« カナダでハスキー犬100頭虐殺 | トップページ | bebe子のこと2 »

2011年2月 4日 (金)

「愛がん動物用飼料の基準及び規格に追加する内容(案)」のパブコメ募集

先月から、環境省で
「愛がん動物用飼料の基準及び規格に追加する内容(案)」に関する
パブリックコメントの募集が始まっています。

締切は2月16日。

提出するか否か迷っている間に残り2週間をきってしまいました。
(それどころか、ブログでこの話題に触れるかどーかすら迷っていたり)

無論、基準および規格は明確に厳しく追加されるべきですが
どういった意見が的確かがよくわからないから。

対象とする物質あれで充分なのか、
上限値は的確なのか、まったく判断がつきません。。。
(どーして0にしないの?どーして人間と同じ基準にできないの?と
 思うほど知識がありませんorz)

そして何よりひっかかっているのは・・・

ワタシ的には
最低基準が決まったところで、
“信用できないものは信用できない”と思ってるあたり。

いくら最低基準がクリアされていても
アイムス(ユカヌバ)は絶対買わないですもん(笑)

 いまさらですけど・・・
 アイムスの社員が内部告発したといわれている動物実験映像
 【見る見ないの判断はご自身で】

http://www.youtube.com/watch?v=s53H7LB1tGs&feature=player_embedded

 ※画像をアップした人からのコメントには
  “アイムスはこの施設が自社ものだと認めている”など書かれていますが、
  本当にアイムスかどうかはもちろんわかりません。
  (でももし事実でないなら、とうにアイムスから名誉毀損訴えられてるでしょうから 
  やっぱり本当なんじゃない?なんてね)

 

ペットフード安全法ができた背景として、
2007年の北米を中心としたペットフードの大規模リコールがあったことは
よく知られてますよね。

当時、日本に正規流通品として入っていたのは
ニュートロ、サイエンスダイエット、ナチュラルバランス。

ここでもやはり原因は
中国から輸入された原料に混入されていたメラミンとシアヌル酸
言われていて、
wikiには、FDAへの被害報告は死亡が8500匹と書かれています。
(一説には17,000匹を超えるとも)

こうした最悪な事件を繰り返さないために
法律を整備し続けていくことは本当に重要なことです。

ただ・・・

いくら有害物質の基準が明確になっても、
個人ブログ等でいわれている
“人間用の食品衛生基準をオーバーして抗生物質等を投与された畜肉や
病死した畜肉、肉骨粉”
が使われていないという保証はないですよね?
動物実験してるかどーかはわからないですよね?

裏付けのない不確かな情報までをも
鵜呑みにするつもりはありませんけど、
ワタシの知識では調べるにも限界があり、結局のところ
個人的には
アメリカと日本の大手は信用できない
という大くくりの結論しか導き出せません。

でも、本当はそれじゃいけないですよね^^;
自分だけよければいいってことではないから。

ただどこにも決定的な証拠はないし、調べようもない。
(もし工場内部を見せてくれるなら、ツアー組んで見に行くんだけど。笑)

愛犬・愛猫に何を与えるかについては
いろんな考え方があると思います。

自分で確認できない上、確信のもてないものに対して
何が×で何が○とは言い切れません。
だから人があげてるフードにもあーだこーだいいません。
(でもホームセンターで激安売りされてるようなものは
 やめたほうがいいと思う^^;)

以上、あくまでもワタシの個人的な考えでした。

…さて、パブコメのほうはどーしましょう。

なぜ人間と同じ基準にまで引き上げないのですか?と
とんちんかんなものでも送ってみますか…(笑)


*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« カナダでハスキー犬100頭虐殺 | トップページ | bebe子のこと2 »

コメント

いや~ほんとにね
明らかに身体に悪い物質が
ゼロになってないのが驚き。

今のところ報告がないから
これでいきましょうみたいな感じで
被害が出てからどうにかしようっていうのが
どこも同じだなと。

小さいからだなんだから
少ないから食べて大丈夫なんて~ことはないと思う。

こうして毒が蓄積していって
その子が子を産み
また毒を溜め込み子を産む
どんどん状態の悪い子が増えていくんじゃないの~

投稿: eriboo | 2011年2月 5日 (土) 07時03分

eribooさん、こんにちは。

花王エコナの回収騒動のときも
ペットフードの扱いの地味なことったら
なかったよね。
ああいうところから企業の姿勢が見えます。

企業にとっては所詮犬ねこ。
損害賠償になったとしても
最悪“生体料金”の補償で済むでんだから
お安いもんです。

投稿: ワタシ | 2011年2月 6日 (日) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カナダでハスキー犬100頭虐殺 | トップページ | bebe子のこと2 »