« 寝ながらしっぽ | トップページ | 20歳を越えた犬 »

2011年7月 9日 (土)

犬の孤独によるストレス

犬飼いにとってはとても気になる・・・というか、
わかっていたことだけに胸が痛む記事をみつけました。


(以下、記録のため転載)


普段から一匹で留守番をしている犬も実は孤独に強いストレスを感じている

by protographer23

飼い主が仕事に行っている間、一匹だけで留守番をしている犬は多いと思われますが、飼い主がいない間、犬たちが強いストレスを感じていることが明らかにされました。

In the doghouse: Owners leave 1.5 million pooches to fend for themselves at home | Mail Online (http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2010801/In-doghouse-Owners-leave-1-5-million-pooches-fend-home.html

こうした分離による苦痛は、犬が子供のころに味わうとトラウマ(心的外傷)として残ることが知られています。自分の犬たちは幸福だと考えている飼い主の家にカメラを設置して、20頭の犬を観察した研究によると、多くの犬がドアマットの周囲を走り回る様子や、うなり声や鳴き声をあげる様子が観察され、そのうち一匹は動物心理学者に相談すべき心の傷を受けていることが分かったそうです。

ブリストン大学で動物関係学を研究するJohn Bradshaw氏によると、彼の犬も主人が不在の間、ベッドや家具を噛んだりする行動が見られたとのこと。非常に希なケースですが、一部の犬の中には、こうした心的な苦痛から、自傷行為に及ぶ者もあり、さらに、こうした代償行為の結果、主人が家に戻ってきた時に行為の跡を発見し、犬を叩くことがさらにダメージを深刻なものにしていると考えられるそうです。

Bradshaw氏は「彼らは時間をさかのぼってものを考えることが得意ではありません。一時間前にしたいたずらが、今、飼い主に叩かれる原因となっているということに気づくのが難しいのです」とその原因を語りながらも、それでも犬はチンパンジーを含む他のどんな動物よりも人間を理解させることができる動物だとしています。

Bradshaw氏によると、犬は悲しむ力を持っており、彼らのことが好きで、一番気にしてくれる人を家族の中から識別することもできるとのこと。だからこそ、家の中に長い間取り残された犬には適切なケアが必要で、家に戻ったときには留守番をしていた犬を褒めてあげることが大切となるそうです。

(2011年7月5日配信 Gigazine

うちは現在多頭飼いですけど、それでも犬は
やっぱり飼い主と一緒にいたいんですよね。

留守番のない生活を犬にさせられる飼い主は
いったいどのくらいいるのでしょう。

帰宅したら、せめて
たくさん褒めてあげなくちゃいけませんね。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 寝ながらしっぽ | トップページ | 20歳を越えた犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寝ながらしっぽ | トップページ | 20歳を越えた犬 »