« AERA 2011年12月26日号に8週齢規制の記事 | トップページ | ブログおさめ-某繁殖屋を訪れたときのこと »

2011年12月30日 (金)

8週齢規制に反対って、反愛護でしょ

『AERA』12.26日号読みました?

夜間の生体販売に規制がかかるという情報が流れる一方、
8週齢はどうなっているのかと思ったら案の定といった感じですね。

業界寄りの見解を持つとされる公明党。高木美智代衆院議員は、個人的見解だとしてこう主張する。「規制を導入するには科学的データが足りません。日本では小型犬中心の飼養だが、欧米は大型犬が中心。欧米のデータを持ってくることに疑問がある」
(『AERA』12.26より一部抜粋)

立場の違う、特に利益が相反するような間で物事を決める際に
必ず出てくるのが科学的データとか、根拠とかいう話ですけど・・・

生まれてまもない子犬や子ねこを親元から離し、トラックにのせ、
せまいガラスケースに閉じ込め、充分に休息のとれない状況に置くという
成長に悪影響を与える紛れもない事実に
いったいどんな科学的データが必要なんでしょう。

そもそも固体差が大きいですしね、全てを包括して、なおかつ
みなが納得できる科学的データをとることは難しいです。

でも、人間のための都合のいい法律でしかなかった「動物愛護法」が
ようやく本当の意味で動物のための法律になろうとしているのなら、
8週齢どころか12週齢でもOKだと思いませんか。

親元に長く置かれて困る子犬子ねこはいませんし、
1週か2週くらい長く親元に子犬子ねこを置いておくことで無理が生じるような
薄利多売の悪徳ブリーダーなら、いっそこの機会に一掃すべきですし。

言うまでもなく、結局は販売する業者側を守ろうとするから
“8週齢に根拠がない”なんて話になるわけですが・・・あれ?
いま議論されているのは「動物販売業者愛護法」なんて名称じゃないですよね(笑)
公明党さん、勘違いしないでくださいね。

とにかくこんなブログで文句を言っていても仕方ないので、
公明党と民主党に意見送ってみました。


とても参考になります。まだの方、ぜひご一読ください。

ジュルのしっぽ-猫日記- 8週齢規制、大ピンチ!

.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« AERA 2011年12月26日号に8週齢規制の記事 | トップページ | ブログおさめ-某繁殖屋を訪れたときのこと »