« 札幌市動物管理センター殺処分映像が削除に | トップページ | 愛護週間だというのに(ぼやきです) »

2010年9月23日 (木)

今日の「しっぽの気持ち」

You Tubeによる動画削除から一夜明けた今日。
(詳しくは北方ジャーナル公式ブログ
 殺処分動画を「不適切」として削除したYouTubeの“見識”

9月23日付 毎日新聞に掲載されている
作家・渡辺眞子さんの連載コラム「しっぽの気持ち」には
“北方ジャーナルによる
札幌市動物管理センターの殺処分映像公開のこと”が触れられています。


毎日新聞 しっぽの気持ち

せっかくのいいコラムが・・・
このタイミング、皮肉としか言いようがありません。orz

この記事を読んで、動画を検索したけど
みつけられなかったという人、どのくらいいるでしょう。

いえ、何より当の渡辺さんがびっくりですよね、
掲載日当日、まさかその動画が削除されているなんて。

渡辺さんのブログ(渡辺眞子 official blog)を
読んでいる方はご存知でしょうけど・・・

渡辺さんはブログ記事2010年8月6日 ペットの殺処分について4 で
札幌市のセンターの殺処分映像がキレイすぎる等の理由から
この映像は“撮影用に配慮されたものだろう”と書かれました。

でも、実際はそうではありません。
この動画はあくまでも内部の研修用として撮影されたものであり
一般公開を前提としたものではない、ということは
ワタシも聞いています。

後日、渡辺さんのそのブログ記事を読んだ
北方ジャーナルの山下さんから、渡辺さんのBBSに
取材時の状況を説明する書き込みがあり
渡辺さんは改めて
2010年8月17日 札幌センターの動画について を書かれました。

水疱瘡を発症し体調が悪いさなかにも関わらず、です。
(その後3日間、渡辺さんは更新をお休みしています。。。)

今回のコラムが
こうした経緯があった上で書かれたものだったこと、
そしてなにより全国紙で
札幌市動物管理センターや北方ジャーナルについて触れられていることが
札幌市民のワタシとしてはとてもうれしかったのですが・・・


今現在、動画をみることはできません。



社会を変えるために
一生懸命正しい情報を伝えようとしている人たちがいる一方、
考えの足りない人や、
杓子定規にしか物事を判断できない人(企業)がいるのは
とても残念なことです。

動画には、あの2匹だけじゃなく
身勝手な人間の犠牲になった命たちのことを知ってもらうという
とても大きな意義があったのに。


渡辺眞子さんのこのコラムを読むとなおさら
You Tubeの行った動画の削除が
時代と逆行していることを実感せざるをえません。

いっそのこと、これを機に、
札幌市が自身のサイトで動画を公開したらいいとも思うんですけどね。。。

*.* .*.☆
安易にネットで犬や猫を販売・購入するのは反対です
*.* .*.☆
   ☆.* よろしければ、プロフィールもご覧ください*.

|

« 札幌市動物管理センター殺処分映像が削除に | トップページ | 愛護週間だというのに(ぼやきです) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 札幌市動物管理センター殺処分映像が削除に | トップページ | 愛護週間だというのに(ぼやきです) »