« 前眼房の炎症 | トップページ | 急増する犬猫引き取り業者 »

2016年3月13日 (日)

ドッグバンクのこと 続き

週末、友だちに会ったときに報告し忘れたので、メモ兼ねて一旦ここに記載します。最近忘れっぽくて困ります。

例のオスとメスをセットで購入させ子犬を買い取るという、ドッグバンクの業者の件。
ドッグバンクのこと

東京都の担当局から今年1月に改善指導が入っており、その時点でドッグバンクの告知ページはHP本体からは削除されていたそうです。(先月騒ぎになった時点でも、ドッグバンクのページはリンクが外れていましたしね)

業者は、そもそもやる気もなかったけどHP作成業者の手違いであのページがweb上に残ってしまった、と言っているそうです。でもやる気がなければそもそも作んないでしょうし。興味がある人だけにURLを拡散することもできるので、web上にあったほうが便利ですよね。

とにかくあのページが残っていたことを担当局が把握・確認していただけたのはよかったと思いました。

で、ワタシが気になっている「里親」のほう。
なぜ29,000頭以上の実績という尋常ではない数になっているのか、東京都以外にある「犬牧場」とはどういうつながりなのか、なぜ全国各地から引き取りが可能なのか、です。

背景にあったのは秋田犬愛好家繋がり。実績数字は仲間全体のものとのことでした。
URLにある「akitainu」から、もともと秋田犬のブリーダーだということは想像がついていたけど(ちなみに現在は動物取扱業の「販売」は返上しているそうですから、販売はできません)、そうやって全国各地から引き取っていたんですね。

|

« 前眼房の炎症 | トップページ | 急増する犬猫引き取り業者 »