« 勉強させていただきました | トップページ | バレンタインデー♪ »

2011年2月11日 (金)

Q~わたしの思考探求~恋愛とは何か

Q~わたしの思考探究~

2月5日(土)NHK教育
午後11時45分~午前0時15分
Q~わたしの思考探究~「恋愛とは何か」

「恋愛は、しなくてはならないものなのか?」という疑問を抱き続けてきた光浦靖子。その問いに答えるのは、精神科医・泉谷閑示。「恋愛は、人間の心を扱ううえで重要なテーマ」だと言う。“なぜ、恋愛ができなくなったか”心の奥深くを分析し、光浦の恋愛観を変えてゆく。

オアシスの光浦さんと
話題の精神科医・泉谷先生の組み合わせということで
見てみたんですけど
昔の自分のことみたいで目からうろこでした(笑)

何がというと、光浦さんが
“自分も片思いをするのに
自分のことを好きだという人のことは気持ち悪いと感じていた”ということ。

ワタシも昔は
自分のことを好きになってくれる人のこと、
全然素直に受け入れられなかったんですよね。
こういう感覚、どのくらいの人がわかるのかしら。

泉谷先生曰く、
自分のことを嫌いな人がこうした感覚を抱くんだそうです。

“自分が嫌い”というのは
“自分の心と体を、自分の頭が見下している状態”
であって、

“自分が嫌いな自分”を好きだと言う人
 =趣味が悪い、気持ち悪い
 =その人も嫌い

ということになる。

自分を愛するのが当然の状態で生まれてきたはずの子どもが
自分自身の心と身体をキライになってしまう、
その原因は?というと…やっぱり親。
(みんながみんなじゃないでしょうけど)

子どもにとって“神”ともいえる絶対的な存在の親から
ダメ出しされ続けると、
それを疑う術を知らない子どもは
自分をダメだと認識し、ダメな自分をキライになる。
自己否定ですね。

これを解消するには、
親からうえつけられた価値観を捨てて
自分を好きになる、自分をホメてあげることが必要で
恋愛をするにもまず自分を好きになることが必要。

というお話でした。

納得。

ワタシの場合、親は完璧な存在ではないと気が付いて
固定概念から脱皮できたのは20歳をすぎてから。
おかげで歪んだ思春期を過ごしてしまいました(笑)
自分を好きになったのはここ10年くらいかなー。
まだまだ成長期ですね、精神的には(笑)

早くできた大人になりたいものです^^;

もし興味をもった方がいたらどうぞ。

再放送
2月12日(土)NHK教育
午前10時30分~11時00分 (再)
「恋愛とは何か」

※お住まいの地域の番組表を確認してください

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 勉強させていただきました | トップページ | バレンタインデー♪ »

コメント

私もそれ、ちらっと見ました。
「そういうことだったのね」と、
納得ができた一人です。

自分を受け入れられずに、他人を許すことなど
到底できないんですね。
愛されていると実感することが無く育ち、
周りにいる大人の方々にヒントを教えてもらって
やっとここまで来ました。

だから変化がない状態の恋愛って、
味気なくなるんですかね・・・
無意識に「もっと成長したい」欲求があるから。
それが、いろんな人と関わるように
なればなるほど、強くなりますね。

自己を受容できるようになって、
まだ日が浅い私でございます。

投稿: ひさこ | 2011年2月11日 (金) 09時19分

ひさちゃん、どもども。
こんな記事にまでコメントありがとう。

愛される実感・・・難しいよね、
人と比べてどーにかなるものじゃないし。

中学生くらいのとき、家庭環境が複雑な子ほど
異性にのめりこみやすいのも必然だよね。
どんな形にせよ、子どもはみんな愛されてる実感がほしいんだから。

でもそうした渇望が何かを創り出す原動力になるのも確か。
魅力的だよね、いろんな経験をして悩んだ末に
今をしっかり生きてる人って。


>自分を受け入れられずに、他人を許すことなど
到底できないんですね

そうね。自分を愛せずして、他人は愛せない(←自分に言い聞かせる)

