売型のペットショップは生体を扱う資格をなくせばいいと思いますし、早くそういう時代がきてもらわないと困ります。

犬より飼いやすいと言われ、今現在ブームになってしまった猫は犬より長生きで繁殖能力も高い分、もっと大変なことになりますよね。


話はそれましたがとにかく、高齢化しさまざまな疾病が出てから避妊手術をしていなかったことを後悔しても遅すぎることが多いのです。(捨てるならなおさら、若いうちに手術しておいてほしいくらいです)

よく、自然のままがいい、不妊手術はエゴだと言う人がいます。聞こえはいいですが、犬は野生動物ではありませんね。長い歴史のなかで人間に寄り添うことで生きのび、繁栄してきた動物です。何より人間が飼う以上すでに野生ではありませんから、快適に生きていけるようにするのは当然のこと。

性ホルモンにさらされるストレスをなくすこと、病気のリスクを下げることは飼い主の義務だとワタシは思います。

|

2016年5月25日 (水)

明日夜10時クローズアップ現代+

本日、夜10時00分からの予定だった
NHK
クローズアップ現代+
「追跡!ペットビジネスの闇」

明日10時からに変更になりました。※5月25日22時05分 修正

【内容】
売れ残ったペットを有料で引き取り、劣悪な環境で、”飼い殺し”にする「引き取り屋」ビジネスが広がっている。大量消費のペット業界の裏側で何が起きているか追跡取材する。

|

2016年5月24日 (火)

すーさん、肺水腫その後

3月のてんかん様発作からまる2ヶ月。慢性心不全の悪化、投薬しながらの2度目の肺水腫にワタシも半ば諦めかけましたが、かなり元気になり、現在食欲モリモリ。朝ご飯はほぼ完食できるようになり、ようやく水を飲んでもむせにくくなりました。

2週間前には、長引く体調不良から後ろ足の筋肉が衰え、フラついたり、ちょっとした段差でつまづいていたりとハラハラさせられましたが、復調に伴い現在は問題なく歩けるようになりました。調子のいい日は走ろうとするからタチが悪い。笑 (でも動きに以前ほどのキレはなくなり、明らかに一気に年をとった印象です)

1回目の肺水腫の後も、もう大丈夫かなと思ってからの2回目の肺水腫でしたから、もう油断はできませんねf^_^;)

次のステップは、現在フルコース状態の薬を減らすこと。まずはラシックスからです。

|

2016年5月22日 (日)

言いがかりとは

先週末、こんなメールが来ました。

************************

--- ニフティ株式会社 権利侵害通報窓口 wrote:
お客様

平素は@nifty(アット・ニフティ)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

突然恐縮ではございますが、このたび、弊社は、有限会ク⚫︎&⚫︎クより、お客様が開設されているココログについて、以下のとおり削除の申立を受けましたので、その旨ご通知いたします。
----------------------------------------------------------------------
1.申立対象のココログ記事
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2010/02/post-aca6.html
2.申立者が権利侵害と主張する情報
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2010/02/post-aca6.html
3.申立者が権利侵害と主張する根拠
該当URLに、弊社を誹謗中傷する内容が記載されています。

偏見・固定観念によるものであり、言いがかりと言うほかありません。

ペットホテルの件は過去の事件で既に解決している為、掲載を取り下げて欲しい点と、弊社の店舗運営に著しく妨害、損失を与えるものであるという点を考慮頂いて、削除をお願いしたく存じます。
----------------------------------------------------------------------

上記の申立対象のココログ記事について有限会社⚫︎ー&⚫︎クから削除の申立やお問い合わせ等がございました場合には、@nifty会員規約第15条に定める自己責任の原則の下、お客様ご自身で真摯にご対応くださいますようお願い申し上げます。

************************


なるほど。これがアメブロなら突然削除されるんですね。ニフティでよかったです。

で、さっそく記事を確認。誹謗中傷に該当するかもしれない箇所については真摯に対応するべく、私見をすみやかに削除しました。

しかしだ。笑

ペットホテルの件とはなんのことやら???

ワタシはこのペットショップの社長脱税のニュースを転載し、信用できない会社だという意図の感想(悪口とも言うかもしれない)を書いたのみで、ペットホテルのホの字も書いてはいない。

事情がよくわからないのでググってみたら、”ペットホテル”の事故に関する書き込みがたくさん。同様に申立を受けたのか、削除された記事やブログも少なくなかったけど、キャッシュや魚拓も残ってました。

まさか内容の確認もせず、コピぺで手当たりしだい削除申立てでしょうか?

