« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月21日 (木)

ライソゾーム病(サンドホフ、テイサックス)の治療

ここのところ、ワタシの頭はインプットに必死なあまり
アウトプットのほうがおろそかになっております^^;
(メール返信できていない方、本当に申し訳ありません。落ち着いたら必ず返信します)

でも、そのインプットのおかげで
ちょっとだけ見えてきたものもあります。

これまでも何度かブログに書いたライソゾーム病について
今さらですけど、こんな記事をみつけました。


酵素で神経難病改善 世界初、徳大などマウス試験成功   2010/12/9 14:42

特殊な酵母を利用して作った糖脂質分解酵素を脳室内に投与し、神経難病マウスの運動機能を改善させることに、徳島大学の研究グループらが世界で初めて成功した。厚生労働省指定の難病「ライソゾーム病」の治療に道を開く成果で、9日付の米神経学会誌「アナルズ・オブ・ニューロロジー」電子版に掲載される。

成功したのは、同大大学院ヘルスバイオサイエンス研究部の伊藤孝司教授、辻大輔助教と産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究グループ。

伊藤教授らは、メタノールをエネルギーにして大量の酵素を作る特殊な酵母「オガタエミヌータ株」に着目。酵母にヒト遺伝子を組み込む方法で糖脂質分解酵素「ヘキソサミニダーゼA(HexA)」を作った。

これまではハムスターの卵巣細胞などを培養して酵素を生成していたが、伊藤教授らの方法で作ったHexAは、より神経細胞内に取り込まれやすい構造をしている。その上、大量に作れる利点があるという。

このHexAを歩行障害や筋力低下などの神経症状があるサンドホッフ病のマウスの脳室内に投与した結果、運動機能が改善し、歩行できるようになった。

さらに、投与していないマウスに比べて平均寿命が2週間長かった。サンドホッフ病と同様の症状が出るテイサックス病のマウスでも効果が見込めるという。

サンドホッフ病とテイサックス病は、約40種類あるライソゾーム病に含まれる。いずれも糖脂質を分解するHexAが足りず、糖脂質が神経細胞内に蓄積することが原因で発症することが分かっているが、臨床試験が少なく、根本的な治療薬はない。厚労省によると、ライソゾーム病の患者は全国で729人、徳島県内には5人いる。

画期的な成果
明治薬科大学の櫻庭均教授の話 新しいバイオ医薬品に結び付き、治療に応用できる可能性のある画期的な成果。酵母を使うことで、安価で大量に酵素を作れる点も評価できる。

徳島新聞WEBより転載)



厚生労働省のサイトなどで紹介されていますが、
これまでもファブリー病やゴーシェ病など、一部のライソゾーム病では
酵素補充療法が行われていました。
(参考 厚生労働省難治性疾患克服事業

サンドホフやテイサックスの治療が可能になったこともすごいですが、
“安価で大量に酵素を作れる”という点が
ほかのライソゾーム病にとっても期待できそうですね。
(このタイプの薬は通常、非常に高価です。
 きわめて患者が少ないので孤児薬―orphan drug―と呼ばれます。
 人間の場合は難病指定されていれば公費で治療できますが)

価格的に、犬ねこに適用できるレベルになることも
期待しています。

言うまでもなく、犬ねこの場合は治療以前に
ブリーダーがきちんと血統を見極めて繁殖を管理することが
大前提ですけどね。


毎回毎回しつこいですが・・・

病気の犬を減らすためには、
生体展示販売をなくすことと、ブリーダーのレベルアップが不可欠で、
そのためには、一般の犬好きさんたちの“犬に対する常識”が
レベルアップすることが重要です^^
犬好きなら、勉強しましょう。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (10)

2011年4月19日 (火)

犬のコレステロールとセロトニン

ウチのpee子ちゃん、
子犬のときはちょくちょく尻尾をおいかけてまわっていました^^;

