« 公衆衛生とかワクチンとか | トップページ | 札幌動物管理センターのこと »

2012年4月 2日 (月)

公衆衛生とかエキノコックス症とか

昨日の公衆衛生の続きですけど・・・

公衆衛生の一つとして個人的に興味があるのが、
エキノコックス症の駆虫剤入りバイトの散布。

エキノコックス症は道外の方には馴染みが薄いんでしょうね。
そーいえば大昔、「北の国から」以外で
田中邦衛さん演じる主人公が
エキノコックス症で死のふちを彷徨うみたいなドラマありませんでした?
妄想かな?^^;
あとは『ブラックジャック』とか。


主にキツネを宿主とするズーノーシスですが、犬も宿主になります。

札幌では住宅街をキツネが歩いていることがあります。
街に住んでいるからといって感染のリスクがないとは言えない、
犬飼いにとっては怖い病気です。

道東やニセコなど、一部のホームページでは
積極的にバイトの散布を行っていることを告知してますが
札幌市の情報は見つけられませんでした。
けっこう旭ヶ丘とかでは見かけたんですけどね。

おまけに、キツネの感染率を検索してみたら
道立衛生研究所のデータは「平成10年 57.5%」でストップ。
10年以上も前のデータしか出してない・・・?^^;

というわけで、
発症しないと注目されない=関わっている側の意識も薄くなる
の典型を見たような気がしたのでした。

愛犬の身は自分で守る、常にその意識を忘れてはいけません(苦笑)

.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 公衆衛生とかワクチンとか | トップページ | 札幌動物管理センターのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公衆衛生とかワクチンとか | トップページ | 札幌動物管理センターのこと »