とにかくペットホテルの件とやらに関しては、全くのぬれぎぬ。
これこそ、言いがかりと言うほかありません。

・・・なんて、冗談はともかく。

販売などサービス業の場合、犯罪や事故はもちろん間違ったことをすれば、人からあれこれ言われ続けるのは避けて通れないのが今の時代。調べればたいていのことはわかります。

相手の口をふさごうとするより、信頼を取り戻すための組織の見直しや努力の積み重ねが重要かと思いますけどね、世間の評価を気にするならなおのこと。

|

2016年5月21日 (土)

pee子、再び嘔吐

せっかくの休日だというのに、早朝から吐いている音で飛び起きてしまいましたf^_^;)

見るとpee子が、部屋の隅で怪しい動き。前回同様、黄・茶色い液体に血液のツブツブの混じった吐瀉物がありました。

黄・茶色で泡混じり、そして空腹時。やっぱり胆汁が逆流しているようです。

しかし。
食欲も元気もあったので2時間後に量を減らしてふやかしたご飯をあげたところ、5分後にはドロドロの泥状便をしてしまいましたf^_^;)

下痢ならなおさら一食抜けばよかったーと、朝から後悔囧rz。しかし、これが多頭飼いの辛いところ。一匹あげて、一匹あげない、というのは拷問に等しいので、余程でなければ少量はあげてしまいます。

幸い、下痢の後も本人(犬)いたって元気。「なんか足りない。まだ食べたい」と食後の薬(肉包み♡)も早々におねだり。繰り返すといけないので、いちおう手元にあった吐き止めを飲ませましたが、今現在、問題なしです。でも夜ご飯こそ、抜かないといけませんねー。可哀想にf^_^;)


前回受診の際、レントゲンで呼吸器には問題ないことを確認しているので、やはり消化器なのでしょう。

すーさん(慢性心不全)の具合が悪くなりごはんが完食できなくなってから、我が家には「お昼ご飯」というものができ、さらにオヤツの回数が増えました。当然、pee子も僅かながらおすそ分けをもらいます。

原因は、、、たぶん食べ過ぎですね。胃の働きが亢進しているに違いない。

すーさんもかなり復調してきたし、そろそろ「お昼ご飯」制度は中止です。

pee子は、1週間前に同様に吐いた際に血液検査もしているので、今のところ様子見。

今も背後から、「オヤツはまだ?」と声が聞こえる気がしますf^_^;)

|

2016年5月20日 (金)

どうでもいい話

今日の札幌の予想最高気温、なんと28度。

急激な気温上昇は、心臓の悪い老犬には命取りf^_^;)
くれぐれも脱水に注意ですね。

さて、ワタシ事のどうでもいい話ですが。
イネ系雑草のアレルギーで毎年7月がピークだった花粉症による鼻水と目の痒みが、なぜかもう早やってきてしまいました。

まさか白樺花粉にまで反応するようになったか?と思い周囲を見渡すと、すでにイネ系雑草もニョキニョキ伸びているf^_^;) もう何が原因なんだかさっぱりわかりません。


アレルギーは免疫の過剰反応。免疫といえば小腸ということで、去年から食事を中心に体質改善をはかっています。とは言ってもマクロビとかそんなハードなことではなく、野菜、魚中心にして、発酵食品など身体に良いと言われるものを増やし、肉と白い砂糖を減らす程度ですf^_^;)

それだけでも、お腹の調子はかなり改善しましたが、花粉症に関しては、今シーズンはまだ効果が感じられません。笑体質改善は時間がかかりますね。

|

2016年5月18日 (水)

なぜ深夜になると苦しいのか

深夜になると、オスワリの姿勢で震える慢性心不全のチワワ、すーさん。

もっとも具合の悪かったときは、震えに加え、あちこち場所を変えながら寝て起きてを繰り返していたので、その頃と比較すれば最近は大分ラクになっているとは思うんです。

でも、毎晩深夜に枕元でブルブル震えられては、こちらも寝ていられず、睡眠不足の日々ですf^_^;)