とはいっても1ヶ月に1~2度程度で、執拗な感じではないので
あまり気にしていなかったんですが・・・

そんなとき読んだのが
“尻尾をおいかける犬にはコレステロールの数値の高い犬が多い” というお話。

コレステロールがセロトニンに影響を及ぼしていることが
原因らしいですけど、ご他聞にもれず
うちのpee子もコレステロールは高め。
やっぱり無関係ではないのかもしれませんね^^;

(ちなみに、今でも1年に一度くらい、3秒くらい追いかけます)



あと、血液検査で、
コレステロール以外に基準からはみでるのは血小板。
でもキャバリアの血小板は小さくて
機械によっては計測できないんだそうです。


近々、狂犬病の予防接種とフィラリア検査ついでに
血液検査もしてくる予定です。
特に不調はなさそうですけど
犬も定期的なチェックは必要ですね^^

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

4376÷心拍数・・・

4376÷心拍数(1分間) = 

これで、心臓からみた“寿命”がわかる!なんて話を聞いて
久々に心拍数をとってみたら
90/分もあってびっくり^^;

計算すると、48.6歳。

あらら。このままだとあんまり長いことないですねー(笑)


・・・なんて、怖い話ではなく。

風邪をひいていると
脈が強く、早くなる=脈が浮くんだそうで、
ワタシの場合も今はその状態でした。

そもそも心臓は丈夫なので
風邪さえ治れば、計算結果は100歳くらいになるんじゃないかしら。


風邪を追い払うには
首・肩辺りの血のめぐりをよくしてあげることが大事なんですって。

そろそろ鍼治療に行きたいなー^^

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (0)

2011年4月 9日 (土)

とりとめのない話ですいません

前の記事、書き方がイマイチだったかも^^;
心配してくれた方、すみません。ワタシけっこう元気です。

体調は確かにイマイチだけどそれも珍しいことではないし、
何より微熱くらいで大事をとってしまっては
ワタシの場合、カラダが甘えモードに入ってしまいます。

たしかに休むべきときもありますけど、
今回のような震災の場合、現実的に被害を受けている人と
私達のおかれている状況は別。

実際に震災が起きている最中はテレビを見ても、雑誌を見ても
とにかく悲しくて、ひたすら落ち込んでしまったけれど、
復興に向かい始めた今となっては
できる人ができる支援で、実際に被害をうけた人を
支えることこそが必要ですね。


ワタシにとっては愛護のこともそうなんですけど、
自分の手に負えないスケールの問題にぶちあたったときこそ
大事なことを教えられ、気持ちは奮い立たされます。
自分にできることをしたい、と心の底から思います。


でも、自分が満たされていない状態で
無理に支援や我慢を続ければ
それは近い将来、不平不満となって現れます。

なにより被災地に同調しただけの自粛は意味がないし
被災された方たちだって、同情は望んでいないはず。

だから、無理をしてでもということじゃなく
一人ひとりができる範囲でやっていけたらいいなと思います。

現在、自分自身の大きな不満も、身内の病気もない今のワタシには
まだまだ何かできると思うし、そういう自分でありたいし。

なによりワタシの周りには頑張ってる人たちがたくさんいて
その人たちを見てるだけで、ワタシも頑張りたいと思えます^^


余談ですけど、以前見た占いに
「悲しみには弱いが、逆境には強さを発揮する」
とありました。
確かに・・・^^;

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (2)

2011年4月 8日 (金)

悲しみの風邪にご注意

ここのところ、ずっと更新のペースが落ちています^^;

