« Think Pet Market Projectでは? | トップページ | 風邪かなと思ったので »

2011年1月27日 (木)

高齢者とペット

先日、動物病院にて。

ご老人が寝たきりになった高齢の中型犬を連れてきていました。
犬が乗せられた手作りの台車からも
とても可愛がられているのが伝わってきました。

でも、そのお父さんが
「見てるこっちのほうがゆるくないよー(大変だ)」と一言。

治る可能性があるならともかく、そうじゃない場合は辛いですよね。

特に、ご高齢の方が、
高齢で病気で動けなくなった犬の世話をするのは
本当に大変です。

以前に、別の病院で。

お年を召したご婦人が飼うたパピヨンは
手を出すと噛みつくため、抱くことはおろか触ることすらできない状態でした。

そのときも運よくキャリーに追い込むことができたので
たまたま連れてこられたんだそうです。
(家ではどんな生活してるんでしょうね…)

一般的には、
せっかく飼ったのにそんな犬じゃ飼い主が可哀想、と
思うのでしょうか?

でも、犬をちょっとでも知っている側からみれば
むしろそのパピヨンこそ人間の被害者(犬)ですよね。

飼い主に正しい対処ができていれば、そんなことにはならなかったのに。

問題行動の専門家への相談を勧めましたが
その後連絡はないようです。

あれから約1年。あのコは今も元気にしているんだろうか…


一方、保健所には
飼い主が病気のため、飼い主死亡のため、という理由で
持ち込まれる犬ねこが後を絶ちません。

飼い主が死んだんだから、飼い犬ねこも死んでも仕方ない、と
周りの方が判断したんだとしたら、そんなナンセンスな話はありませんね。
せめてもの形見として大事に育てるのが
人の情ってものだと思いますけどね。

その原因を作っている一つは
「高齢になった両親のボケ防止に」と
犬をプレゼントする行為。

世間ではいい話や安直な話ばかりが出回りますけど
ワタシが見聞きするのは
人も犬も幸せになれないケースのほうが多いです。

万が一のとき、自分で引き取ることができないなら
人に生き物をあげるというその行為は
あまりにも無責任というもの。

ちょっと考えたらわかると思うんですけどね、
みなさん大丈夫なのかなぁ。
自分の子どもに「命を大切に」と言いながら
親がいい加減なことをしていたんでは話になりません。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« Think Pet Market Projectでは? | トップページ | 風邪かなと思ったので »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Think Pet Market Projectでは? | トップページ | 風邪かなと思ったので »