« アズールさんで1周年イベント | トップページ | 意思表明 »

2010年11月 5日 (金)

ペット業界の問題がみえてくる議事録

先日のブログにちらりと書いた
中央環境審議会動物愛護部会の
動物愛護管理のあり方検討小委員会のこと。
【2010年11月2日 思っているだけじゃ変わりません、何も。


ただ…「議事録を読んでください」と言われてもね、
なかなか読む気がしませんよね^^;

約2時間もの委員会ゆえに文字量も文字量…なんですが、それ以上に
議事録ってのがまた読みにくい。(端的に話せる人って素敵。苦笑)

ということで、少しでも“読むキモチ”になっていただけるよう
個人的におススメ「第3回議事録」から
気になる箇所を抜粋して勝手にご紹介します(笑)

この日に呼ばれた業界関係者のメンバーがすごい。

これを読んだだけでも、日本のペット業界が
いかに深く複雑な問題を抱えているかがみえてきます。

ALIVE野上さんを始めとした愛護派の鋭いツッコミはもちろん
別業態の生体販売同士のつつき合い、
某団体の大事な顧客(ブリーダーやペットショップ)の擁護など
さまざまなドラマが繰り広げられている…と、ワタシには感じ取れます(笑)

以下、出席された方のお名前と所属と、
興味をもってもらえそうな一文(笑)を抜粋します。
(下線はワタシがひいています。個人的に特に興味のある箇所です)

それぞれの所属のリンクは貼りません(爆)
検索したら出てきますのでぜひどーぞ。


1.
ハルズコーポレーション株式会社 常務 岸大輔氏
※言わずと知れた、あの【ペットショップWAN】です

営業的な問題なのですけれども、弊社の深夜営業、8時以降の売上に関しまして、全店舗の売上の大体●%を担っています。主に六本木店では●%という状態になっており、現在、その深夜営業ができないということイコール弊社の営業的な局面で、正直、しんどい部分になるのはなりますし、これが僕たちのお客様に対して、わんちゃんに対してのアフターに秀でていることだと自負しております。

※ここでは具体的な数字は伏せられています。
 ただし別ソースですが「8時以降の売上は70%」とありました


2.
有限会社ジャパンペットライセンスアソシエーション 萩原正一氏

皆様、繁殖の模様を見たことがないと思いますが、犬の繁殖というのは、相当ひどいものです。ひどいというのは、みてはいられないと思います。

去年の5月と今年の5月の、犬猫の動物の登録頭数が160万頭少ないという話を聞きました。これはどういうことかというと、やはり、安売りをしている犬、いけないというわけではありませんが、所得の少ない人たちが衝動で犬を飼ってしまって、余りにもお金がかかるというのを理解して、それで保健所に持っていってしまって、大体猫が80万頭、犬が70万頭ぐらい、去年と比べて少ないと。そこで何が起きているかというと、量販店のペットのグッズ、フード、お菓子の売り上げが落ちているというような現状だと思ってください。ここで、去年から今年のダウン率が、約20%が、犬猫業界のすべての売り上げの20%がダウンしていると思います。それは、犬猫のグッズ、おもちゃ、フード、おやつ、この中で、売り上げが100としたら80がフードの売り上げです。それが20%落ちているということは、犬猫の売り上げが落ちているということです。それは、もう一度重複してしまいますが、安い犬猫を買う人たちが生活に苦しくて飼えなくなったという話を聞いております。これはすべてではないかもしれませんが…


3.
全国ペットパーク流通協議会会長 宇野直人氏
※全国14のオークション業者で作られているペットオークション

繁殖現場のインフラと書いていますが、実質上、簡単にできるものではないです。まず、できるだけパークの役員が繁殖現場に顔を出す、ブリーダーのところに顔を出す。あと、心理的な面ですね。いろいろ、今回の法規制でもあるのですけれども、基本的には、倫理性を問われていると思うのですよ。その中から、いろいろなことが出てきていると思いますので、戦後の日本の中で、こういう職につかれた方という方の倫理性というのは、やはり、我々が見ても、少し低いところにある人もおられますので、そういう方々含めて、いろいろなこと、情報を流しながらやっていっているのが事実です。

(パーク協会全体で取り扱っている犬の総数)
頭数は、おおむね年間27万頭ぐらいだと思います。

この業界が、過去から非常に悪習がございまして、買った業者は買った後は文句を言わない。そういう商習慣がありました。今、我々がしているのは、事故情報をできるだけ収集するように協力を呼びかけています。ただ、やはり、いまだに買った後、文句を言うのは嫌という業者さんが多いです。そこの考え方を大きく変えないと、今おっしゃっている遺伝病、これなんか非常に難しいと思います。現実に、何が難しいかというと、消費者のところに行けば、ブリーダーさんもそうですけれども、股関節にしたって、どれだけ症例が集まるかというと、なかなか難しいというのが現実です。

