« 日本獣医師会が8週齢規制に消極的 | トップページ | 公衆衛生とかエキノコックス症とか »

2012年4月 1日 (日)

公衆衛生とかワクチンとか

暦ではもう春だっていうのに、札幌は相変わらず雪景色^^;
でも散歩に限って言えば、後処理がラクなので
積雪のほうがありがたかったりします(笑)

さて4月といえば、狂犬病の予防接種ですね。
うちはフィラリア検査と一緒に5月頃にしようかな。

日本では撲滅している狂犬病ですが、
道内の港に係留されたロシア船には
ホントに犬が乗ってますからね(テレビで見ました。苦笑)

万が一のことを考えると、犬飼いとして受けさせないわけにはいきません。



犬に限った話ではないですけど・・・

「公衆衛生において、
“問題がない”というのは決して当たり前のことではなく、
 その影にたくさんの努力があるからこそ」

公衆衛生の偉い先生がおっしゃってました。

保健所の方たちが努力を重ねてくれていることはもちろんですが、
私達一人ひとりがルールを守ってこそ、ということを
忘れてはいけませんね。



話はワクチンに戻りますが
飼い主が、狂犬病予防と混合ワクチンを同じと勘違いしたことによる
悲しいケースに遭遇したことがあります。
犬を初めて飼う人や、飼い主がお年寄りの場合は注意が必要ですね。

地域によって、気にしておかなければならない感染症は異なります。
(例えばレプトスピラは北海道の犬にはほぼ見られませんが
 南の地方ではまだまだ多かったりするとか)
情報を集めて、適切な予防を心がけたいものです。

.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 日本獣医師会が8週齢規制に消極的 | トップページ | 公衆衛生とかエキノコックス症とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本獣医師会が8週齢規制に消極的 | トップページ | 公衆衛生とかエキノコックス症とか »