« やっぱり動物病院は妥協できない | トップページ | お散歩 »

2014年8月21日 (木)

スースーさん

bee子が虹の橋を渡って一年半が過ぎた今年の夏。

ひょんなキッカケから、我が家の一員になったのがチワワのスースーさん。
(手前でアウトしてるのはpeeさん。笑)

Image_5


スースーさんは
『旭川市動物愛護センターあにまある』からやってきました。

僧帽弁閉鎖不全、軽度の鼠径ヘルニア、気管支の軟化が心配だけど、わりには元気な10才のおばあちゃんチワワ。

職員さん曰く、飼い主が高齢で
施設にはいるんだか入院するんだかで、オスのチワワと2匹まとめて放棄されたんだとか。

元の名前、聞いたんですけど・・・
まさか捨てられるとは思えないような立派なキラキラネームでした。

高齢者による、高齢犬・猫の放棄は旭川市でもかなり多いらしい。

ご本人的には、止むを得ずなんだろうけど、
自力で生きていけない動物達にとっては
無責任な飼い主に捨てられたというだけのひどい話。

あにまあるには、スースーさんの他にも
10才を過ぎた犬がワラワラしていました。


|

« やっぱり動物病院は妥協できない | トップページ | お散歩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。