(仔犬のワクチン接種について、会場でやられても、どこでやられても、それは持ってこられるブリーダーさんに、お任せということですね)
今、ほとんどの各パークは獣医師に依頼しまして、ワクチン接種、購入を、その買い主が判断でしています。
(会場ではなさっていないということなのですね。)
いや、会場の中で。
(会場でやっても、すぐさま抗体価が上がるわけではありませんので、感染症の防止ということには、なかなかつながりませんよね。)


4.
社団法人ジャパンケネルクラブ 理事 中澤秀章氏

私も、実はある量販店のところで病院を開いております。その隣にペットショップがありまして、そちらで販売をされた子犬を、すべて健康診断からスタートして業を営んでおります。ただ、以前と比べますと、法改正が前回なされましたね、その法改正前と以後とでは、どうしてここまで違ったかというぐらいに生体が非常に健康になってきたというのが、本心です。それまでは、やはり、仕入れてきた生体のトラブルが非常に多かった。これも事実でございました。それが、法改正になってから、いわゆる社会化等の問題が出ましたね。

私は、今日は、先生のご質問にまともに答えていいのかどうかというのを非常に迷っております。これが現状です。それなりに日本で、いわゆる組織等で生活をしていらっしゃる方たちなわけですよね。そういう方たちの、今日は正直たるデータを皆さんの前で披露しております。それで、私も獣医でございますから、そういう方たちの、いわゆる立場も踏まえまして、お許しが願えれば、その意見はちょっと控えさせていただきたい。このように思っております。

そうでございますね、そのとおりだと思います。私がお答えができないという、この苦しい立場を、ぜひご理解いただきたい。普通なら、私、話をしたいところでございます。


5.
一般社団法人全国ペット協会 赤澤 暁昌氏
※ZPK。ペットランド社長がここの常務理事

※一通り説明して、そこで時間切れ?っぽいのでワタシとしては特になし



*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« アズールさんで1周年イベント | トップページ | 意思表明 »

コメント

これが現状、現実ですよ。

動物愛護・福祉に関わっている者達も、多かれ少なかれ息が掛かっている輩がほとんどと云っても良いぐらいですね。

それだけに、真に動物愛護・福祉を遂行している組織を見極める目が如何に大事かと云う事です。

* 息が掛かっていると云う事は、何事も「そこそこに!」と云う事でもありますからね。

日本で、4大動物愛護・福祉団体が在りますが、何とか動物愛が真剣に在るのは、あくまでも私の主観ではありますが、福祉協会位でしょうかね。

因みに、私は会員ではありませんけど!

投稿: 影の住人 | 2010年11月 5日 (金) 20時46分

影の住人さん、こんにちは。

本当に調べれば調べるほど、どこも…という状態ですよね。

例えば「ペットショップから支援を受ける」ことまでを
全くNGというつもりはないんですけど、
それによって意見を左右されたりしない、というのが
前提です。

見極め…難しいですね。

投稿: ワタシ | 2010年11月 8日 (月) 19時10分

はじめまして。
pinocoと申します。
はじめましてなので・・・メールをさせていただいております。
よろしくお願いいたします。

投稿: pinoco | 2010年11月 9日 (火) 02時41分

pinocoさん、はじめまして。

うれしいメールありがとうございました。
必ずご返信しますので、少しだけお時間ください。

今後ともよろしくお願いします^^

投稿: ワタシ | 2010年11月 9日 (火) 13時07分

要点が掴めました。情報有難う御座います。

2010年11月の記事で、まだここまでという事が日本の現状ですね。

これからも参考にさせて頂きます。

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: しもたく | 2011年3月 8日 (火) 21時08分

しもたくさん、はじめまして。

プロフィール拝見させていただきました。
素敵な生活をされているんですね。うらやましいです。

最近メディアでも
“深夜販売に規制がかかりそう”と報道されましたが、
もう一つの重要な問題である幼齢販売・8週齢の実現については
かなり道が険しいような気がしています。

動物を飼っている人ですら、まだまだ
動物の福祉・権利よりも人間側の都合が最優先と考えているのが日本の現状です。

本当に動物が好きなら…
考えや行動を変えてほしいですよね。


こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。


投稿: ワタシ | 2011年3月10日 (木) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アズールさんで1周年イベント | トップページ | 意思表明 »