人間の慢性心不全なら、寝る姿勢が肺からの血液を戻りにくくしてしまうので苦しくなり、上半身を起こす姿勢をとるのは珍しくありません。犬も人間の慢性心不全と同様に、オスワリだと肺と心臓に高低差ができてラクなのかなぁ?と思ったりもしましたが、すーさんの場合は違いますね。少なくとも日中は普通に伏せて寝てるわけで、やはり”夜中だけ”具合の悪い何かがあるはず。

受診の度に先生は「どうして夜中だけ具合が悪いんだろうー」と、他の疾患の併発を疑います。

前回血液検査をして内臓には問題がないことがわかった現在、疑わしいのは3つ。

・子宮蓄膿症
・脳神経によるもの
・認知症


子宮蓄膿症は血液検査で炎症反応は見られなかったものの、万が一発症・進行しては命取りになるため、毎回超音波で確認。

残りの二つは、今回心臓が悪化した原因となった「てんかん様発作」を考えるとけっこう濃厚かも。人間でも、てんかんをきっかけに自律神経発作が出始めてしまうケースもあるようですし。

認知症はもちろん自律神経発作も、治るのは難しいかもしれませんよね。でも原因は何にせよ、大きなストレスをかけ続けるのは可哀想だし、身体にもよくありません。

結局、フェノバールを調子の悪いときだけ試してみることになりました。抗てんかん薬で、精神安定剤、睡眠導入剤としても処方される薬です。古くからあるので、安全性は高いと言われているようです。

|

2016年5月16日 (月)

心臓の療法食

心臓の療法食、といえば、やはりロイヤルカナンかヒルズでしょうか。

でも、できれば使いたくないんですよね。大きな声では言えませんが、ワタシ個人的には信用できなくて。

病状次第では与えざるを得ないときがくるんだろうなーと思いながらも、やっぱり継続的にはあげたくなかったので、タウリン、Lカルニチンなど心臓に欠かせない栄養素を含んだドライフードと手作り食を混ぜ、サプリメントを足して心臓対策をしてきました。

ただ最近のすーさん、途中で食べ疲れてしまうのもあるんですが、従来のドライフードの魅力が薄れてきたみたいで。そこで新たに購入したのが、昨日書いたフォルツァ10のリナールアクティブ。

green dogやpochiでは心臓の療法食としても紹介されていますが、基本的には腎不全用の療法食。塩分がしっかり抑えられているのはいいのですが、当然、蛋白質を始めさまざまな栄養素も抑えられているため、これだけを与えるのは心臓ケアとしては物足りないと思うんですよね。

というわけで、すーさんの食事は現在、従来のドライフード+フォルツァ10+手作り+サプリメント となりました。

・まずは塩分を抑える
・心筋に必要なタウリン、Lカルニチン、ビタミンEを欠かさない
・水分も一緒に摂取する(鶏ササミスープは製氷皿で冷凍しておくと便利です)
・カリウムの取りすぎに気をつける(すーさん生野菜好きなものでf^_^;)

※カリウムは取らないのもダメだけど、取り過ぎも怖いです。チワワは身体が小さいのでより注意が必要です


サプリメントは、これまでは心臓を助ける成分がバランスよく入った「アミノコンプレックス ハートサポート」をあげていたんですが、最近はこれも口にしなくなってしまったので、単品のタウリンパウダーを購入。

その他には「ヒルトンハーブ ヘパフィトK9ピュリファイ」をあげています。薬が多いので、肝臓と腎臓の健康維持がとても重要です。

|

2016年5月15日 (日)

療法食

警戒心の強い犬ほど、具合が悪いときには好きなものや食べ慣れたものしか食べなくなりますよね。

すーさんは多分、元の飼い主がドライフード派だったと思われ、具合が悪くなってからふやかしたフードはすっかり食べなくなりました。

さらに最近では、ドライフードでさえ朝は完食できず。でも薬を包んだササミ肉は食べきります。笑 午後からは次第に食欲も戻るし、まだまだ大丈夫です。

ただ、こうして食欲は低下し、睡眠の質も下がっているところに、心臓はなんとか全身に血液を送り出そうと必死に筋肉を動かしエネルギーを消費するため、必然的に少し痩せてきました。

最近では、ちょっとくらい太り気味のほうが健康だというデータもあるほどですからね。具合が悪くなったときこそ体力勝負と考えると、太りすぎはダメですけど、身体には多少の蓄えがあるほうが有利です。

朝の食いつきを良くするために、新たにフードを購入してみました。

フォルツァ10
リナールアクティブ
腎臓ケア療法食

Image

腎臓の療法食ですが、心臓にも負担をかけないということで試しに購入。

すーさん、ウマイ♡と言っています。
粒も小さいし、チワワにはちょうどいいです。

|

2016年5月14日 (土)

peeさん、原因不明だけど一安心?

