« 心臓の薬 | トップページ | 異物混入に関するメールのやり取り »

2015年7月25日 (土)

ヒート中

去年8月に旭川あにまあるから譲渡してもらったスースーさん、チワワ10歳。引き取ってすぐに動物病院で相談しましたが、心疾患のため避妊手術は諦めることにしました。

未避妊で子宮蓄膿症になるコは少なくないので、取ってしまいたかったんですけど、「予防のためにこの状態の心臓に麻酔はかけられない」という先生の言葉に同意して断念。なので半年に一度、ヒートがきます。

しかし、これがやっかい;^_^A

あちこち汚されるのは言うまでもなく、加えてひっきりなしにオシッコ。何より困るのが、薬でコントロールできていたはずの心臓の咳。興奮しやすいせいか、たびたび咳をするようになってしまいました。苦

さらに、普段からの甘えん坊に拍車がかかり、常に膝に乗りたがり顔を舐めたがるし、peeさんを触っているときは必ず割り込んで入ってくる始末。

本人(犬)はもちろん、ワタシもpeeさんもストレス。。。

犬を捨てるような人に何を望んでも仕方ありませんが、せめて早期に避妊しておいてほしかったorz
(ちなみに、スースーさんは言うまでもなく畜犬未登録でしたので、捨てた人があにまあるで放棄時に登録料を払ってから放棄されています。そんなアホ、、、じゃなかった、無責任な人には登録料プラス罰則がほしいですね)

とにかくこれから犬や猫を飼おうという人に、飼い主としての責任と自覚を持ってもらうためにも、札幌に動物愛護センターの建設が必要です。


明日、7月26日午前中まで延長されたそうです。

しっぽの会による、「どうぶつ愛護センター」建設のためのネット署名。


札幌市どうぶつ愛護センター建設アクション署名ページ


|

« 心臓の薬 | トップページ | 異物混入に関するメールのやり取り »