« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月31日 (土)

ブログおさめ-某繁殖屋を訪れたときのこと

みなさま、今年も大変お世話になりました。


ネット以外ほとんど動けなかった一年でしたが、
(ネットでもあんまり動けてないけど。苦)、
最後に、今年、某パピーミル(子犬繁殖工場)を訪れたときのことを書いておきます。

そこは、複数の有名ペットショップに犬を卸している規模の大きな繁殖屋。
以前から良くない話は聞いていましたし
「相当ひどいんだろーなぁ」なんて覚悟して訪れたのですが・・・
これが予測に反して、過去に見たパピーミルと比べると結構まし(毒)
業界も少しずつではあるけど変わってきているんだなぁと実感しました。

とはいっても、普通の綺麗なペットショップしか見たことのない方が見れば
ワタシとは違う印象を受けると思います。
エサはドッグフードではないように見えましたしね^^;


区切られた狭いスペースに犬が何匹も入れられ(全部で100匹以上)、
人を見つけるなり狂ったように吠えだし大興奮。
もちろん散歩なんかはしたことがありませんから
外に出されただけでカラダをブルブル震わせていました。

明らかに病気で具合の悪そうな犬は目に入らなかったのですが、
気になったのが、アメリカンコッカスパニエル。
複数いましたが大部分が白内障で、すでに失明している犬もいました。

ワタシが「こんな若いうちに発症するなら遺伝性ですよね?」と尋ねると、
オーナーさんは笑顔で「生まれたときは見えてたから大丈夫だよ」と。

ようするに売るときにさえ病気がなければ彼らにとってはノープロブレム。
ペットショップだって同じ解釈。
こうやって遺伝性疾患はひろまっていきます。

自分の名前、所在地を全て明らかにした上で、直接
犬を繁殖・販売するブリーダーなら、こんないい加減なことはできません。

お正月に、ペットショップに犬ねこを見に行こうと考えている方って
たぶん少なくないですよね。

でも、本当に動物が好きなら、
ペットショップで売られる可愛い子犬子ねこの親がどうなっているか、
売れ残った子たちがどうなっているか、
いまなぜ動物愛護法が改正されようとしているのかを考えてほしいのです。

来年もブログの更新ペースは落ちますが、
地道にできることをしていきます。

来年こそはいい年になるといいですね。

.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

2011年12月30日 (金)

8週齢規制に反対って、反愛護でしょ

『AERA』12.26日号読みました?

夜間の生体販売に規制がかかるという情報が流れる一方、
8週齢はどうなっているのかと思ったら案の定といった感じですね。

業界寄りの見解を持つとされる公明党。高木美智代衆院議員は、個人的見解だとしてこう主張する。「規制を導入するには科学的データが足りません。日本では小型犬中心の飼養だが、欧米は大型犬が中心。欧米のデータを持ってくることに疑問がある」
(『AERA』12.26より一部抜粋)

立場の違う、特に利益が相反するような間で物事を決める際に
必ず出てくるのが科学的データとか、根拠とかいう話ですけど・・・

生まれてまもない子犬や子ねこを親元から離し、トラックにのせ、
せまいガラスケースに閉じ込め、充分に休息のとれない状況に置くという
成長に悪影響を与える紛れもない事実に
いったいどんな科学的データが必要なんでしょう。

そもそも固体差が大きいですしね、全てを包括して、なおかつ
みなが納得できる科学的データをとることは難しいです。

でも、人間のための都合のいい法律でしかなかった「動物愛護法」が
ようやく本当の意味で動物のための法律になろうとしているのなら、
8週齢どころか12週齢でもOKだと思いませんか。

親元に長く置かれて困る子犬子ねこはいませんし、
1週か2週くらい長く親元に子犬子ねこを置いておくことで無理が生じるような
薄利多売の悪徳ブリーダーなら、いっそこの機会に一掃すべきですし。

言うまでもなく、結局は販売する業者側を守ろうとするから
“8週齢に根拠がない”なんて話になるわけですが・・・あれ?
いま議論されているのは「動物販売業者愛護法」なんて名称じゃないですよね(笑)
公明党さん、勘違いしないでくださいね。

とにかくこんなブログで文句を言っていても仕方ないので、
公明党と民主党に意見送ってみました。


とても参考になります。まだの方、ぜひご一読ください。

ジュルのしっぽ-猫日記- 8週齢規制、大ピンチ!

.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

2011年12月19日 (月)

AERA 2011年12月26日号に8週齢規制の記事

朝日新聞アエラ編集部太田さんよりご連絡いただきました^^
AERA-net.jp

一斉配信メールですので、一人でも多くの方に知っていただくため
またしても勝手に一部転載させていただきますが・・・

* * * * * * * * * * * *

いよいよ動物愛護法の改正論議も大きな山場にさしかかりつつあります。
というわけで来週月曜日発売する号(音楽プロデューサーの小林武史さんが表紙)で、主に8週齢規制を巡る動きについてまとめております。
今回の法改正において、8週齢規制はまさに「本丸」といえます。
誰が何を主張しているのか、どうまとまっていきそうなのか、わかりやすく書いたつもりです。

* * * * * * * * * * * *

深夜販売やインターネット販売での規制は
これまでもさまざまなメディアで取り上げられていますけど、
肝心の8週齢規制はどうなってしまうんでしょうね。

札幌では2日遅れで水曜あたりの発売になると思います。
ご近所の書店でご確認のうえお買い求めくださいませ。

さて、話は変わりますが。
3ヵ月もブログを放置し、せっかくいただいたコメントも表示が遅れ
大変もうしわけありません。

環境などもろもろ個人的事情によるものですが、
その他、愛護関連の有益な情報が得られるサイトが増えたことで
自分が書くことの必要性を感じなくなったというのも理由の一つです。

あの「ほぼ日」ですらパブコメの推進をするんですから
↓ ↓ ↓
犬と猫と人間のはなし

愛護に追い風がふいているのを感じます^^

今後は更新頻度に重きはおかず、
お知らせしたいことがあるときのみ気分で(笑)更新します。

スマホでも買えたらいいんですけどね、そんな余裕はありません^^;

.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »