« ドッグバンクのこと | トップページ | ドッグバンクのこと 続き »

2016年3月 6日 (日)

前眼房の炎症

チワワのスーさん(推定11歳)、ちょっと前に、朝から右目をパチパチさせて開きにくそうにしていたので、その日の午後、さっそくかかりつけの動物病院へ。

傷がついているかどうかを検査したけど特に問題なし。一応ステロイドの目薬で様子を見ることになったんですが、夕方には症状が消えたので目薬はさすことなく様子を見ていました。

が、それから3日後くらい。気づくと黒目全体がうっすら白濁。白内障らしき白濁も元々あるんだけど、その場合、白濁は瞳だけなので今回のはちょっと妙。

再び受診すると、前眼房(簡単に言うと瞳の前の、水がたまっているところ)が炎症を起こしているのではないかとのことでした。

普通は傷がついたりして炎症が起こるんだけど、前回の検査で傷がないのは確認済みなので原因は謎。

スーさんはチワワにしてはやや粗雑なところがあり、無理矢理突進してあちこちぶつけたりしてますからねぇ。ワタシの知らないところで何かあっても不思議はありませんf^_^;)

ヒアルロン酸の目薬をさすように先生からは言われたけれど案の定、おとなしく目薬をささせてくれるはずもなく、日々格闘。
マニュアル通りに押さえてしまうと大暴れして危ないので、不意に後ろから襲って垂らしてやります。 一応ご褒美はあげるけど、なんで貰えてるかわかってないかも。笑

ブラッシングスプレー、歯磨き、服の着用。いろいろクリアしてきたけど、目薬はどうかなー。
まるで子犬みたいな11歳、リトレーニング真っ最中です。

|

« ドッグバンクのこと | トップページ | ドッグバンクのこと 続き »