昨夜のpeeさんの吐瀉物に混じったつぶつぶの出血が気になり、さっそく動物病院を受診してきました。

レントゲンの結果、肺は怪しい影もなく全く問題なし。

気道は、思っていた通り石灰化がかなり進みところどころ狭くなっていましたが、幸い気管虚脱にまでには至っていませんでした。

聴診では、呼吸音も、心音も問題なし。

というわけで、、、

結局原因は不明ですが、胃が原因で吐瀉物に点状出血が混じるというのはときどきあるらしく、今回のpee子の場合もやはり胃からの出血=吐血 ではないか、という見方です。

つい、鮮血=喀血=呼吸器 と考えてしまいますが、上部消化管から出血したばかりの血液が出ればそれは暗紅色とは限らないですよね。


ひとまずは様子を見ますが、継続して咳が出ていることに違いはなく、気管支の石灰化が進んでいることからも炎症はおさえたほうがいい、ということで、pee子もネオフィリン(気管支拡張)とステロイドを1週間お試し。

これで咳が治るかどうか、繰り返し吐血がないか見ていきます。

念のため、フィラリアの検査と合わせてCBCと生化学検査をお願いしてきました。(この季節は外のラボはキャンペーン中で、ちょっとお安いのです)


原因がわからないので心配には違いありませんが、でも肺じゃなくてよかった。正直なところ、かなり焦りましたーf^_^;)

|

2016年5月13日 (金)

peeさん、喀血

帰宅して、先ずは2匹に小粒のドライフードをあげて、犬のトイレ掃除。

ご飯の支度をし始めた頃、pee子が立て続けに二度嘔吐。中身は消化しかかった茶色のフードらしき液体と泡と、なぜか真っ赤なつぶつぶがたくさん。なんだろう?とつぶしてみると、どうやら血っぽい。

喀血、それもつぶつぶ。

pee子は元々咳が多いんですが、心臓は全く問題ないと言われています。よかったね、なんて言っていたけど、、、今はたまらなく嫌な予感しかしない。

吐く前は元気だったし、食欲もあるし、呼吸も苦しくなさそうなので気胸とは思えないし、突然の気管支のトラブルとも思えない。何より、つぶつぶの少しねとっとした出血。

でも、肺だとしたら、痰とは思えない量の茶色い液体と混ざって出てくるんだろうか?


考えてもさっぱりわかりません。
嫌な予感が当たりませんように。
明日は2匹で病院です。


|

2016年5月11日 (水)

すーさん、血液検査

午前中は調子が悪く、午後から少しよくなるけど、夜中は苦しそうにウロウロする日もあったりと容体の安定しないすーさん。

食欲があるのが幸いですが、食べている最中に疲れ、完食できないこともたびたび。

昨夜はかなり具合が悪そうにしていたので、肺の状態を確認しようと思い、再び動物病院へ行きました。


レントゲンの結果、肺水腫は改善

心臓はかなり肥大しているので苦しいとは思うけれど、心不全の重篤な状態のコは診察台に乗せただけで舌が紫になるので、比べるとそこまでではない

夜中にウロウロしたり、ブルブル振るえているのは、ひょっとすると別の問題の可能性も?


最近やや熱っぽいこともあり、とうとう血液検査をしました。


ウチの場合、最悪のケースは子宮蓄膿症。超音波では少し気になる部分があり、炎症反応が気がかりでしたが、CRPは0。

ラシックスを使い続けるにあたって心配していたBUNも正常範囲内。その他、ほんの少し血小板、アルブミン、ALPが高値でしたがALT、ビリルビンとも問題なく肝臓は大丈夫でした。

結果だけみるとしなくてもよかった血液検査とも言えますが、やはり苦しいのは心臓のせいということがはっきりしましたし、肝臓、腎臓も白血球も正常値。ひとまず安心して薬を続けられます。


アピナック ACE阻害剤
ピモベハート 強心剤
ニトロール 血管拡張剤
スピロノラクトン 緩やかな利尿剤
ネオフィリン 気管支拡張剤
※現在は、ラシックスとプレドニンを追加

これだけ飲ませていながら肺水腫になるくらいですから、相当二尖弁の働きが悪いんですね。(ウチは三尖弁は問題ないと言われていて、心房は心室の二倍ほどに肥大しています)

これ以上足す薬もありません。とにかく肺水腫に気をつけながら、安静にして心臓を無駄に働かせず、心筋が小さくなってくれるのを待つしかありません。

3月に倒れてから、後ろ脚の筋肉はかなり落ち、段差にもつまづくようになりました。歩かせたいけど、今の状況で運動はハイリスク。調子のいい日こそ、落ち着かせなければー。

|

2016年5月 9日 (月)

コント「ペットショップ」

陣内智則さんの「ペットショップ 」というコント。

陣内さんがペットショップのオーナー役で、10年売れ残っている犬(ぬいぐるみ)と会話するという内容でしたが、、、

オーナー役の陣内さんが、10歳の犬に向かって
「10年も売れなかったら保健所行きやでー」と言うと、会場からは笑い。

個人的にはそのセリフ自体はもちろん、そこで笑う会場の反応にもすごく違和感があるんですけど。たぶん笑うほうが普通なんですね。


全然面白くない。笑

|

2016年5月 8日 (日)

肺水腫が原因?それとも

翌日も朝から咳が出ていて、食欲も落ちているので念のため再診。

再度ラシックスを注射。念のため留置は入れたまま、万が一のときは自宅で対応させてもらうために注射を一本もらってきました。

問題は、なぜ具合が悪いのかー。
肺水腫が原因なら話は単純だけど、もしレントゲンを撮って、肺水腫は改善してるにも関わらずまだ具合が悪い、となると話はやっかいになります。

肺水腫はラシックスですぐにひく場合とそうでない場合があるようですが、何れにしても心臓に問題があることには違いありません。

散歩に行くときも、すーさんはスリングの中。調子の良い日に家の中を小走りしていたことがあった程度で、5種類もの薬を飲んでいながら肺水腫を起こしてしまうのは、残念ですけどいい兆候ではないですよね。

今のところ舌の色は悪くないので次回は1週間後となり、その際レントゲンを撮ることになりました。

|

2016年5月 7日 (土)

すーさん、再び肺水腫

結論から書きますとタイトルの通り、ラシックスに逆戻りしました。コントロールに苦慮しています。


3日くらい前、すっかり元気がなくなった理由としてアピナックによる副作用を疑い、朝から薬を半錠に減量し、ステロイドをプラス。元気と食欲は戻ったものの、夜には再び鼓動が強く、ウロウロ落ち着かなくなってしまいました。

結局すぐにアピナックは1錠に戻しましたが、気道を狭窄したような甲高い嫌な咳が出始めたうえ、呼吸の度に身体が揺れ始めたので即病院へ。

通常、肺水腫の咳はゲホゲホしているらしいですが、ウチのチワワの場合は甲高いヒューヒュー音の混じったケンケンした咳。でもやはり初期の肺水腫でした。

振り返るとアピナックを半錠にする前、元気がなく鼓動が弱いときには、すでに鬱滞し始めていたのかもしれません。

病院では肺水腫に対する処置としてラシックスを注射し、内服にも追加することになりました。


問題の心臓のほうは、アピナックに変えて3日で元気がなくり始めたのは薬のせいではなかったとしても、変えても悪化が防げなかったということ。やはりACE阻害薬ですから即効性は期待せず、継続してみるしかないんですね。

とはいえ、苦しそうなイビキだけはすぐに改善したことから、ACE阻害薬はアピナックを継続。さらにピモベハートを倍量し、変化をみることになりました。

※余談ですが、価格は高いほうからピモペンダン、ベトメディン、ピモベハートの順だそうです。(ベトメディンが安いと誤解してました)


酸素テント、フル稼働。なんとか壊れないで頑張ってf^_^;)


病院嫌いの場合、受診するタイミングの見極めは本当に難しいですね。すーさんは大げさではなく、診察台で発作を起こすんじゃないかと思うほどガッタガタに震えてしまうので、できるだけ連れて行きたくないんですが今はそうもいきませんー囧rz

なんとか乗り越えられますように。

|

2016年5月 6日 (金)

酪農学園大学公開講座

「人と動物の素敵な関係講座Ⅰ・Ⅱ〜現代社会を動物と共に〜」

日時: 6月5日(日) 12日 (日) 9:00〜12:10
場所: 酪農学園大学エクステンションセンター
受講料: 1,000円
詳細は→酪農学園大学 エクステンションセンター

****************
5日 人と動物の素敵な関係講座Ⅰ

講義1 9:00〜10:30
「犬猫の腫瘍の診断と治療」
講師 廉澤剛教授

講義2 10:40〜12:10
「動物の麻酔のお話”体重40gから1トンまで”」
講師 山下和人教授

****************
12日 人と動物の素敵な関係講座Ⅱ

講義1 9:00〜10:30
普段と何かちがいませんか?歩き方について
歩き方における目の付けどころについて
講師 上野博史教授

講義2 10:40〜12:10
「動物のストレスについて考える」
動物のストレスとその緩和法
講師 佐野忠士准教授

***************
ハガキまたはFAXで申し込み
5月13日必着だそうです。


ものすごく行きたいんですけど、すーさんが良くなったり悪くなったりして安定していないので、今回は見送りです。

|

2016年5月 5日 (木)

西区のペットショップ火災で

GWに突入前の4月28日、こんな痛ましい事故があったのをご存知ですか?

どうしんweb

気になることがあるので、記録用に記事転載

************************
ペット店で火災 、犬40匹死ぬ 札幌・西区

 28日午前7時半ごろ、札幌市西区発寒14の5、ペットショップ「ビバリー」から出火、木造2階建て延べ約100平方メートルのうち内部約50平方メートルを焼いた。けが人はいなかったが、犬約40匹が死んだ。

 札幌西署などによると、出火当時、店は営業前で従業員はいなかった。店内には約50匹の犬がいて、約10匹が助け出された。販売用のほか、同店が有料で預かっていた犬もいるという。同署が出火原因を調べている。現場はJR発寒駅から約1・5キロの住宅や商業施設が立ち並ぶ一角。


************************


このビバリー、本店のほか現在ペットワン博開催中のペットランド ファクトリー店にもテナントとして入っているようです。

”販売用のほか、有料で預かっていた犬もいる”とのことですから、一足早く休暇を取って、旅行に行くために犬を預けていた人もいたのでしょう。本当に気の毒です。


火災から1週間。その後どうなったのだろう?と改めて全く更新されていないHPやブログを見ていると、一つ?な記載をみつけました。

ペットショップ ビバリー のトリミング・ホテルのページ


Image_5


”夜間は店長の住居スペースに”と書かれています。


実際に預ける人がどういう説明を受けていたのかわかりませんけど、これは疑問が残ります。ワタシはペットホテルを利用したことはありませんが、もし預けるとしたら、夜間に人がいるかどうかはとても重要な判断基準です。

|

2016年5月 4日 (水)

犬の関連痛

dog actually
なぜ、うちの子前脚をペロペロ舐める?

↑犬の前脚を舐める行為の原因が、頸の痛みによる関連痛の可能性もあるという記事。


なるほどー。健康情報番組などでも最近よく話題になっている関連痛ですが、もちろん犬にだってありえますよね。

ならば、舐めるのが左前脚に偏っていたりしたら、心臓病の可能性もありますよね。人間の場合には、左肩や頸が痛くて仕方ない、おかしいと思ったら実は心臓からの関連痛だったということがありますから。


すーさんも、お空にいったbeeさんも、我が家の心臓病の犬の共通してるのが肩から前脚にかけての張り。(浮腫みではなく、ムキムキで張っています)

前脚の内側(人間でいう手のひら側の小指側)は、東洋医学では心臓につながる流れがあるとされていて、高血圧の人の血圧を下げる効果もあると言われています。

すーさん、リラックスして横になっているときにその辺りをさすると気持ち良さそうに寝てくれます。でも警戒心の強さから、カメラを向けると即座に起きてしまうため、その様子は一切撮れません。笑

|

2016年5月 3日 (火)

お薬調整中

GWは早くも後半へ突入。3月からのチワワのすーさんの心不全悪化で旅行なんてとっくに諦めてはいたけれど、本当に近所の公園と動物病院、まさかのマメなブログ更新で終わってしまいそうf^_^;)


でもGW中で本当に良かった。この状態で仕事だったら、今回の変化にも気づけなかったかもしれません。というのも、あくまで飼い主の主観でしかないんですけど、、、

数日前のすーさんの具合の悪さは、他のACE阻害薬にはないアピナックの交感神経抑制作用が効きすぎたことによる低血圧では?と疑ってたりします。(拍動が弱く、舌はもちろん顔全体が白っぽく血の気が失せた様子から。ただ脈がさほど速くなかったことが低血圧とは合わないですが)

それでステロイド投与と同時に再びエースコールに差し替え。翌日にはすっかり元気で食欲も取り戻したものの、ステロイドは血中から消失したにもかかわらず、あまりよく眠れない様子。背中に耳を傾けただけでもはっきり聞こえるほど心音は大きく、脈拍140/分 超。エースワーカー一錠ではもうコントロールできてない印象です。


今朝電話でそのことを相談すると、先生の見解は「ACE阻害薬でそんなに違いが出るとは考えにくいし、調子が良くなったのはステロイドの影響と考えるのが一般的。とはいえ飼い主の感覚も無視できない」

ということで、提示してくれた選択肢は
エースワーカーを1.5錠にするか
アピナックを半錠にするか

後者を選択し、朝から開始。現在脈は120/分。疲れやすいけど元気もあり、食欲もいい感じです。

本当はちゃんと診てもらって、先生に評価してもらうほうがいいんですけどね。すーさん、おもらしも一度や二度ではないほどのひどい病院嫌いで白衣高血圧。先生には申し訳ないけど理解していただいているので、連れて行くのは最低限にしたいのですf^_^;)

休みが明けるまでにはなんとかコントロールできるようにしたいなぁ。
アピナック半錠が吉と出ることを願うばかりです。

|

2016年5月 2日 (月)

すーさん、復活

Image

↑背中すりすり満喫中。たぶん好みの臭いがしたのでしょう。苦笑
(飼い主が引き摺ってるわけではありませんよf^_^;)


すーさん、昨日は朝からかなり調子が悪くほとんど動こうとしなかったので、友人から拝借中の酸素室はフル稼働。動物病院に電話し、ひとまず朝晩にステロイドを飲ませ様子を見ることになりましたが、3時間過ぎても舌の色は淡い紫、拍動も心なしか力ない。夜になってもこの状態ならピモペンダンを増量しようと覚悟したんですけど、幸い夕方には舌の色が改善。元気も食欲もでてきて、今朝も舌はピンク色。ひとまず安心しました。

ただ、プレドニンは血中半減期が2.5時間と言われています。1日で体内から抜けきることを考えると今日の夜からどうなるかですねー。

体調がいいうちに少しでも芝生を歩かせてあげようと思いスリングから出すと、早速地面をゴロゴロ。。。シャンプーなんかできる状態じゃないし、正直勘弁してほしい。笑 ダニも増えてるし。もちろん5分で切り上げですf^_^;)

そうそう、この時期の散歩はマダニに要注意ですね。この間も病院に来てました、ダニ付きさん。人も犬もお気をつけください。

|

2016年5月 1日 (日)

すーさん、元気がない

慢性心不全のチワワすーさん。ACE阻害薬をアピナックに変更して1週間目の受診。(ほかニトロール、ピモベハート、ネオフィリン、スピロノラクトン)

ここ3日くらい咳は減ったものの、すっかり元気がなくなり、食欲も落ち好き嫌いが出てきてしまいました。(すーさん好き嫌いが出るのは体調不良のサイン) こういうときは、検査結果を聞くまで気が気ではないf^_^;)

昨日の検査では血流速度も収縮率もさほど変化はなし。心臓のサイズだけがわずか2㎜縮小。2㎜ってどう?と思いますけど、そこはチワワですから。笑 これは良い兆候だと思いたい。再診は2週間後となりました。

ところが。夕方少し元気にしていたものの、夜になると咳が出始め、舌もやや白くなっていたので即酸素テントへ。今朝になっても元気がなく、ますます舌も白っぽくなってしまい先生に電話しました。

今できることは
・ステロイド投与
・ピモペンダンの増量

ただ・・・個人的にはピモペンダンはちょっと怖い。いい薬なのはわかるし、すーさんは閉塞はないので問題ないとは思うけど、犬は人間以上に何が起こるかわからない。万が一のときすぐに駆け込めるならともかく病院はうちから距離がある上、今日の午後は休診。状態からみても、まずはよりリスクの低いほうからやってみることに。

ということで、
今はチアノーゼに注意しながら、ステロイドを飲ませて様子見。改善しなければ、明日再び受診となりました。

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »