« 遠距離通勤は楽しい | トップページ | 犬とは? »

2010年11月11日 (木)

海馬と刺激

脳の“記憶”をつかさどる部分、“海馬”は
刺激をたくさん受けている人ほど大きく、
その神経細胞の個人差は10~20%にもなるんだそーですよ。

逆に、刺激を受けない環境にいると衰えて小さくなる。

これは人間に限らず、
サルでもネズミでも同じだそーです。

…どーりで。

ペットショップで売れ残っている生後半年くらいの犬が
“いっちゃった顔”をしてるわけです…。
(ペットショップをチェックにいくたび、
 隣で友人が「いっちゃってる…」とつぶやきます。これがかなり怖い。笑)

無論、大事な成長期に狭いケージに閉じ込められていては
海馬以外にとっても良い訳はありません。

犬の髄鞘化が3ヵ月で終わることもそうですし、カラダのこともそう。

犬のことを考えれば考えるほど
生体展示販売がマイナス
なのは明らかです。

購入者の都合に合わせるためだから
生体展示販売は仕方ない
、とお考えの方がいたら
(そーいう人はこんなブログは読まないでしょうけど)
それは結果から考えると間違いだと思います。

生体展示販売が犬の成長に悪影響を与えることで
その後、問題が起きる可能性は高まります。

これが購入者のためと言えるんでしょうか?

こうした現状が、
とくに犬を飼ったことのない、知識のない購入者に悲劇を招き、
結果的に多くの犬を犠牲にしています。

(それを“犬なんだから仕方ない”と考える人は
 そもそも飼わないほうがいいですね。最期まで飼えないでしょうから)

生体展示販売(幼齢販売)は、単に
自分たちの商売を最優先に考える“ペットショップ側の売るための戦略”です。

社会化も問題になっています。
生体展示販売以外でも犬は買えるのです。
情報収集はネットで容易にできます。

大量生産の生体展示販売が
今この時代にはそぐわないことに、早く気づいてください。

“これから犬を買う”というお友達がいたら
ぜひ知らせてください。
特に“初めて飼う”という方に…。

※以下、念のため補足

犬の問題行動は正しい知識で改善していくことができます。
(問題行動のタイプや深刻度や
 飼い主の知識とスキルにもよりますし、
 場合によっては専門家への相談が必要な場合もあるし、
 一概には言えませんが)

髄鞘化は3ヵ月で終わってしまうそうですが
海馬はいったん小さくなってもまた大きくすることができますし、
脳を含めた細胞はどんどん生まれ変わっているので
何歳からでも学習し直すことはできます。

ただ、より楽しく、できるだけ問題は少なくと考えれば
適切な環境である程度成長した子犬を求めるに
こしたことはありません。
(成犬の保護とはまた別の話ですが)

【参考】
長いですけど、よかったら読んでください。(小田先生のあたり)

2010年10月23日
「考えよう、大切な小さな命について」の報告2
http://peepee.cocolog-nifty.com/peepee/2010/10/2-3bda.html

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 遠距離通勤は楽しい | トップページ | 犬とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠距離通勤は楽しい | トップページ | 犬とは? »