« すーさん、慢性心不全による肺水腫? | トップページ | てんかん→肺水腫→ヒート »

2016年3月30日 (水)

祝 条例成立

3月29日の議会で、札幌市の「市動物愛護管理条例案」が可決されました。これで10月から新条例が正式にスタートします。

詳細は記録のため下記に転載した朝日新聞「shippo」の太田さんの記事にありますが、2013年9月施行改正動物愛護法に定められた本則「56日」が付則によって「45日」に読み替えられ、実質骨抜きにされてしまった(ペット業界の圧力だと言われています)ことが、ワタシに限らず、全国の愛護家を落胆させました。

しかし、これがまさか札幌市の条例で、しかも”飼い主の努力義務”だなんて抜け道(失礼。笑)を使って実現されるなんて、想像したこともありませんでした。


言うまでもなく、”飼い主”というのは繁殖業者も含まれるわけです。

札幌市の努力義務ではありますが、これによって繁殖業者にも56日を待ってから子犬を出荷する努力義務が設けられたことになります。

そして何より、ペット業界を啓蒙するべき立場のペットショップが、生後56日に満たない子犬を販売していれば?企業倫理を問われることは必至です。

10月に入ったら条例の努力義務が果たされているか、久々にペットショップ巡りをしなければ。笑


とにかく、これは札幌市動物管理センター職員さんによるミラクルとしかいいようがありません。なんて機転のきいた発想力と行動力。札幌市民でよかったと心の底から思いました。3月末は異動の時期。本当に残念ですが、またいつか戻ってきてくれることを心の底から願っています。
条例の可決にご尽力された皆さん、ありがとうございました。


************************************

朝日新聞 shippo
2016.3.30より転載


犬猫は生後8週間まで親元で飼育 札幌市の条例成立、全国初の努力義務規定

 生後8週間までの犬と猫は親子一緒に飼育することをすべての飼い主の努力義務とする札幌市の「市動物愛護管理条例案」が3月29日、同市議会で可決され、成立した。10月1日から施行される。

 ペットショップや繁殖業者も含む、すべての飼い主に対して「生後8週間は親子を共に飼養してから譲渡するよう努めること」とする条例の制定は、全国で初めて。

 幼すぎる子犬、子猫を産まれた環境から引き離すと適切な社会化がなされず、問題行動を起こしやすくなる。また生後40日過ぎくらいから母親からの移行抗体が減り始め、免疫力が低下するとされる。このため米、英、フランス、ドイツなど欧米先進国の多くでは、8週齢(生後56~62日)まで、子犬や子猫(国によっては子犬のみ)を生まれた環境から引き離すことなどを禁じる「8週齢規制」を法令で定めている。日本でも同様の規制が必要だと、獣医師や動物愛護団体、国会議員らが主張していた。

 2013年9月に施行された改正動物愛護法は、「出生後56日を経過しない」犬猫については販売などのために生まれた環境から引き離すことを禁じているが、現状は、付則によって本則の「56日」が「45日」に読み替えられている。札幌市の今回の条例は、こうした状況に風穴を開けるものとしても、期待されている。

(太田匡彦)

|

« すーさん、慢性心不全による肺水腫? | トップページ | てんかん→肺水腫→ヒート »