しかし、自分を愛せなかった頃でも犬を愛せたのはナゼ?(笑)
人への愛と、動物への愛は別モノなのかなぁ。

投稿: ワタシ | 2011年2月11日 (金) 11時38分

ワタシさんのブログでこんなテーマに出逢うとは・・
意外な共通点に驚いております^^
番組は見られなかったけれど、自分の中を覗けばすぐにわかります。
私の場合、絶対的な存在である親が、ただの人間であるという、当たり前のことに気がついたのが結構遅かったんですよね~。
子供にとって親の影響力はとてつもなく大きい。
褒められることのなかった自分を、好きになるのは今でも難しいです。
もちろん恋愛の仕方もひどかった・・・
愛情の求め方もかなり歪んでます(笑)
本当の家族がほしいっていうだけの結婚願望だったから、結婚生活も
もちろん上手くいくわけもなく・・・^_^;
定期的に病院の先生に自分自身を肯定してもらわないと
気がついたら自己否定に走っていますよ。
毎年、年頭に掲げる目標は「自分を好きになる」。
何年目だ?って感じです。
でも、こんな自分を頼りに生きている、うちの犬達のためにも
何年でもこの目標を掲げようと思うのでした。。。

投稿: れん | 2011年2月11日 (金) 22時30分

れんさん、こんにちは。

コメント読んでいて、
ワタシが自分を好きになったきっかけについて
思い出してました^^

なんてことはないんだけど、
ワタシの場合は、自分にとって意味のある課題を一つ作って、
それをクリアできたときに大分気持ちが変ったんですよ。

いまは、このままだとダウンするー!と感じるときは
とにかく自分を甘やかす。
自分の好きなものに浸るとか、
人から“ありがとう”って言われるような状況を作るとか(笑)
自分が好きな人と会うとか。

あとね・・・犬のウ○チのポーズをみると
自然と笑顔になってしまいます^^

投稿: ワタシ | 2011年2月12日 (土) 21時34分

にゃるほど。。。
自分にとって意味のある課題、ですか~(. .)
私の場合なにかなー
探してみよ~(*^_^*)
私もダウンしそうなときは、出来るだけ自分の好きな
人にあったり、好きなものばっかり食べたりしてます^^
あと妄想したりとか(笑)

>犬のウ○チのポーズをみると
自然と笑顔になってしまいます^^
 これ、なんかわかりますね。
散歩中に背中丸めてる犬みると、ほっこりします(笑)

投稿: れん | 2011年2月13日 (日) 17時41分

れんさん、こんにちは。

犬のウ○チね、ポーズにくわえて
最中に目があってしまったときの
ちょっとバツの悪そうな顔が大好きなんですよ~。
最高に可愛くて、幸せな気持ちになります^^

今日も自分を甘やかすために
イチゴでも買って帰っちゃおうと企んでいるのでした(笑)

投稿: ワタシ | 2011年2月14日 (月) 12時15分

恋愛というより 心理学的な話に感じたかなぁ
親の教育によってできる 子供の性格の裏表~
人から 愛されるということ 愛されかたにもよるのかなぁ 本当に その人は 好きなのだろうかみたいな
両思いであれば 邪魔がなければ 自然と ひかれあうものではないだろうか?好きという片思い 片思いのしかた 愛され方 意思表示のしかた。バリケードの作り方。オーラのだしかた。フェロモン(笑い)~
恋愛研究会(名前検討中

投稿: 新藤恵美仮面&村石太マン | 2011年2月15日 (火) 20時40分

ウ○チポーズ思わず笑ってしまいました。
全くその通りですね、ばつの悪そうな顔してますね
今は亡き先代犬はポーズの最中に少しずつ前に移動するクセがあって、それを飼い主の私が、エチケットふんふんとか言う、虫取り網のような道具でキャッチしようとしてたの思い出して、益々おかしくなった
見てた人いたら面白かったかも(赤面)

投稿: メルママ | 2011年2月15日 (火) 23時40分

新藤恵美仮面&村石太マンさん、はじめまして。

泉谷さんは精神科の医師なので
確かに心理学に通ずるものがありましたね。

番組内の話は、
泉谷さんの著書『「普通がいい」という病』に詳しく書かれてます。
ワタシにとってはなかなか面白い一冊でした。

それにしても“恋”とか“好き”って気持ちって
一体なんなんでしょうねぇ。。。
泉谷先生は「万有引力」なんて書いてますけど。

投稿: ワタシ | 2011年2月16日 (水) 13時27分

メルママさん、おひさしぶりです。

そうそう、あの顔がたまらないのです。
ちなみにうちの2号も移動しながら派です^^;

それにしても“エチケットふんふん”とは…(大笑)
ワタシ知らなかったんですけど、検索したらでてきました。
これでキャッチしようとしている姿…想像しただけでも面白すぎです~^^

投稿: ワタシ | 2011年2月16日 (水) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勉強させていただきました | トップページ | バレンタインデー♪ »