« 8週齢の根拠-髄鞘について | トップページ | 日本獣医師会が8週齢規制に消極的 »

2012年2月14日 (火)

8週齢規制のメリット

8週齢規制が実現すれば、それ自体が犬ねこにとって
メリットとなるのはもちろんですが、
それ以上に期待できるのはこの2つ。

1最悪な繁殖業者が淘汰される

2子犬子ねこが適正価格で販売される

経費の問題で
8週まで子犬を飼育しておくことのできない繁殖屋は
山ほどあるはず。
・・・とゆーか、パピーミルはほとんどでしょうね。
感染症対策だって怪しいものだし、子犬を手元においておけばおくだけ
死亡のリスクは高くなり、商売として成り立たなくなるでしょう。

こうした業者を淘汰するために、なんとしても8週齢規制は必要です。


についてですが、
原価があがれば当然販売価格もあげざるをえません。

誤解を恐れず書きますけど・・・
犬ねこは安くなきゃ買えないって人は、買ってはいけませんよね。
エサ代、ワクチン代はもちろんですが、動物は
いつ何時どんな病気になるか、わかったもんではありません。
買ったあとは購入時以上にお金がかかります。

貧乏がダメだと言っているわけではありません(じゃあワタシも・・・^^;)
自分の食費を削ってでも
犬ねこにお金を捻出しよう!という気概がない人は
買えない(飼えない)世の中になってほしいのです。一歩ずつでも。

経済的なことを理由に保健所に犬ねこを持ち込む人は
あとを絶ちません。
離婚や引越し、失業を理由に犬ねこが命を奪われるなんてね、
ぜんぜん「仕方ない」と思えません。


同じ思いの方はぜひ、行動にうつしてください。
→ ジュルのしっぽ-猫日記- 
(国会議員への意見の提出について詳しく書かれています)




.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 8週齢の根拠-髄鞘について | トップページ | 日本獣医師会が8週齢規制に消極的 »