時間がつくりにくいことと体調不良、
そして、震災。

なかなか書く気持ちになれなかった、というのも正直なところです。

実は2ヵ月以上微熱が続いています。
通院して抗生物質を飲んでもさっぱりよくならなかったんですが
ちょっと前に

「東洋医学では“悲しんでいると
 風邪と同じような症状があらわれる”と考える」

と聞いて妙に納得。

ウイルスによる風邪ではなく、悲しみの風邪ですね。

ワタシの場合も、いろいろなことが重なったことによる不安と、
震災のストレスが原因で、風邪的な症状が出ていたのかも。

どうりで抗生物質じゃ治らないはず、と漢方に切り替えてみたんですが
少しよくなってきた気がします。

でも、ワタシみたいに普通に生活できている人が
体調を崩している場合じゃないですよね。

少しでも、被災した人たちの力になれるよう
自分にできることをすることが必要で、そのためには、まず
自分自身の生活を守らなければ。

自分がふらふらじゃ、人は支えられません。
一緒に倒れてしまうのが関の山です。

個人的には、春が近づくにつれて
いろんなことが少しずついい方に向かっている気がしています。

みんなで笑えるように、できることをしていきましょう。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (3)

2011年4月 3日 (日)

ペットショップで売られている白いダックスを・・・

ブログを読んだという方(仮:Mさん)からメールをいただきました。

時間がとれず、Mさんには簡単な返信しかできませんでしたので
ブログに書かせてもらうことにしました。

以下、長くなりますので、興味ある方はどうぞ^^;


Mさんからのメールは
「ペットショップで売られているダックスを購入していいものかどうか」
という内容でした。

以下、要点のみ書き出すと・・・

1.ペットショップで売られている白いダックス(11万)が気になる
 白いダックスは犬種標準として認められていないが、法的な規制はない

2.家にはすでに、レスキューから引き取った6才のダックスがいる
 ダックスは多頭飼いによいと聞いたので、里親サイトをみたり
 安価で買えるダックスを探していた

3.病気になったときの治療費等リスクを考え迷っている

といったもの。

ワタシの結論を言えば、もちろん答えはNOです。

今回のことに限らず、
子犬を選ぶときに必要不可欠なのは(大丈夫かどうかを判断するには)
「実際にその犬を、親を、兄弟(前胎)を確認する」こと。

ペットショップで売られている犬が大丈夫かという質問については
「病気・社会化ともリスクが高い」というのがワタシの考えです。

それもMさんが検討しているのは1.「白いダックス」です。

2010年9月20日
白いダックスはいい?悪い?
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2010/09/post-62e0.html

2010年8月22日
遺伝病の因子について
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2010/08/post-345d.html

過去のブログ記事に書いている通り、
ダックスの交配は非常に大きな問題を孕んでいる、とワタシは思っています。

また意図的に「ダップル同士を交配すると、きれいなダップルが生まれる」と
頭の悪いことを言っているブリーダーもいるようですが、
そのような交配をしていれば、同胎には死産や障害をもって生まれるなど
犠牲になっている命があるはずです。
ワタシは詳しくありませんが
白はダップル以上にリスクが高いのではないでしょうか。

また、毛色に限らず、繁殖に関する“法的な規制”というのは一切ありません。
これは判断基準にはなりません。

2.の多頭飼いについては、ちょっと古いですが
下記の記事とコメント欄に書いています。

2009年3月10日
多頭飼いは幸せ?
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2009/03/post-c0f3.html

3.はもちろん程度(額)によるとは思いますが、
毛色に限らず、動物はいつどんな病気になるかわかりません。
判断が難しいところですが、もし治療費を負担しにくい状況なのであれば
動物は増やすべきではないかもしれません。

そして、何よりも・・・

Mさん宅の1匹はレスキューからの譲渡犬。
ペット業界の犠牲になった1匹の命を救ったMさんには
それまでの行動とまるで逆行してしまうかのような
ペットショップという購入方法はどうしても選んでほしくありませんでした。



先週は本当に簡単な返信しかできませんでしたが、
ご理解していただけたようで、とてもうれしかったです^^

Mさんのような方は特別ではありません。
何の疑問を抱くことなく、ペットショップから購入してしまうのは
まだまだ一般的なこと。

飼い主たちのために、犬たちのために
こうした日本の常識が一日でも早く変わることを願っています。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

| | コメント (6)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »