« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月22日 (日)

シンポジウムの個人的感想・・・

先週木曜日、北海道獣医師会によるシンポジウムに行ってきました。

*******************************************************
「東日本大震災動物救護シンポジウム
 これまでわかった動物たちの様子、残る課題はこれだ!」

●「放射線物質汚染の現状と動物たちに与える影響
  シンポジスト:夏堀 雅宏獣医師 JARMeCに本動物高度医療センター院長、
                       放射線科長

●「動物救護活動の現状、今後の課題」
  シンポジスト:島村 麻子獣医師 アニコムホールディングス㈱獣医師

*******************************************************

正直に書くと、ワタシ個人的には
どちらも勉強になったような、そうでもないような・・・^^;

行く前から、
このシンポジウム、主に誰を対象にしたものなんだろう?
と思っていたんですけど・・・話を聞いてみても
疑問は解消されませんでした(苦笑)

基本的には、獣医師対象なんだろうなぁと思っていたんですが、
講演後の質疑応答で真っ先に手をあげたのは
“聞いていてイライラした”と繰り返した獣医師。。。

講演の内容が小動物のことばかりでイライラした、
北海道獣医師会なのに、
産業動物についての情報をとりあげないのはおかしい~といった
根本的なことについて怒っていらっしゃいました。
(どこの業界にもこういう方はいますよね。苦笑)

そもそも、アニコムは小動物専門ですしね。
シンポジウムを動物全体について考えるものとするなら
人選から違いますよね。
(一方、夏堀先生のお話は放射線物質汚染についての基本的な内容で、
小動物に限ったことでもありませんでしたが)

と、ワタシの興味関心は
講演の内容とはすっかり違うところにいってしまいましたが、
放射線のことなどはきちんと知る必要がありますものね。
いただいた資料も丁寧なもので、勉強になりました。

でも今回、何より貴重だったのは、
あの新庄動物病院・今本先生が
福島の警戒区域ギリギリの場所で撮影したという、豚舎と牛舎の様子。

あれだけ無数の豚が折り重なって死んでいるところ、
初めてみました。

わずかに生き残っている豚・牛たちも相当弱っていました。

住民たちが強制退去させられたことで、給餌ができなくなり、
餓死した動物たち。

人間優先とはいえ、あれを見て
仕方ないといえる人がどれだけいるのでしょう。

見たくはなかったけれど、見られてよかったです。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (4)

2011年5月16日 (月)

東日本大震災動物救護シンポジウム

今週19日、北海道獣医師会による
東日本大震災動物救護シンポジウムが開催されます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「東日本大震災動物救護シンポジウム
 これまでわかった動物たちの様子、残る課題はこれだ!」


 日時:2011年5月19日(木)
    18:30~21:00(開場 18:00) 

 会場:札幌市男女共同参画センター 3F エルプラザホール

 ※入場料無料

●「放射線物質汚染の現状と動物たちに与える影響
  シンポジスト:夏堀 雅宏獣医師 JARMeCに本動物高度医療センター院長、
                       放射線科長

●「動物救護活動の現状、今後の課題」
  シンポジスト:島村 麻子獣医師 アニコムホールディングス㈱獣医師



詳細はコチラ→社団法人北海道獣医師会

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

シンポジウムの内容はUstreamで中継配信されるそうです。
「番組あてにtwitterによるコメントもお寄せください」とのことですので
当日会場に足を運べないかたはオンラインでぜひ^^


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

狂犬病ワクチン

狂犬病予防接種、行きましたか?

ウチはまだ^^;
去年も遅めだったので、今年も遅めを狙ってます。
でもギリギリになると動物病院は混雑しますしね。
やっぱりそろそろ行こうかな。

pee・beeともに、これまでワクチンで異常がおきたことはないですけど、
やっぱり午前中早めに接種させたいですよね。
(何かあったら病院に行けるように)
念には念を、です。


狂犬病ワクチンは、100年以上前に
ルイ・パスツールというフランスのとても有名な生化学者によって
発明されました。

みなさんご存知の通り、狂犬病は非常に致死率の高い
人畜共通感染症。
世界で毎年50,000人以上が死亡しているそうですが
中心は言うまでもなくアジア、南米、アフリカ。

こういう話を聞いたことがあります。

「熱帯病は、
 99%の問題が発生しているところに、1%しか予算が使われていない」

ようするに、
ほとんど問題がないところでしかお金が使われていない、ということ。

狂犬病の予防接種がいい例、というわけですね。

清浄国が自国を守るためのワクチンはもちろん大事ですが
世界の距離がこれだけ縮まった現代、
頻繁に発生している地域の問題の解決に向けて
動くことこそが必要な気がして仕方ない今日この頃です。



*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2011年5月 8日 (日)

久々です^^;

またしても久々の更新^^;

久々と言えば・・・、犬たちのシャンプーも1ヵ月ぶりに^^;

pee子のほうは全体的に乾燥気味、
bee子のほうは耳のあたりが少しベタつくほうなので
使うシャンプー・コンディショナーもそれぞれ違います。

耳掃除からドライヤー完了まで2匹で3時間半。
その後の片付けに30分はかかるので
終わったあとはずっしり肩腰にきます^^;

犬以上に飼い主がヘロヘロです。

bee子をシャンプーすると、毎回
初めてのシャンプーのときのことを思い出します。

譲渡犬の場合、
初めての場面でどんな反応をするかわからないので
いろいろ注意していたんですが、
bee子はとても大人しくシャンプーさせてくれました。
(正直、pee子より洗いやすい。笑)

その後の、人間への接し方をみてもそう思いましたけど
シャンプー中の様子などからも
元々は可愛がられていたことが容易に想像がつきました。

ちなみに元・繁殖犬の場合はそう簡単にはいきません。
そりゃそーです、シャンプーなんてほとんどされていないんですから。
じょじょに慣らしていくしかないですよね^^

でも苦労してでもはじめてのことを一つ一つ
一緒にクリアしていくのが、成犬を引き取ることの悦びです^^
子犬から育てるよりよほど、ワタシには楽しい^^

可哀相だから、と譲渡犬を引き取ることも理解はできるのですが
それよりは、普通に、犬を飼う選択肢の一つとして
譲渡犬を考えるような社会になってほしいと思うんです。

何より、自分の利益しか考えず
犠牲を承知の上で犬を増やし続けるペットショップには
疑問をもってほしいし。

犬が処分されて続けているのは、
犬が嫌いな人のせいではなく、犬好きな人にこそ原因があると
早く多くの人に気づいてほしいなー。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »